まねきねこプロジェクトというプロジェクトをやっている中の人です。ネットで、ちょっと他とは違った心地よいコンテンツを技術的な立場を含め、いろいろ検証していますが・・・ここではぬるくやってます。

« ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇を占う | Main | ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4 »
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5 / 2008年07月30日(水)
あいかわらず、鬼嫁デボラ(DS版ドラクエ5より登場の新キャラ)との切ない旅は続いております。


主人公は悩んでいた。
山の町チゾットでの村人の反応に
「もうこの子ったら、キライな小魚を食べやすいようにフライにしてあげたのに。ほらほら身体にいいんだから食べなさい」
デボラ「小魚の料理か・・・ねぇ、あんたはどんな料理にされてみたい?

妻のこの言葉を受け入れそうな主人公は頭を悩ませていたのだ。
散々、小魚みたいな顔した下僕といわれ、挙句、どんな風に料理されたい?といわれ、喜ぶ男がいるだろうか?ていうか、僕は、彼女の罵りの中に僅かの喜びを感じるようになってしまったのだろうか?と。
これが、ファンタジーの世界で繰り広げられている会話であることに、次第に疑問をもたなくなってきた主人公

洞くつを進む。
デボラ「いざとなったら、ちゃんと守ってよね。普段は私があんたを守ってるんだから。」
守ってもらったっけ?
だんだん記憶がおかしくなっている気がする

これもすべて、城にたどり着いたら、僕が王子だってことが判明して、そしたら、デボラも考えを改めるだろうと、我慢に我慢を繰り返し、城に到着。まずは、サンチョに会って、それから王に面会
デボラ「ふ〜ん、あなたが王様?なんだか私のパパよりカンロクないみたい。私はデボラ、XXXXの妻なんだからとーぜん特別待遇で・・・」
やはり、スライムナイト以下の賢さの女は言うことも確実にアホっぽい

と、思ったら、デボラが王様の前で倒れる。
デボラを別室に連れて行くと、シスターが
「おめでたです」
と。
へ?することしてたっけ?
してたのか・・・知らなかった(ぉぃ)

デボラ「なに?気がついていたんじゃいかって?それは気がついてたけど、だからって旅をやめてサラボナに帰るのはつまらないし〜まぁ、バレたら仕方ないわね。ここでおとなしく元気な子を産むとするわ。私が一緒にいなくてさびしいでしょうが、我慢してよね」
いや、寂しく無いですけど・・・
つまらないって理由で、身重な体で冒険についてくるか?
やっぱりスライムナイト以下の(以下略)

さて、当分は、気楽な1人行動。ビアンカの時は、1人寂しく試練の洞くつに行ったものだけど、今回は楽しく試練の洞くつに行けそうだ。待ってろ、試練の洞くつ!
ぶっちゃけ、嫁のデボラと一緒に行動する方が試練だってばよ!!

翌日

デボラ「あら起きたわね。やっぱりお城のベッドはいいわ。さ、ボサッとしないでやることがあるならサッサと出掛けなさい。それにしても、あんたがこの国の王子だったなんてねー。顔は小魚みたいだけど、水と炎のリングはとってきたし、私の目に狂いはなかったわね。でも、たとえあんたが王子でも…
私はその妻だから、あんたが私より偉いってことはありえないから

あーそーですか。嫁よ、お前の目は狂いはなかったと思う。
が、こっちの目は思いっきり狂っていたよ。
気の迷いって、怖いなぁ・・・なんで、ビアンカを選ばなかったんだろう?????

ま、1人で、試練の洞くつに行くとするさ♪
嫁の居ぬ間に洗濯!洗濯!洗濯ッ!!
と、サクサクと試練の洞くつをクリア。
あぁ、城に戻るのが憂鬱だ!!

で、戻ってきたら、デボラが子供を産みそう、だ、とのことで、無理矢理メイドに連れてかれる主人公。

「あんたったら、そんなに慌てて・・・よっぽど私に会いたかったのね。私なら心配ないから、おとなしく下で待ってなさい」

で、下のフロアに追いやられる主人公。上へ下へ、とめまぐるしい。
下のフロアでしばらく待ってたら、赤ちゃんの泣き声。メイドに連れられて上の階にあがると
「XXXX・・・何よ、その顔は。もしかしてよくやったとでもいうの?」
…とりあえず、やっぱり「はい」を選ばないといけない気がする
⇒はい
そしたら、
「ちょっと調子にのらないでくれる?あんたが私を褒めるなんて100年早いわ。それより、ほら私たちのあかちゃんよ。そうだ子供の名前を決めなくてはいけないわね。私はこういうの面倒だからあなたに任せるわ」
デフォルトのままでいいです。考えるのが面倒です。
男⇒レックス
女⇒タバサ
「レックスとタバサ、このふたりが大きくなるまでに平和な時代がやってくるといいわね」
お?母になったら、まともになったか?!

「じゃあね、XXXX。ベッドがせまくなったから、アンタは床で寝てよね

変わらないー!母になっても変わらないー!期待した俺がバカだったー!!!

翌日
「あら起きたのね。ゆうべはほんとうによく眠れたわね。それはそうときょうはあんたの即位式でしょ?恥をかかないようにちゃんと用意しなさいよ。そうだ、せっかくだからひとつ言っておきたいことがあるのよ。私とフローラなんだけど、パパとママの実の娘じゃないのよ。フローラとはホントの姉妹なんだけどね。まだ本当に小さい頃、今の両親にひきとられたのよ。なんでもパパが昔、孤児だった私たちをみたときに運命的なものを感じたんだって。どんな運命を感じたのかは知らないけど、おかげで私はなに不自由なく育ったわ。まぁ、パパに引き取られなくても良家に引き取られてすばらしいレディになったでしょうけど」
どこの良家に引き取られても、その家のご主人は、凄く頭を悩ませるハメになったと思うがね
「あんたが王になれば私は一気に王妃になるのね。私らしいスピード出世ね。この私にふさわしい下僕もたくさんつくし、悪くはないわね。」

ビアンカのツメのアカをせんじて飲ませてぇ!

てなわけで、主人公は戴冠式。
んで、宴会。
んで、デボラが拉致られて・・・

さーて追いかけてあげますかーあー面倒くせー
(ちと長くなってたので、ここでいったん切って次のエントリーに書く事にします)

【追記】
にしても、あちこちで、嫁デボラについては賛否両論ありますねぇ。
なかのひと的には、『賛』は、あんまり無いのですけどねぇ〜
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-1191.html

ドラクエ5:デボラとの相性うらない
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 おまけ1
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 10
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 9
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 8
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 7
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 6
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 5
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 4
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 3
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 2
ドラクエ5:デボラと、結婚してからの主人公の悲劇 1

Posted at 05:55 / ドラゴンクエスト5 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/nakano-neko/archive/53
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
 Powered by yaplog!