夫婦。 

September 16 [Sun], 2007, 21:35
旦那さんとちょっとした喧嘩をした。
喧嘩といってもそこまでじゃないやつ。

『すごく(私に対して)イライラするんだけど・・・』
と言われた。
子育ても家事もなんでもやってくれるからそれに甘えて、私がワガママになっていたかも。とは思う。
でもワガママ言う私にしょがないな〜〜って言ってくれる旦那さんが好きなのに。

夫婦といえども他人。
優しくて器の大きな人だとは思うけど、それでも誰かと一緒に暮らすって難しいですね。

『手をつなぎ続けることはこんなにも困難で、
断ち切ってしまう方が百倍もやさしい』


山本文緒さんの「紙婚式」の一節を思い出します。

それでも煩わしくても一緒にいるのを選んだのは自分。

賃貸の騒音(T) 

September 11 [Tue], 2007, 22:32
日記じゃないんですが賃貸の騒音について。

実はずっっと書きたかったんです

だってこんなに違うと思わなかったから・・・

賃貸の騒音でまずびっくりしたのは、こんなに音が響くんだ〜ってことです。
それまで実家の一軒家にしか住んだことがなかったので、上の階から音が聞こえることに驚きです
ちなみに結婚して急いで決めたので、賃貸の木造造りのアパートでした。木造といっても「いかにも・・・」って感じのとこではなく、外見は鉄筋な感じ。

でも音は響く・・・

足音も一歩一歩正確にドシドシ響くし、今部屋のどこにいるかハッキリ分るほど。
携帯のバイブ音も、自分の携帯が鳴ってるってくらい聞こえます。
話し声は、さすがに内容までは分らないけど、ニュアンスはばっちり聞こえるし、かけてる音楽のリズムまで・・・何かと床に落としたりトイレの音(してる音?)まで当然聞こえます

でも、それよりも嫌だったのが・・・・・・エッチの音

ある日、夜中に寝室の戸がカタカタいう音で目を覚ましました。
気付くとカタカタという音の合間に、あきらかにそんな感じの声が聞こえるんです。夜中で静かだったせいもあるんでしょうけど、詳細にあえぎ声まで聞こえる・・・

こんなんじゃ寝れないよ〜〜〜

隣で主人は爆睡してるし、赤ちゃんには聞かせたくない声だし・・・
仕方ないこととはいえストレスでした。

でもうちも夜泣きの声できっと迷惑をかけたからお互い様なんでしょうね

台風。 

September 07 [Fri], 2007, 22:01
台風すごかったですね
雨戸を閉めてたのに、風がバンバン戸にあたって夜怖かったです・・・

雨戸閉めたのはいいけど、朝になったら開かない。力がないから?!
主人が帰ってから開けてもらおうっと。
自慢にならないですが、私は電球1つ自分じゃ替えないんです(^_^;)全部主人任せいつか主人がなくなって一人暮らしができるんだろうかと今から心配です。

カウンセリング。 

September 01 [Sat], 2007, 20:56
カウンセリングを受けに行って来ました。

カウンセリングを受けても、劇的に何かが変わるはずないと思っていましたが、後ろ向きな私が
生きてるって素晴らしい!!って思ってしましました
でも、こう書くと宗教っぽい(^_^;)怪しげ・・・

何が良かったかというと、結婚、妊娠、退職、出産・・・とほんと〜に慌しかったので、話すことで整理ができた。支離滅裂な話でもとりあえず吐き出してスッキリ
あとは話すことで、私が周囲の人にどれだけ愛されているかを再認識しました。後ろ向きでこんな自分死んだ方がいいんじゃないかと思うこともあるけど、でも、それでもこうして生きているそのエネルギーってすごいなと思いました。こうして愛されて生きている。そのことに感謝です


ってやっぱり宗教っぽいですね・・・

あとはこれからの仕事の話もできたのも良かったです。
キャリアアンカー(習いたての言葉(^_^;)を考えました。

まぁ、カウンセリング行ったからって当然全てが解決することはないし、これから人生に嫌気がさすことだってたくさんあるでしょう。でも王子様を探してた時の私とは違って、これから嫌なことがあると知っていること、それに対して少しは揺るがない自信ができたこと、これは本当に大きな収穫です。

これからも今日の気持ちを忘れずに生きていきたいです

タイトルについて。 

August 31 [Fri], 2007, 22:03
                  王子様はいない

というタイトルについてですが・・・
これは私が結婚して、一番痛感したことです。

結婚する前は、無駄に早く結婚したくてたまりませんでした。
実家が厳しかったのもあって、早く家を出たいと思ってたのも大きかったんだと思います。

でも当時は家のことよりも、
好きな人と時間を気にせず一緒にいたい!!
というのが、一番の結婚したい理由でした。

あとは漠然と
結婚すれば現状が変わるはず!
と強迫観念的に思っていました。今思うとタダの「逃げ」以外なにものでもありません。

しかし、当時はそんなこと分るはずもなく、そんなに焦って結婚しなくても・・・という周囲の声を振り切ってめでたく結婚しました。





で、実際結婚して、子供が産まれて、ハタと現実に返って気付いたわけです。

現状は変わっていない!と。

家族にイライラしたり、悩んだり日々の生活に精一杯です。
自由にはなったけど、むしろ結婚する前の方が親に庇護されていました。

結婚すれば何かが変わると思っていたのに、結婚してくれる夫がこのさえない現状から救ってくれる王子様だと思っていたのに・・・
現状は変わったら変わったで、大変なんです・・・

王子様はいない
これを痛感しました。

こう書くと当たり前のことですが、それに気付かず結婚した自分がいかに子供だったかということです。

若くして結婚した分、ゆっくりオトナになっていこうと思います。

ひなた。 

August 31 [Fri], 2007, 21:55
ひなたは笑う。

光を振りまきひなたが笑う。

ひなたの光を浴びると笑顔になる。

その笑顔を見て、またひなたが笑う、光を振りまく。

振りまかれた光でみんなが笑顔になる。

ひなたはみんなを笑顔にする。

へその緒。 

July 20 [Fri], 2007, 22:12
へその緒

産まれて5日目、おへそから取れたへその緒。

黒くて小さくて乾いた固まり。

ここからいろんな想いが君にいっただろう。

お腹を元気に蹴るのが嬉しかったこと。
エコーで見れた君の顔に笑ったこと。
早く出ておいでと思ったこと。

でも、それ以上に嫌なこともたくさん思った。

親になる自信がなくて、愛おしく思えなかったこと。
産まれてこなければいいとさえ思った。

この小さな固まりからどれだけ嫌な想いがいったのだろう。
小さな君をどれだけ不安にさせたのだろう。

もう二度と君にそんな思いはさせないと、この小さな固まりに誓った。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naka_teina
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像めいぷる
» 台風。 (2007年09月08日)
Yapme!一覧
読者になる