清水壮一郎さん10月イタリアの美術館で個展 

June 29 [Wed], 2016, 19:44
朝5時ですが朝3時半から目が覚めてしまい、興奮して寝られません。

伊藤忠ギャラリー時代に1999年に個展をした作家さんが10月にイタリアの美術館で個展をすることになって、美術館の7部屋を使っていいと言われていて、当時展示した代表作を買ってくださったコレクターにイタリアの美術館の個展に展示貸出の打診をしてほしいと言われ、現在会社(ギャラリースペースなくアートディーリング、コンサルタント専門になっている)に問い合わせをしたところです。当時を知っているスタッフは現在社長しか残っていなくて、展覧会ファイルが残っているかも微妙。セカンダリーで印象派・近代のディーリング、美術館営業をメインに行っている商社出身のビジネス会社なので、経費ばかりかかり大きな利益を生まない展覧会業務は縮小されたのです。

当時働いていたスタッフにも別個に連絡を取っています。展覧会ファイルがないかもしれなくて、知り合いではない人に買われた可能性の高い作品のコレクターを無事見つけ出すことが出来るのか、名前がわかっても連絡先が当時と一緒かどうか。作品をめぐるちょっとしたミステリーです。

私もこの買ってくださった人のこと、覚えていません。

かくいう私も、ギャラリーOL時代に買い集めた各若手アーティスト小品をリストも作らず10点ぐらい、当時開店したばかりの赤坂の友人の料理屋にデコレーションとして預けたまま、10数年一度も連絡を取っていません。どの作品を預けたかも今となってはうろ覚えだし、彼女がちゃんと保管してくれているかも謎です。いつかコンタクトを取らねばなりません。

価値のある作家を見つけ出して長年の成長を見続けていく欧米のプライマル・ギャラリーに憧れつつ、その実態を知りたいと思っていた時から12年が経ちました。作家の成長を見守るのは一生ものの仕事でしょうね。下手すると(?)死後の成長もある。

コレクターにコンタクトとれるかどうかの件、乞うご期待です。

----------------------------------------

PS. 無事旧伊藤忠ギャラリーから連絡あり、コレクターと連絡が取れ、まだ作品を持っていることが確認できました。良かったです。後はギャラリー(会社)に任せるしかないかなと思っています。

治ったよ。 

August 22 [Fri], 2014, 23:47
昨日の今日で話が二転三点しますが、私、昨日の晩から、寛解(かんかい)(治った)したかもしれません。何をしていいのかわからないという症状がなくなったんです!これでもう足をバタバタして地団駄を踏まなくてもよくなりました!終わってみればあっという間でした。

再発しないことを祈るばかりです。薬半分でも十分改善の効果があったので、このまま薬半分飲み続けているのもいいかもしれません。

久しぶり 

August 22 [Fri], 2014, 23:39
ここに日記をかくのはそうとう久しぶりになります。

私は去年の年末から統合失調症と思われる症状に悩まされ、(幻聴が聞こえる、近所の人が私のことを言っているように感じる等)今は薬のおかげでその症状は消えていますが、幻聴が陽性症状であるのに対し、陰性症状という、エネルギーの低下、モチベーションの欠如、無関心等の症状に悩まされています。これはすぐになおりそうになく、コミュニティの人によると5年くらいで陰性症状が治った人がいますが、個人差があるのでこればかりは何ともいえません。毎日何をしていいかわからない、時間の過ごし方がとても下手になってしまいました。誰か本当に助けて下さい。

PS3* at Valencia 

October 01 [Mon], 2012, 22:14
Efecto, Afecto.
Interventión Installatión


O+O Gallery, Valencia
September 21 through, October 13, 2012
Opening Reception, Friday, September 21/ 2012, Friday from 20:00 pm.

The Gallery O+O, (Orient+ Occident) Valencia, Spain, begins the 2012 season program with the individual exhibition of PS3*, aka Pedro Sanchez III.
multidisciplinary artist Madrid born and settled in New York for several years, he also has lived a few years in Japan, and exhibited in cities like Tokyo, New York, Madrid, Valencia (Spain) and London.

Aesthetic of Negativity, the reversal of the utopia, where the performance naked of its own attributes, to a certain extent, the impossibility to be representational in the commercial value and at the same time, searching a space not to be contained in the margins of a cultural condition, where ideologies and strategies have merged a cultural conformism of liberal opposition more likely surrendered to the cultural economic productivity which creates a marginal space for idiosincrasias out of sink".

