読み手のパワーを吸いとって 

May 25 [Thu], 2006, 0:25
今日はクラスマッチでしたー。足痛い…普段俺はこんなにも運動不足なのかと文字通り痛感。まぁしかし負けたものの面白かったですね(* ゜∀ ゜)一回は勝ったですし。俺もちょっとは役にたてたかな

あと、今日は友人二人の誕生日でした。朝起きて携帯見て気づいて即興でメール作りました。頑張ったです(;´∀`)学校に行ったら友人が感想くれました。嬉しかったですねー(*´∀`*)

俺、そういうメール造りとか凄く好きです。その後友人に会った時の反応が楽しみで楽しみで。良い反応がもらえると凄く嬉しいですし。俺が頑張れる理由です。

大体俺が作品造りを喜んでできる理由の大きな一つに、周りの反応が嬉しいから、というのがあります。褒めてもらうともちろん嬉しいし、ここをこうした方がという批判的な意見も俺の作品を丁寧に見てくれたのだと感じ、ありがたみをとても感じます。寧ろ俺的にはそういう意見の方が嬉しいですね。よりよい作品にするための参考にもなりますし。

一回とある友人が俺の漫画に対する意見を飴と鞭形式でルーズリーフにびっしり書いてくれたことがあって、その時凄く嬉しかったのを覚えています。こんなにも俺の作品を読み込んでくれたのだと。それだけでも嬉しいのに、真面目に俺の作品に対する姿勢を理解してくれた上で、意見を述べてくれた。叱咤もあったし、誉れもあった。どちらもすごく嬉しくて、これからも頑張ろうという気になれました。

俺の作品は大抵長続きしないのが欠点なのです。最後まで書ききることができない。だから漫画家とか小説家とかってすごく憧れなんです。でも、俺も読んでくれる人の力を借りたらできるかと、プロの人達はだから書ききれるのかと、そう思いました。いつか俺もプロになるかもしれない。読者から沢山の嬉しい感想、意見をもらうかもしれない。だからそんな時は、そんなものに勇気づけられた時は、その気持ちに答えようと。本当に、そう思います。

愛情のカタチ 

May 21 [Sun], 2006, 23:23
FF…やっとツィッタ大草原のなんとかドラゴン(相変わらず名前忘れた)見つけました。晴れかよ晴れの時しかいないのかよ。゜・(*ノД`)『雷と共に現れる』とかって言ってたから頑張って雨の時探してたのに…この……嘘つきっ(ぇ)

それはそうと、今日久々に昼御飯外食しました(*´∀`*)ねだりまくったらパフェ頼ましてくれました♪珍しいこともあるもんだ…(ぁ)

それで、今日行った店に丁度親子連れがいました。その子供…まぁちょっとアレな言い方かもしれませんが、お行儀が悪かったですね。

俺の母は、自分で自覚してますが、しつけに関して本当に厳しかったです。おかげ様で、俺はまともに育つことができましたという感じです。うちは父があまり厳しくないので、その分母がすごく厳しいのです。受験にしても、父は田舎生まれなので、ほとんど進学先は決まってたも同然、母は都会生まれなので、受験戦争を経験した身。ということは、当然母の方が勉強面にも厳しいのです。

あぁ…話がずれてきました。戻しましょう。まぁそんなこんなでその子供、すごくうるさかったわけです。そして、母親のしつけの仕方もあまりよろしくない。子供を叱ってるというより、子供にキレてる…って写植変ですかまぁそんな感じです。

例えばまとわりつかれた時。お行儀悪いし動きにくいしで注意しなければならない場面ですが、その親は『邪魔だからのいて』みたいな言い方をしたわけですよ。

それじゃダメなんですね。しつけと良いものは、いつ、何故、何をしちゃいけないのか、それを教えるのが『しつけ』。まぁ母からの受け売りなんですけどとにかく、理由も提示せず禁止したり拒否したりするのは駄目ってことですね。

最近、あまりしつけをされてない子供が増加傾向にあるのではないでしょうか。子供を大切に育てるのは、良いこと。でもだからといって、子供を叱らないことが良いこと、そういえるのでしょうか

