Endless Love −永遠の愛−

August 01 [Fri], 2014, 9:27


副題:待望のコンサート!






春野寿美礼コンサート S・mile









構成・演出:中村一徳(宝塚歌劇団)



出演:春野寿美礼 ほか



企画・制作・主催:梅田芸術劇場







◇天王洲 銀河劇場

2014年9月13(土)〜2014年9月14日(日)


チケット一般発売:2014年8月16日(土)
全席 10,000円(全席指定・税込)





◇宝塚バウホール

2014年9月19日(金)〜2014年9月21日(日)


チケット一般発売:2014年8月16日(土)
全席 10,000円(全席指定・税込)


梅田芸術劇場 06-6377-3888


※未就学児童のご入場はご遠慮ください。











ノバ・ボサ・ノバ −盗まれたカルナバル−〈雪組〉

July 23 [Wed], 2014, 4:25


副題:僕こそミュージック!













帝国劇場 東宝ミュージカル 『モーツァルト!』上演決定!






2014年11月8日(土)〜12月24日(水)







Cast



【ヴォルフガング・モーツァルト/Wキャスト】

井上芳雄  山崎育三郎






【ナンネール(モーツァルトの姉)】 

花總まり



【コンスタンツェ(モーツァルトの妻)/Wキャスト】

平野 綾 ソニン



【ヴァルトシュテッテン男爵夫人/Wキャスト】 

香寿たつき 春野寿美礼



【コロレド大司教】

山口祐一郎



【レオポルト(モーツァルトの父)】 

市村正親



【セシリア・ウェーバー(コンスタンツェの母)】

阿知波 悟美



【アルコ伯爵(コロレドの部下)】 

武岡 淳一



【シカネーダー(劇場支配人)】 

吉野 圭吾





【アンサンブルキャスト】

朝隈濯朗 安部誠司 大谷美智浩 奥山 寛 小原和彦

KENTARO 杉山有大 高原紳輔 武内耕 寺元健一郎

松澤重雄 港 幸樹 山名孝幸

秋園美緒 池谷祐子 樺島麻美 河合篤子 鈴木結加里
 
徳垣友子 舩山智香子 真記子 三木麻衣子 柳本奈都子





【アマデ(交互出演)】

内田未来 柿原りんか 日浦美菜子











脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞:小池修一郎

音楽監督:甲斐正人
振付:前田清実
歌唱指導:山口正義・やまぐちあきこ
美術:堀尾幸男
照明:勝柴次朗
音響:大坪正仁
衣裳:有村 淳
ヘアメイク:宮内宏明
映像:奥 秀太郎
舞台監督:廣田 進
演出助手:小川美也子
オーケストラ:東宝ミュージック(株)・(株)ダット・ミュージック
指揮:西野 淳
稽古ピアノ:國井雅美・宇賀神典子・宇賀村直佳
制作助手:廣木由美
翻訳協力:萬代倫子
プロダクション・コーディネーター:小熊節子
プロデューサー:岡本義次・坂本義和



製作:東宝







料金:S席 13,000円 A席 8,000円 B席 4,000円(消費税込)


チケット発売

11月分:2014年9月6日(土) 前売チケット発売開始
12月分:2014年9月13日(土)前売チケット発売開始


◆キャストスケジュール














大阪 梅田芸術劇場公演


2015年1月3日(土)〜1月15日(木)




梅田芸術劇場メインホール




チケット一般発売:2014年9月27日(土)

料金:S席 13,000円 A席 9,000円 B席 5,000円(全席指定・税込)



梅田芸術劇場メインホール 06-6377-3800


※未就学児童のご入場はご遠慮ください。






















再会

March 05 [Wed], 2014, 16:32


副題:スミレの花たち追加情報。












『宝塚歌劇100周年 夢の祭典』
出演者追加について情報が更新されました。
















【出演】



<卒業生>


(1)4月4日(金)18時〜

八千草薫、寿美花代、有馬稲子、
眞帆志ぶき、朝丘雪路、加茂さくら、
八汐路まり、甲にしき、古城都、
郷ちぐさ、鳳蘭、大地真央、剣幸、日向薫、
紫苑ゆう、こだま愛、安寿ミラ、毬藻えり、
黒木瞳、涼風真世、真矢みき、
麻路さき、高嶺ふぶき、久世星佳、
真琴つばさ、鮎ゆうき、白城あやか、
花總まり、安蘭けい、春野寿美礼、朝海ひかる、
貴城けい、大鳥れい、霧矢大夢、
舞風りら、ふづき美世、紫城るい



