内野守備上達革命と野球 内野手 スローイングとひじ

April 07 [Mon], 2014, 8:54

しっかり練習をして万全のコンディションで試合に臨んだとしても、散々な結果で終わってしまい、子供が見るからに自信を無くしかけていたとしても、
プレーが悪かった原因をしっかり把握できるようになり、自分の守備範囲では完璧と言ってよいほどスマートなプレーができるようになる方法がこちら



あなたも、↓のような悩みを一刻も早く消し去りたいとは思うものの、具体的に何をどうすればよいのかわからず、途方に暮れていないでしょうか??


送球に力がない

守備が苦手な選手の指導法がわからない

打球に対して恐怖心がある

エラーが多い



同じ練習をしているはずなのに、運動神経の良い子はどんどんうまくなっていく反面、どんくさい子は何度やってもコツをうまく飲みこむことができず、なかなか先に進むことができないわけですが、こうした事態が起きる本当の原因は、運動神経とか野球のセンスの差だけではありません。


そもそも、練習の効果を高めるためには、「子供がどれくらい積極的に練習に参加しているか?」にも左右されますので、普段の練習をダラダラと過ごしていたのなら、思ったようにレベルアップできないのは当然です。


それと同時に、「今まで身に着けてきたスキルや知識」によっても、練習の効果に差が生まれるのが事実で、練習の効果というのは結局、「今まで身に着けてきたスキルや知識」と「子供がどれくらい積極的に練習に参加しているか?」の掛け算によっても大きく左右されますので、

仮に間違ったスキルや知識ばかり身に着けてしまっていたのならば、どれだけ練習に一生懸命取り組んだとしても、ほとんど上達できないのは当然の結果になります。



清家政和さんの内野守備・上達革命を実践するうえでも大切になってくるのは、今まで培ってきた経験をベースにして取り組もうとせずに、DVDで紹介されていることを一つひとつ丁寧に取り組んでいくことです。


内野守備・上達革命の内容は、情報が断片的な書籍なんかとは違い、どんな風に練習をしていくと効率よくスキルを伸ばしていけるのか?というのが徹底的に考えつくされた構成になっていますので、そこに、ちがったノウハウをはめ込もうとするのは、

例えて言うならば、ビシッとくみあがったピラミッドに、形の合わないブロックを無理やり付け足そうとするものです。



ゼロベースで取り組んでこそ、本来の効果を発揮しますので、清家政和さんのノウハウを余すところなく吸収しようと思ったら、自分ではできていると思っていることにもしっかりと試してみて、本当の意味でできているのかどうか?というのを確かめながら練習を進めていってください。


内野守備・上達革命は、プロ野球選手がたまに開催する野球教室なんかとは違い、プロ野球選手のコーチをしていたプロの指導者のエッセンスが、

120分以上にもわたって収録されていますから、何をすればどんなスキルが伸びるのか?というのが分かりやすいうえに、1回の練習でも自分が上達していくのを肌で感じられるはずです。



準備運動というごく基本から正しいノウハウを教えてくれる清家政和さんの内野守備・上達革命で強烈なゴロも鮮やかにさばいていくコツをこちらでも詳しく紹介しています。




山本卓
24daysenglish

内野守備上達革命と内野フライ 捕り方

April 07 [Mon], 2014, 8:44


少年野球の指導者の中には、説明が感覚的で、抽象的な言葉を使う人がいたりしますが、そんな説明で子供たちに伝わるわけがありません。


大人と子供では理解力には大きな違いがあるうえに、経験値にだって比較にならないような差があるわけですから、子供にも理解できる言葉を使い、可能ならば実演して見せてあげていかないと、子供たちはテクニックをきちんと身に着けることができないばかりか、間違ったやり方を覚えてしまい、それが上達を阻む要因となってしまいます。


同じ練習をしていても、センスのある子は必要とされるコツを感覚的に見抜いてしまうため、普通の子と違ってグングンうまくなってしまいますから、実力差は開く一方になってしまうものの、清家政和さんの内野守備・上達革命のように、練習の内容・進め方ともに「質」をうんと高めることで、実力差が生まれにくくなり、誰がやっても同じくらいのスキルアップを実現していくことができます。



清家政和さんといえば、プロ野球選手に対してもコーチングできるだけの指導力を持っており、実際にゴールデングラブ賞を受賞した選手も育て上げた実績の持ち主ですが、指導内容は「意外な程シンプルだしわかりやすい」と定評があります。


内野守備・上達革命でももちろん、清家政和さんの指導理論が120%活かされていて、怪我をしない投げ方、ゲッツーのトスの仕方、構えの作り方などなど、何をどうすればよいのか具体的な答えを示してくれますので、守備がうまい人の捕球、捕球から送球までの一連の流れを順を追って身に着けることができます。



結局、野球の上手い人・下手な人の違いなんて、内野守備・上達革命にあるような、ちょっとの差の積み重ねが主な原因となっていて、そういったテクニックを知っている・知らないの違いが、実力差を生んでいるわけです。


あなたも、野球の内野手が身に着けておくべき本質的なノウハウを知り、週1回でも良いので決められた練習をしていくようにすると、1か月を過ぎるころから、↓のような結果を次々と手に入れることができますよ。


ナイスプレー!が劇的に増える

バッターの悔しがる顔を見ることになる

対戦相手にとって嫌なチームになる

肩を痛めないで長くプレーできる



試合になると相手チームの攻撃で集中砲火を浴び、失点につながるエラーを繰り返すのを苦々しく見守るのは今日で終わりにして、

手っ取り早くスキルアップしていける練習法で、打たれた!と思ったらボールに先回りするような動きをすでに見せているクレバーなプレーを身に着けさせてあげませんか?



清家政和さんの内野守備・上達革命で、子供がこれ以上、試合で情けない思いをする前に、フィールドを駆け巡り大活躍できるように子供を導いてあげるにはこちら










ドクターブレイン
トレンドラインPro
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット

ブログランキング


PVランキング