【出張編:2ヶ月のつもりが3ヶ月掛かりましたOTL】

December 14 [Fri], 2012, 14:27
暫くブログ放置状態でした。ごめんなさいm(_ _)m

木更津の仕事は結局11月ギリギリ一杯まで掛かり30日に沖縄に帰ってまいりました。
まあそれと言うのも、予定外の仕事が台風の影響で発生し、
その仕事がほぼメインでの作業延長となりまして。。。(^^;

前回書いたブログに載せていた”予定”

・母屋(ご母堂様預かり)の雨漏り修繕
・母屋の外壁(トタン)の一部張替え
・井戸の掃除(泥撤去)
・井戸のポンプ建屋補強工事
・昨年作った倉庫扉の塗装
・敷地内樹木の枝打ち&焼却

実際にやった作業

・母屋(ご母堂様預かり)の雨漏り修繕(大修繕にランクUP)
・母屋の外壁(トタン)の一部張替え+本宅及び作業部屋の塗装(未完)
・井戸の掃除(泥撤去)(未完)
・井戸のポンプ小屋の塗装
・倉庫扉の塗装(未完)
・敷地内の枝打ち&焼却(未完)
・井戸水道管設置移動
・母屋の土台補強
番外
・栗の甘露煮作り
・ガリ作り

等。特に大変だったのが雨漏り修繕で、色々あって約1ヶ月は掛かりました。
そして、幾つか”(未完)”とあるように結局終わってねーんですよ(T▽T
何故終わらせなかったのか。

それは、寒さへの準備不足。
遅くとも11月までには沖縄に帰る予定でしたので衣類も用具も軽装夏秋仕様。
社長はともかく私なんてTシャツ&作業ズボンのみw
寝具は毛布一枚で部屋にはコタツもストーブもありませんから〜〜w

いくら冬生まれの本土育ちだとはいえ、霜が降りる季節にこれは死ねます(泣笑
よって、来年の5月過ぎに”も・う・一・度”行く事になりました(^^;

*千葉で冬装備調達すれば云々と言われそうですが、用意しても沖縄に持って帰ったって必要ないから送料込で勿体無い。ッてことでw

と、話がそれました。本題。

何をどうやったかと言う作業を記していきましょう。
時列は幾つかの作業を同時進行していましたので前後して判り辛いかとは存じますが、
ご了承の程を。

【母屋(ご母堂様預かり)の雨漏り修繕 序章編】

9月の木更津に着いた早々の事。
ご母堂から母屋の台所付近にポタポタと雨漏りするので屋根に上がって状態を見て欲しいと云われました。
問題の箇所を社長が確認。

屋根に上がった社長の説明によりますと、雨漏り箇所は屋根と屋根が重なり合った谷間の部分。

まあそれでも雨漏りしたところを塞げばいいんじゃね?
と、作業内容は至って簡単に雨漏り元に詰め物をしたんですよ。

そしたら、
雨漏り元を詰めて塞いだ事で雨水が溜まりまくったようで。。。
ついにはダムが決壊するが如く詰めた箇所が水圧で崩壊

雨漏り出欠大サービスに発展(T▽T

雨漏り決壊箇所の真下だったキッチンは、バケツ、洗面器、タライ、茶碗、ゴミ箱に至るまで総動員しての雨漏り受け大作戦。
漫画やアニメで見た雨漏り対策を地で行く感じとあいなりましたOTL...

これは屋根の瓦を剥がし根本的なところから直さないとダメ。と言う結論に。。。

この時9月の15日。この屋根の雨漏りがまさか1ヶ月以上も掛かる大工事になるとはまだ思いもしませんでした。

以下次号っす。