「谷将貴のゴルフ非常事態宣言」の秘密

「谷将貴のゴルフ非常事態宣言」の詳細はこちら

「バックスイングでは右足に体重の8割〜9割をかける。」
この常識は完全に間違っています。

こんなに右足に極端に体重を乗せてしまうと、
せっかくアドレスで作った前傾姿勢を保ったまま、トップオブスイングは作れません。

結果、ゴルファーの多くが、身体を必要以上に回してしまい、
右にスウェーするという悪い癖が身についてしまうのです。


「体のひねり(上半身の回転量)が、より遠くに飛ばすためには必要」
この常識も、間違っています。

テークバックでの右手首と右腕の角度を90度、右肘の角度も90度、
さらに、この状態で回す肩の角度も90度。

これがよりボールを飛ばすための形です。

そして、これらが重なった形が、トップオブスイングになるんです。

身体を回す量が少なすぎて、とても遠くまで飛びそうにない、とか
両手はもっと高い位置まで上げるべきでは?
などと、思ったんではないでしょうか?

しかし、この形でスイングすることで、
クラブフェイスの芯でボールをとらえることができ、
その結果、飛距離が一番伸びる形になるんです。


ゴルフ歴3年、平均スコア110の人が、たった3ラウンドで90を切れた!あの片山晋呉を4度賞金王へ導いたトッププロコーチ谷将貴のゴルフ上達法とは!?
⇒詳細はこちらをクリック