現実は痛々しい、なら俺の書くべきことは 

May 20 [Sat], 2006, 23:11
ハリーポッターの最新巻を昨日買ってきて今日読みました。といっても昨日はせいぜい上巻の半分くらいしか読めませんでした(;´Д`)なるべくネタバレはしないつもりですが…もし今読んでいる最中だったり読む予定がある人は見ない方が無難だと思われます。

まさかあの人がああなるとは思ってたんですよ…悲しい結果です。信頼されて『た』あの先生、絶対に裏があるのだと、信じて良いのだと思っていたのに。一体どうしてあんな結果になったのでしょう…。

俺はなるべく全てにおいてハッピーエンドを望むのです。それは本当の終わりの時点じゃなくて、小休止の前でも。しかし、俺の作品に足りないのはそういう『汚い部分』なのではないかとも思うのです。以前『キノの旅』の版権作品を読みました。『キノの旅』って結構、小タイトル『世界は美しくなんかない、それ故に美しい』(だっけうろ覚え…)にもあるように、『非キレイ事』な部分を書いた作品じゃないですか。でもその版権は『キレイ事の集まり』で、読んでてホッとするではあるけど何かが足りない。それは現実味なのかそれ以外なのか…。それとも何かが足りないと感じるのは幻どちらにせよ俺はこの疑問に対する答えを出さなくてはならないし、そしてその答えは俺の今後の作品にも関わってくるのです。

ハリーポッターについて後は、できれば今回の恋は上手くいって欲しかった。一応上手くいったのだろうけど、だけどやはり少し寂しかったです。それとも全てが終わって平和が訪れたとき、成就するのでしょうか。仲違いをされてたお二人様は仲直りして良かったです。

次巻からは今までとは違った雰囲気のハリポタになりそうですね。でも悪くないと思います。

実を言うと、英語版のハリポタを持ってたのですが、訳す元気がなくなって途中で止めたのは内緒です。まぁどちらにしろ途中で訳す勇気がなくなってたでしょうが。英語だからきっと俺が訳を取り間違えていたのだと言い張ったりしたかもしれません。っていうか『半純血のプリンス(謎のプリンス)』、俺は『混血の王子様』って訳してました(ぁ)うーむ…プロとの違いですね…(*´Å`*)

理不尽な怒り、ぶちまけても 

May 19 [Fri], 2006, 23:29
ついにレベル70越えー。゜・(*ノ∀`)ヤッタネ(あ、FFの話です(笑))頑張りましたよマジでしかも今日はちょっと勇気を出して死都ナブディスに行って参りました。すぐ逃げ帰りましたがーでも何故か店があってそこで遠距離攻撃をハケーンしました(*´∀`*)ないと思ってましたよめっちゃ嬉しいですもしかしたら前に後輩から聞いたエーテル等売ってる店ってナブディスにあるんでしょうか。またもうちょっと強くなったら探険に行ってみます

ってか今日は何故だか友達の愚痴聞いてました服装検査の時先生が自分ばっかり注意するとかなんとか。ぶっちゃけその友人、普段から…まぁ先生にとって『よろしくない』見出しなみでして。俺的にはしょうがないんじゃないかとか思ってしまったりして。

っていうかその友人が『なんで私だけ』っていうの、許せません。『私だけ』じゃないんだよ。『お前も』なんだよ。そう、心から反論したいけど怖くてできない弱い俺。反論する方が友人の為なのか、それともその逆か。答えは出てるのに。

そもそも罪意識がないっていうのが一番許せない要素ですね。確かに『よろしくない』見出しなみが普通になってきてはいるけど、それはあくまで『よろしくない』のであってそれを注意されて理不尽だと言うのは違うでしょう自分は叱られても何も言えない立場にある。そういうのを理解して覚悟して、それでも『よろしくない』服装をしたいなら自分の好きなように注意されたら適当に流せば良いし。教師の叱咤が怖いなら諦めて媚びへつらえば良いし。そのどちらにも属さないのは一番やってはいけない、そして美しくない状況なのだと俺は思うのです。

そしてそれをわめいたところで、本当に同情してくれるのは同じ立場にいる、つまり自分も理不尽な文句を言っている人のみ。もし愚痴りたいなら類友を探した方が良いですよ。現実俺は呆れただけだったので。