(2)4月6日(日)13時〜

初風諄、南原美紗保、
榛名由梨、汀夏子、鳳蘭、安奈淳、
高宮沙千、松あきら、瀬戸内美八、順みつき、
上原まり、東千晃、麻実れい、若葉ひろみ、
美雪花代、真矢みき、一路真輝、
えまおゆう、姿月あさと、湖月わたる、
安蘭けい、春野寿美礼、朝海ひかる、
檀れい、水夏希、森ほさち、大和悠河、
真飛聖、紺野まひる、彩乃かなみ、音月桂、
遠野あすか、白羽ゆり、陽月華、桜乃彩音、
蒼乃夕妃、野々すみ花、舞羽美海



(3)4月6日(日)18時〜

眞帆志ぶき、加茂さくら、美和久百合、
初風諄、榛名由梨、汀夏子、鳳蘭、
大原ますみ、竹生沙由里、安奈淳、麻実れい、
峰さを理、高汐巴、平みち、遥くらら、湖条れいか、
ひびき美都、紫苑ゆう、秋篠美帆、杜けあき、南風舞、
真矢みき、一路真輝、麻路さき、神奈美帆、紫とも、
稔幸、愛華みれ、紫吹淳、姿月あさと、和央ようか、
渚あき、湖月わたる、純名里沙、風花舞、
星奈優里、月影瞳、彩輝なお、水夏希、
映美くらら、愛原実花



※上記出演予定の卒業生は、
都合により変更になる場合があります。






<現役生>全3回公演ともに


(専科)
轟悠、京三紗、汝鳥伶、一樹千尋、箙かおる、
一原けい、夏美よう、英真なおき、
五峰亜季、美穂圭子、北翔海莉、

(花組)
蘭寿とむ、蘭乃はな、明日海りお、望海風斗

(月組)
龍真咲、愛希れいか、凪七瑠海、美弥るりか

(雪組)
壮一帆、愛加あゆ、早霧せいな、未涼亜希

(星組)
柚希礼音、夢咲ねね、紅ゆずる、真風涼帆

(宙組)
凰稀かなめ、実咲凜音、朝夏まなと、緒月遠麻

(コーラス)
鈴奈沙也、美風舞良、純矢ちとせ、花音舞、花里まな、
瀬音リサ、彩花まり、瀬戸花まり、小春乃さよ

(ドンブラココーラス)
蘭尚樹、音くり寿、糸月雪羽、天彩峰里、風間柚乃、
桃歌雪、きらり杏、朱紫令真、
蓮月りらん、極美慎、泉まいら、ゆめ真音



























『夢の祭典』
映画館でのライブ中継も決定したものの、
東京や大阪など主要都市での
映画館中継はなし……。
トップ退団公演東宝楽中継なみに
集中的に場所をもっと拡大してくれないと
観れるわけがないと思うんだけど……。
どうやってもふつうには無理です……。



スカステでもわりとすぐに
放送されるみたいだけど
それでもやっぱり中継だとさても
リアルタイムで見たいよー。


もうちょっと考えてがんばってよー泣!









100周年……
観たい公演も
チケットはまったく取れず……。
個人的には全然盛り上がれてないっす……涙

十二夜 −またはお望みのもの−

March 05 [Wed], 2014, 9:08



副題:あの頃、ぼくたちは。























あの頃のほうが
今よりもずっと
いきいきしてたように感じるのは
きっと、ワタシだけだと思うのだけど。









あの頃は今よりもずっとずーっと
何にも縛られていなくて。

自由気ままなスタイルだった。

それは望んでそうしていた部分もあるし
半ばそうしなきゃいけないと
自分で決まりを守っていた意味もある。

だから、逆に
今よりもずっと
我慢や諦めたことも多いた時期だった。



それでも気楽だったから。



マイペースにいれたのが心地よくて。



とても楽しかったんだよ。








希望を抱いて踏み込んではみたけれど、
いつの間にか
自分自身が望んでいなかった方向に
どんどん進んでいることに気がついて
途方もなく自分自身にあきれている。



望んでいないワタシ自身が
加担していたのだから。







“楽しい”という気持ちが
あらゆる高まりによって
たくさんの物事をごまかしながら
“楽しかった”と感じているような気がする。


なんだかんだで結局は“楽しい”のだ。




それでも、
以前のほうが
素直にすべてを
心の底から純粋に
“楽しい”と感じていた気がしてる。





つらいことより
前を向く明るさが勝っていたように思う。






どうして今はつらいんだろ?












熱さの中に残酷なまでの冷たさをも
持ち合わせておくべきだと
思うようになった。




天使が悪魔に変わる瞬間を
ワタシはようやく目の当たりにした。











まだまだ時間はかかりそうだ。

















うむ……、なんか、残念だなぁ。

ブエノスアイレスの風 −光と影の狭間を吹き抜けてゆく…−

February 25 [Tue], 2014, 8:59


副題:CHE SARA...

