Disobeying the norms that for very obvious reasons reflect the conservative logic of its underlying economic(economical) values. he is a committed artist and an artist who integrates his creations with the times in which we live. An artist who makes us reflect, think, something fundamental between other things that presents the art, and the power of transformation to challenge things.

'This multidisciplinary project is a complex body of work with a new experience that had never been consolidated as presentation of the work of PS3 * before, which mutates and evolves in response to its own evolution," says the artist.

Who's work moves along a wide range of media, from rather huge installations of ephemeral construction to oil paintings on canvas, through photography and moving image movies created on digital format, video. A reflective and plastic experimentation where the articulation of space becomes a volatile game. Installations created with recycled materials, including photographs, video screening projections and painting of abstract language that plays with balance and a grayish color gamut creating disturbing tension, are a good example of the richness of this new project that mixes essays, research and previous work with new proposals.

Different geometric shapes, materials, textures, brackets... open to all kinds of reflections on poverty, habitability, society, economy, environment, political... A courageous Artist in his alternative forms challenging the artistic model representation.

Óscar García García

PS3* http://www.theartps3.org

PS3* Efecto, Afecto. Intervención Instalación en Valencia 

September 30 [Sun], 2012, 10:33


Efecto, Afecto.
Intervención Instalación

Del 21 de Septiembre al 13 de Octubre de 2012
Inauguración viernes 21 de Septiembre a las 20:00 horas

La Galería O+O de Valencia comienza la temporada con la exposición individual de PS3*Pedro Sanchez III. Artista multidisciplinar nacido en Madrid y afincado en Nueva York, desde hace muchos años, vivió también unos años en Japón, y que ha expuesto su obra en ciudades como Tokio, Nueva York, Madrid, Berlín, Paris, Basel y Londres.

Estética de los espacios excluidos, el reverso de la utopía, donde su función representativa está desnuda de su propios "atributos", en cierta medida, ante la imposibilidad de representación como valor comercial y, al mismo tiempo, buscando un espacio, una experiencia donde no quedar contenido en los márgenes de una condición cultural, donde las ideologías y las estrategias se han fusionado en un conformismo cultural de oposición de izquierda. Más probablemente entregada a la productividad económica cultural, que crea un espacio marginal para idiosincrasias que se sitúan fuera de la lógica del control del poder. Desobedeciendo las normas que por razones muy obvias reflejan la lógica conservadora de sus valores económicos subyacentes. Es un artista comprometido y un artista que integra sus creaciones con los tiempos que nos toca vivir.Un artista que nos hace reflexionar, pensar ,algo fundamental entre otras cosas que presenta el arte , el poder de transformación de cambiar las cosas.

Efecto Afecto es una experiencia que va más de una exposición usual. Se trata de una intervención-instalación que además de ocupar la galería sale de puertas hacia fuera. El barrio de Benimaclet, con sus huertos urbanos, calles y plaza, será intervenido por el artista formando parte de esta muestra. De este modo, el espacio circundante a la galería y sus vecinos se unen en esta expansión artística e interventiva, forman de forma ineludible parte de ella.

"Este Proyecto multidisciplinar es un complejo cuerpo de trabajo con una nueva experiencia que nunca había sido consolidada como presentación del trabajo de PS3* antes, que muta y transforma en respuesta a su propia evolución" afirma el artista.

Las obras que componen Efecto, Afecto. Intervención Instalación presentan multitud de posibilidades, contrastes, opuestos y reflexiones. Desde instalaciones de construcción efímera a óleos sobre lienzo, pasando por fotografía y vídeo. Una experimentación plástica y reflexiva donde la articulación del espacio se convierte en un juego inestable. Las instalaciones creadas con materiales reutilizados, donde se insertan fotografía y vídeo; o la pintura de lenguaje abstracto que juega con el equilibrio y una gama cromática grisácea creando una tensión inquietante, son una buena muestra de la riqueza de este nuevo proyecto que mezcla ensayos, investigaciones y trabajos anteriores con nuevas propuestas.

Diferentes figuras geométricas, materiales, texturas, soportes… abiertos a todo tipo de reflexiones sobre la pobreza, habitabilidad, sociedad, economía, medio ambiente, política… Un artista valiente en sus formas de alternativas en el arte y en la representación artística.

Óscar García García

A Happy New Year 2012 ! 

January 02 [Mon], 2012, 10:39
PS3* Pedro Sanchez3 has been picked up as one of the TOP 10 exhibitions of 2011 by Cecilia Jurado, curator, director of Y gallery. Congrats Pedro Sanchez3, thank you Cecilia !!!