あー…最近俺の愚痴ばっかになってるなもっと面白い内容書くように努力します…。

長かったけれど、いざ終わると 

May 18 [Thu], 2006, 23:12
ついにFFもレベル69。あとちょっとで70です(*´∀`*)加えて今日全員のレベルが50超えしましたまだまだ頑張りますー♪

ところでテスト中だということはさておき今日遅いながらスパイラルの最終巻など買ってしまいました。うーん…歩くん好きです。実は本家の俺のオリジナル小説の主人公、モデルが歩くんなんです(* ノωノ)ビジュアル(それも髪型のみ)だけだったんですが、気がつけば凄くそっくり…でもやっぱり歩くんの方が断然です(苦笑)俺のキャラは…笑わないんですよ。゜・(*ノД`)あぁ…冗談言ったり爽やかに振る舞ったりスマイルキャラが描きたい…(壊)

何故か俺のキャラはダークといいますか…クールなキャラが多いです(主人公、特に男に限る)本当は明るいやんちゃボーイとか爽やかで優しい少年とか天然癒し系な奴を主人公にしたい。けど…うーん…何故でしょう(聞くな)

俺が今まで『コイツ良い』って思ったキャラ(主人公に限る)は、先程から話題にのぼっております歩くん、封神演義の太公望、鋼の錬金術市のエド、それにD-Graymanのアレン君とか。そういうキャラは憧れです。歩くんの無理して強がるところ、太公望の他人事に心を痛める姿、エドの弟を気にかける想い、それにアレン君の一途な瞳。他にも憧れるキャラは一杯います。主人公以外で最近グッときたのはBLEECHの一心さんとかですかね。アレ最初から狙ってたんでしょ確信犯ですよすげーすげー(* ゜Д ゜)俺もああいうのが描けるようになりたい…(*´Å`*)

なにはともあれスパイラル終わってしまいました。かなり前から読んでる作品なので、感動する反面すこし寂しいような。ひよのちゃんのことは最後まで信じたくなかったです。゜・(*ノД`)でもあれはあれで良かった歩くんが初めて貧血で倒れたって表記も良かった。あの絶妙なタイミングが。あぁ…いかん名作を読むと俺は繰り返し読みたくなると同時に創作意欲がわいてくるのだ(ぇ)

まぁ。俺もいつか世界に羽ばたいてあんな作品を描きたいです。ハイ。

今日の西村さん。 

May 17 [Wed], 2006, 23:56
テスト…地理…はぁ……○rz(何)いえね、俺はですねー…社会という教科に興味関心がないんですね。現代社会・地理・歴史・倫理全てにおいて。だから…無理なんですよ大体俺に社会を求めるなよ常識を世の中に少しぐらい型にはまらない人間がいたって良いだろ。゜・(*ノД`)…なーんて叫んでみたり。まぁこれも進学高に入った宿命ですね。俺より社会できない人なんて進学高じゃなかったら結構いる…だろうし……(*´Å`*)………そんな人種いんの(ぁ)

まぁとりあえずヤマは終わったので少しだけFFやりましたー(勉強しろよ)レベル平均50以上になってヒーローズの称号を得ました(ぁ)モブランクH倒せるかと思ったら…そこに行くこともできやしない。強いのがゴロゴロいるし。゜・(*ノД`)命からがら逃げ帰って、しょうがないから先に進むことにしました。これから妖幻の森に行きます(*´Å`*)…行けるかな(ぁ)

っていうかクァールに盗むしまくったらナントカのティベット(名前忘れた…経験値二倍になるアクセサリ)が一気に1つから7つになりましたΣ( ̄Д ̄;)しょうがないから主人公に盗賊のカフスつけて残りのメンバーに一人はバングル、もう一人はティベットっていう風になりました。盗むのはやめられませんねー(*´∀`*)そういや公益品でゾンビ効果のあるアクセサリ出ました。使ったことないけど…(;´Д`)俺的にはゾンビって楽な分邪道な感じが…まぁアイテムしか効果ないようなのでもったいないから結局使わないかな(笑)やっぱ魔法が良いですねー。