姉2がぽろりともらした本音に
ワタシは「んだよね」と言うしかなかった。
けど、
ワタシも同じことを思っていたし
きっと、家族みんな同じ気持ちでいるから。






「どうして、悪いこと、何もしてないのに……」











悔しいのは
いちばん悔しいのは
本人だと思うから。





今はどうにも言葉がうまくまとまらないけど。





ワタシはワタシのできることをしなきゃ、と思って。




いつまでも、
うじうじぐずぐずしてはいけないから。



だから、
もっと、もっと、強くならなくちゃ、って。








あの日、
「大丈夫だよ、きっと大丈夫だよ、
必ず乗り越えられるよ、大丈夫だよ」って
ぎゅっと抱きしめてくれたみたいに
絶対、絶対、絶対、大丈夫だって
信じてがんばらなきゃと思います。





世の中は不合理なことばかりかもしれないけど、
負けてちゃいられないもんね。















ワタシの心から愛する大切な人たちが
健康で笑顔でいてくれたら、と
それだけを願います。




それだけでいいから
どうかよろしくお願いします。











.

ノバ・ボサ・ノバ −盗まれたカルナバル−〈月組〉

February 21 [Fri], 2014, 7:38



おつかれさまでした。
そして、心からどうもありがとう。















終わったあとの笑顔を見たいと
ずーっと願い思ってきたけれど。



あれだけの演技を終えた瞬間に
こみ上げてくるものって、
涙なんだな〜と
目の前の立派な美しい真央ちゃんを見ながら
そう感じました。







スポーツだもの。

人間の肉体的能力で
競い合うことに意義のある競技だもの。

1番を競い合うためのスポーツだもの。

目指すものは明確に決まっている。

結果を求めて点数を求め
そしてさらにはかたちとなるものを目指す。




だからこそ、
だからこそ、競技者である彼女たちは
本当に悔しい思いでいっぱいでしょう。

我々にはとうていわからないような
苦しみと戦っているはずです。



でも、決してそれだけではないのだと
彼女たちのパフォーマンスを通して
彼女たちの人生そのものを通して、
長い長い年月をかけ
とっても大切なことを教えてくれた気がします。





本当に、本当に、本当に
見事なまでに素晴らしい演技でした。



「メダルなんていいじゃない!」
悔しい気持ちも確かににありますけど、
そう素直に思えたのは初めてです。






世界トップレベルの実力をもち
世界から注目され
世界中から愛され敬われる偉大なスケーターが
日本にはたくさん存在するんです。


本当に、これ以上
誇り高いことってないんじゃないかな。





宝物のような
夢と、感動と、温かな涙を
与えてくれた日本人の選手たちに
心からの感謝を
本当にどうもありがとう。




胸をはって帰ってきてね。
くよくよすることは何もないよ。
大きな大きな宝物をくれた
誇りある選手たちにそう伝えたいです。






素晴らしかった!!


みんな、そう思っているよ!!!
























真央ちゃん!!!!!



よくぞここまで……。
本当に、よく1日でこんなにまで立ち直したものですよ。
本当に信じられないくらい……。






同世代としてはやはり、
どんなに“天才”と幼い頃からうたわれ
いつどんなときでも
その世界の真ん中に存在し続けてきた彼女の姿は
ワタシの中でも格別なものでした。



苦しんで苦しんで
どんなにつらい状況下でも
絶対に笑顔は絶やさずに
“らしく”いようとする強さとたくましさ。



昨日の演技から
彼女の選手生命は終わってしまったのでは……と
身勝手ながらひとり絶望のふちに
立っていたのですが。



本当に、自分の足で、乗り越えたんだね。





こんなに心を動かすスケーターって
他にいるんだろうか……。









もうね、真央ちゃんの
こんなにも素晴らしいパフォーマンスを見れただけで、
ソチオリンピックは記憶に残る財産になりました。



今日は見ようか見まいかと
ずっと悩んでいたんだけど
(テレビがウザすぎて気分悪くなるから)
見て、本当によかった!!!!!




最強な真央ちゃんを見ることができたんだもん!!!











涙が止まらないっす。




ありがとう、本当にありがとう。






真央ちゃん、ありがとう!!!!!




螺旋のオルフェ

February 20 [Thu], 2014, 9:05



副題:メンタル完全崩壊。



























早朝4時半に何を思う……。















日本全国民すべての願いと期待を
あの細く薄い背中で
一身に背負い受けたひとりの若き少女の
戸惑いと動揺を隠せぬ
ひきつらせた真っ青な顔に……。














「私も何が起こったか……」なんて
マイクを向けたあのアナウンサーはバカなのか?







「信じられない結果」……、
いったいだれが
そんなネガティブな結果を想像して信じ込むと思うの?

