ARTISHOCK (Web magazine for Contemporary Art, Chile)

See you soon !!

あけましておめでとうございます。 

January 02 [Mon], 2012, 10:28
昨年もいろいろとお世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ペドロさんの昨年10-11月の展覧会が、キュレイター、Y Gallery (ワイ・ギャラリー)ディレクターのCecilia Jurado(セシリア・フラド)によって、2011年に観て良かった展覧会TOP10の中に挙げてもらいました。おめでとうペドロさん、有難うセシリア!

ARTISHOCK (チリのアートウェブ・マガジン)

2012年も頑張っていきます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

中井里美

PS3* Pedro Sanchez: Favela Chabola 

October 29 [Sat], 2011, 13:33

PS3* Pedro Sanchez, Favela Chabola, 2011
Found objects, materials, furniture, etc. with video projection, 8.5 x 15 x 14.8 feet

PS3* Pedro Sanchez:
Favela Chabola

Christopher Henry Gallery
127 Elizabeth Street
New York, NY 10013


October 14th - November 6th, 2011
Opening:
October 14th 6:00 PM - 9:00 PM


The Things to do are: the things that need doing, that you see need to be done, and that no one else seems to see need to be done.

- R. Buckminster Fuller Letter to Micheal (February 16, 1970)


Christopher Henry Gallery is pleased to present “Favela Chabola" by PS3*Pedro Sanchez3, a non-traditional model home for the future. Sanchez is a Spanish born, New York City based multidisciplinary artist. The Favela Chabola challenges the notion of home by converting the ideas of a traditional house into the least technologically advanced model of its time. Although the Favela does not incorporate state-of-the-art materials, it nevertheless embodies Sanchez’ solution to the need for an affordable, easily transportable, and environmentally efficient house This is a model home for the new world order of the 21st century, a reversal of Utopia and the antithesis of the predicted future in so many late 19th and early 20th century writings. It serves as a beacon of hope to shelter the masses following the fracture of a whole Economic System and Culture of the 20th and 21st Centuries.

The edifice of Global Capitalism has absorbed what was once innovative and drains it of any content, replacing experimentation and investigation with pragmatism and productivity bound by social norms. Yet one must not give up space for new ideas and culture to emerge from our deadly world of extinction -The most subversive power we possess is our imagination. A worldwide revolution against the political class hierarchies and corrupt ruling politicians has begun, as demonstrated from the Egypt uprising to the recent Occupy Wall Street protests. Following its current trajectory, future generations will live in deliberate deprivation of the minimum parameters traditionally afforded previous societies. If there will be any space left, the alienating shelter refuge space of the Favela, in the detritus of cities, may be the most you will get.

PS3*Pedro Sanchez3 "Favela Chabola" 

October 17 [Mon], 2011, 14:10
先週10月14日(金)よりペドロさんの展覧会が始まりましたのでお知らせします。


PS3*Pedro Sanchez3
"Favela Chabola"


Christopher Henry Gallery is pleased to present “Favela Chabola" by PS3*Pedro Sanchez3, a non-traditional model home for the future. Sanchez is a Spanish born, New York City based multidisciplinary artist. The Favela Chabola challenges the notion of home by converting the ideas of a traditional house into the least technologically advanced model of its time. Although the Favela does not incorporate state-of-the-art materials, it nevertheless embodies Sanchez’ solution to the need for an affordable, easily transportable, and environmentally efficient house This is a model home for the new world order of the 21st century, a reversal of Utopia and the antithesis of the predicted future in so many late 19th and early 20th century writings. It serves as a beacon of hope to shelter the masses following the fracture of a whole Economic System and Culture of the 20th and 21st Centuries.

The edifice of Global Capitalism has absorbed what was once innovative and drains it of any content, replacing experimentation and investigation with pragmatism and productivity bound by social norms. Yet one must not give up space for new ideas and culture to emerge from our deadly world of extinction -The most subversive power we possess is our imagination. A worldwide revolution against the political class hierarchies and corrupt ruling politicians has begun, as demonstrated from the Egypt uprising to the recent Occupy Wall Street protests. Following its current trajectory, future generations will live in deliberate deprivation of the minimum parameters traditionally afforded previous societies. If there will be any space left, the alienating shelter refuge space of the Favela, in the detritus of cities, may be the most you will get.