あとライセンスポイントめっちゃ貯まってたんで皆ミストナックレベル3までやりました。MPめっちゃ増えたー(* ゜Д ゜)やったねっていうか『ミストカート』を『ミニスカート』って読みそうになるの俺だけ(お前だけだよ)

うあー…オタク系入ってますねすごく(;´Д`)しかも何故か今日は顔文字が多い。何ででしょう久しぶりに重くない内容だからまぁこの辺で終わるとしますか(*´∀`*)

電子の文から伝わる思いとは 

May 16 [Tue], 2006, 23:48
はぁ…数学がヤバかったです化学に力入れすぎました(;´Д`)=зおかげで化学は結構自信アリなんですけど…そう言ってるといつも結構悪いから言わないときます。

そういえば最近友人とメールをしてません。おかげで携帯料金安いのでこうやって携帯でブログ書けるんですけど(いつも携帯からメールで投稿してるんです)。auのダブル定額で、いつも最低値ギリギリ越えるくらいです。姉がいつも最高値を通り越すので親に怒られたことがないですー(*´∀`*)メールもネットも使わない方ですかね

元々俺はPCから携帯に移った類(今でもPCはしますが)なので、携帯でメール打つのとかネット繋ぐのとか結構不便に思うのであんまりしないんですね。携帯でネット繋ぐのは着メロとったり自HPの動作確認くらいです。メールは必要最低限。自分からするのは迷惑に思えてしづらいし、皆もしてこないし(メールを結構する友人の話だと、普段あんまり送ってこない人には送りづらいのだそうで)っていうか俺の場合は必要最低限もしないかなー…こないだメール返せと怒られました。いえ、PCだったらちょっと遅れてもするんですが、携帯だと面倒だから後から…っておいておくと『今更返事返してもなぁ〜』っていう感じになってしまうので。

そもそも普段会ってるのにメールの必要があるのでしょうか。そりゃ言いづらいこともあるしわざわざ会って言うほどのことじゃないこともありますさ。でもメールって特に携帯だと『返さないといけない』っていう義務感がするので俺的にはあんまり好きじゃないです。手紙とか電話とか、もっと色々あるんじゃないでしょうか

かといって、適当な返事で返すのは俺はもっと嫌いますね。せっかく長い文章で送っても、帰ってくるのが一言だったり。必然的にこっちが話題を繋げていかなくてはならなくなる上、そのことがとても困難になりますし。そういう友人が数人いて困ります(さらにいうと前の恋人もそうでした。それもふった原因の小さな部分)

メールがない方が良いとは言いません。けど、それをやりすぎるのもどうかと思います。電子の文って、一番感情が現れにくいですし、喧嘩とか思いの行き違いとか防ぐためにも。

嘘のよろしいつきかたのお話(ぇ) 

May 15 [Mon], 2006, 23:59
明日からいよいよ中間テストです。科学がとてもとてもヤバイです先生の言ってることがわかりませんですハイ。難しい…それでも去年はそこそこやってましたが…今年はヤバイですな。

今日やっとこさこないだ誘われたカラオケを断ることに成功しました。はぁ…一度駄目だって言っても聞かなかったらどうしようと考えていたので良かったです。英検の勉強しないと、受けるのにお金があるんだからと言ったら一発でした。

しかし断ったら、友人がまた相談をしたいって言ってたから土日はどうしても開けといて欲しいとのことと言われました。双方嫌ってるのにつるんでる友人共の片割れですね。メールでは俺がこの間行けなかった(理由はなかったけど行きたくなかったから断っただけですが)ので、その埋め合わせに三人で行こうみたいに書いてたのに。あれは嘘だったのかと思いましたよ。

別に嘘をつくのに怒るつもりはありません。俺もこうして行きたくないので適当に嘘の理由をつけてサボってますし。しかし俺の嘘は全て自分を下げる嘘。人様を巻き込む嘘はつきません。それがどうでしょう友人達は。相談したいと言ったら来ないからカラオケを誘うことにして残念ですが俺はどっちも行きたくないのでどちらにしろ丁重にお断りしたでしょうね。

っていうか相談というのは建前で愚痴を言いたいだけでしょうしかも理不尽な自分に都合の悪いところは隠したお話。でも俺を選んだのが間違いでしたか。残念ながら表面の良い俺は真実を知るに十分な程の情報を持っているのですよ。

塾の先生に言われました。自分に合わない人もいるだろうから、適当に流しながら付き合えと。本当にそうしたい。最近表面良くするのにもいい加減限界が…

あぁ、今日の文…なんかストレス発散の為のまたは愚痴の為のさらには自己満足主張文になっているではないか…書く方はストレス発散できるし言いたいこと言いたい放題だし気持ち良いですが、読んでる人はつまらないだろうな…すみませんすみませんま、どうせ読んでる人いないけどね(笑)

塾の教師でもあり、それで 

May 14 [Sun], 2006, 23:29
今日は某友人の誕生日でした。知らなくて、部活で本人から教えられて、目の前で隠れてバースデーメールを作って送ったら喜んでもらえました。そんな反応が目の前で見れて俺も嬉しかったです。人の喜ぶことを進んでできる人になりたいと、そう思った今日この頃でした。

っていうか塾で先生のこと『お母さん』って呼んで皆に爆笑されました。因みに三回目。ストレートに言って後から気づいたこの恥ずかしさ(;ノДノ)うーむ。まぁ理由の一つは少し前に母親についての話題が出ていたからなんですが(生徒四人の小さな塾故に雑談が多い)、それ以上にその先生から『母親』という感じを大いに受けるからだと思います。

先生は事実二児の母であり、子供とも仲の良い良き母親なのです。英語の先生故に、日本人独特の謙遜をすることが少なく、我が子、教え子を褒められると喜びお礼を言い、自分の意見をはっきりと言うとても良い先生です。実際先生から教えられたことは山ほど。先生の言うことには正しいことが多いです。

俺は、そんな先生を尊敬しています。俺より長く生き、沢山のことを知る先生。先生の話は面白いし聞いてて納得できる。間違った道を制してくれるし、また正しい道へ背中を押してくれる。固執した考えをもたず、全体を見渡した意見を与えてくれる。俺の理想に近いところにいる、それがその先生なのですね。

俺は自分の意見が正しいと主張してしまうことが多いし、なにより他人のことを見渡す余裕もない。自分のことで精一杯とまではいかずとも、自分の身の回りで精一杯なのですね。

勉強の教師であると共に、先生は俺の道徳の教師でもあるのです。俺が勉強をサボると、『何が一番か考えて』と諭してくれる、そんな先生です。人の意見を批判せず、むしろ取り入れるその先生の姿は、ある意味俺の憧れなのかもしれませんね。

一と十とを天秤にかけて 

May 13 [Sat], 2006, 23:35
昨日誕生日だった友人にメールを送るのを忘れたのに今更気づきました。学校で一応オメデトウは言ったものの、やはり送りたかったですね(*´Å`*)残念…しかし今更送るわけにもいかず。

はい。テスト中だというのに図書館で本を借りてしまいました。『トワ・ミカミ・テイルズ』のY巻です。Y巻の後書きに、続きが出るかわからないと書いていたのでこの話の終りまで読めないのかと沈んでいたので、本屋で見つけた時は凄く嬉しかったです。そんなに読みたいならそこで買えばよかったのですが…お財布と相談した結果なのです

まぁ何はともあれ読めて本当に良かったと思います。三角関係はどうなるのかと思いましたが、ごく自然に解消されましたし。ああいうのもありなのかと思いました(*´∀`*)ハッピーエンド大好きです

しかしこの作品にはすごく感動しました。悪役の運命を背負わざるをえなかった者。真実を知り愕然とする主人公。沢山の命を奪わなければ成り立たなかった平和。俺の最大の自問『一のために十を見捨てるか、十のために一を見捨てるか』という問いに対する典型的な後者ですね。確かにそうなんですよ。世界とは何とも皮肉な上に立っているのです。しかし、いざという境地に陥った時、迷えず後者を選べるかこれができるのが、真の皇なのですね。そういうわけでは、敵役を演じてくださったあの方はまごうことなき真の皇だといえるのではないでしょうか。

はぁ、他人の創作物を見てると本当創作意欲が出てきます。そこで時間が欲しいと言うのは、相変わらずな俺でありますが。いつか立派になって、自分の作品を公開できる場と時間とを与えられたならば。これ以上な幸せって、ないと思います。