Christopher Henry Gallery
127 Elizabeth Street
New York, NY

近況, Powhida展@Marlborough Gallery 

August 12 [Fri], 2011, 5:48
1年何も書いていませんでした。近況です。今年の10月中旬に、パートナーのPS3*Pedro Sanchez3がニューヨークで個展予定です。また詳細わかり次第追って情報アップします。



(C)Photo by Ellen Yustas K. Gottlieb

近況画像も添付します。先日チェルシーのMarlboroughギャラリーで行われたPowhidaの展覧会オープニングで知人が撮影してくれたものです。この展覧会は奇妙な展覧会で、実際のアーティストPowhidaは展覧会会場におらず、後ろに写っているサングラスの男性は、アーティストが雇った役者で、Powhida役をやっている。後ろに見えるのは、展覧会会場に架かっている唯一の作品(絵画)であるが、Powhida本人は描いておらず、知人のアーティスト、トム・サンフォード(Tom Sanford)(ニューヨーク内外で人気の、ブルックリン発アーティスト)に制作を依頼したが、本人も忙しくてまたその第三者がその作品を仕上げたというもの。そしてPowhida本人は、ブルックリンで高校の美術教師をしている人だという。そのような何重もの構造。

ロンドンやマドリード等にも支店を持つ老舗画廊、マルボロ・ギャラリーが、ジャーナリスト美術関係者を引き連れて行ったこのイベント。
Art Forumは"William, It Was Really Nothing"とこき下ろし、普段掲載される美術関係者のスナップフォトもなし。Art Forumで筆頭ジャーナリストのLinda Yablonskyも会場に来ていたが、あまりの内容のなさに、おそらく記事を書くのを断ったのだと思われる。

Art in Americaでは作家が、デュシャン以降、ティノ・セガール、マリーナ・アブラモビッチ、テレンス・コー、リクリット・ティラバーニャが試みた、物質的作品のかわりに、観客とのインタラクションの経験に基づいた作品の代表的作品を作ることが自分のゴールであると述べている。

アーティストPowhida自身が展覧会のテーマであると考えさせられる。展覧会会場はオープニングに集まった人達、関係者でごった返し、作家を知らない人はその展覧会の実態を知るべく、私に『作家を知っているか?』と聞き、事情を知っている他の知人はこの展覧会のコンセプトを私に説明してくれた。作品自体は不毛な感じではあったが、アートのメイン・マーケットの仕組(有力筋、有名画廊、有名評論家、無名作家がスターダムに躍り上がる、そしてその後、)有名作家は多忙につき、作品をアシスタント等に発注しなければならない等、産業としてのアート界についても考えさせられる。私個人の意見としては、もしトム・サンフォードが作品をきちんと完成させる、またはアシスタントに依頼したとしても、その作品の仕上がりが良いものになっていたとしたならば、会場に作品がたった一つでも、アーティストのふりをしている役者とモデルがいかにアメリカ的退廃を演じていようとも、このような劇場的展覧会トリックも、見事に成功していたかもしれない。

マルボロ・ギャラリーは老舗画廊のクラシックなイメージを一掃するために、このような挑戦的な新しいタイプの展覧会を今後も控えているらしい。クラシックな画廊がカッティング・エッジに挑戦するのって、過去の例からは難易度高いですよね!ディレクターの手腕次第ですが、その手腕・才能って、本当に難しい(才能・手腕はごく一握りの人が持っていて、うまくいって、それが成功に繋がる)第三者的に、キュレイターをやった事がある者として、その苦労を感じますが、さて一体、今後どうなりますことやら。
P R
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Satomayor
読者になる
現在ニューヨーク、マンハッタン在住8年目です。
mixi ID = cassis812
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
最新コメント
アイコン画像くるみ
» 大江千里と話す (2014年05月17日)
アイコン画像nakai
» 近況レター (2011年08月05日)
アイコン画像nakai
» 近況レター (2011年08月05日)
アイコン画像坂下恵子(旧姓西村)
» 近況レター (2011年08月05日)
アイコン画像nakai
» 映像作品に良いロケ地を探しています。 (2010年09月02日)
アイコン画像斎藤晴彦です。
» 映像作品に良いロケ地を探しています。 (2010年09月01日)
アイコン画像nakai
» PS3* - EXPERIMENTAL FILMS, VIDEO ART - (2008年10月16日)
アイコン画像yuko otsuka
» PS3* - EXPERIMENTAL FILMS, VIDEO ART - (2008年10月15日)
アイコン画像nakai
» 真悟さんから聞いた作品論 (2008年03月28日)
アイコン画像mai
» 真悟さんから聞いた作品論 (2008年03月21日)