言葉はときに大きな刃物になる。





言葉はときに重い重い責任をうむ。









口に出した瞬間、
アナタは相手に鋭いナイフを向けて
両手に抱えきれないような
大きな大きなプレッシャーを与えたんだ。














無罪の殺人鬼だ……。






























4年前を思い出します。




病院に通うために
東京へ来ていて
両親と
通院を終えてから
その日、宿泊したホテルのテレビで
すべての結果を知りました。




おもいっきり落胆するワタシ。

「ま、しかたがない!」と
自分もおもいっきり悔しいはずなのに
前を向きなさいとばかりに
ワタシに声をかけてきた父様。


まるで、ワタシたち親子が戦っていたみたい。



そんなはずないのに。


でも本気で悔しかったな。あのとき。




すべての感情を注ぎ込むように
必死に応援してましたからね。









負けると悔しくて悔しくて
今でも涙が出ます。



戦っているのはワタシじゃないってのに笑










『おまえたちは人間じゃないのか?』



試合で負けても
平然としていた幼いワタシたちに
当時の監督だった先生は言いました。




ミニバスの試合です。


先生が新しく赴任されて
最初の大会だったはずです。



本当によく覚えてます。






『負けても
悔し涙も流さないようなおまえたちは
人間じゃない』



小学5年生だったと思います。


そうやって叱られて教わりました。




『素直な気持ちを
ありのまま表現しなさい』と。






負けたにもかかわらず、
悔しそうな顔を一切見せないような
愛嬌のないワタシたちが
子供っぽくなくて
かわいくなかったのでしょうね笑





だけど、
本当に、大切なことを教わりました。





それからと言うもの
ワタシの涙腺は見事なまでに
崩壊状態でしたけど……。








泣き虫で弱気で自信がなくて
「勝つ」ということが怖かった。





超小心者のワタシは
10年も経っても何も変わらず
ただただ弱い泣き虫のまま。







あんな大舞台で、
しかも、オリンピックという
世界最高峰の究極の場所で
国の誇りと期待を背負って戦うということは
本当にワタシには想像も絶する世界です。




勝てば英雄、負けたらハイサヨナラ……。




それが世界で戦う、
本気のアスリート、
すなわち“プロフェッショナル”であることの
宿命なのでしょうけど……。















今大会は難しい試合が多かったですね。




見事に父様のメダル獲得予想は
すべて大はずれでしたが、
きっとほとんどの方がそうでしょう。


日本中からため息が聞こえるよう……。




一方では歓声が上がり
大きな大きな喜びと幸せをもたらした
スターのような選手もいました。









女子フィギュアスケートシングル。
男子シングル史上初の
金メダル獲得の波に乗ってか
異様なまでの期待の高まりですね。




彼女の、彼女しか飛べないジャンプが
飛べたとか飛べないとか、
何回中何回成功したとかしないとか、
最初からずーっとずーっと
話題はそればっかりでした。




試合前の結果予想なんて
甚だしくくだらない。
そんなことをして
いったい何が楽しいのか……。




他にも出場選手はいるのに
特定の選手ばかりをピックアップ。




オリンピック期間に起こる
マスコミメディアの異常なまでの騒ぎ立ては
まるで暴走状態で
毎度のことながらほんとにウザいです。
感情丸出しの冷静さにかけたご説明、
本気で聞いてて気分が悪くなります。






異様な盛り上がり具合に
妙な違和感と耐え難いまでの
異常さを感じながら、
絶望感に蒼白な彼女の顔が
こびりついて脳裏を離れません……。


本当に大丈夫なのかな……。



心配でならないです……。











そこはあなたの舞台、あなたの世界。





まだまだ終わっていません。

日本人3選手の
悔いの残らないできうるかぎりの
全力パフォーマンスを祈るばかりです。












ズタズタのメタメタでも
自分の足で立ち向かわなくては……。





















しかしながら
ヨナさん、相変わらず点高いですね。
そりゃ完璧だったかもしれないけれど
ワタシのこのイロメガネからは
まったく心の動かされない
スケーティングにしか感じられなかった。
それに、後方の選手のほうが
ずっと内容のある演技だったように
見えたんだけど。
それこそだれかきちんとしっかり解説してくれ。
加点ばっかりって
つくづく素人にはわからない競技です。
どう思いますか?
(イロメガネ野郎より)

レビュー記念日

February 19 [Wed], 2014, 18:56


(記事最後方にてコメントをお返ししております。)




副題:バカヤロー少年。









なぜ人間は問題を複雑化するのか。





























ひとはどうして
我がもの顔で他人(ひと)のことを
語ることができるんだろう。












なぜなんだろう?


アナタとワタシは違うのに、
「アナタとワタシは同じよね」的な
妙な落ち着きと妙な説得力で
どや顔のまま迫ってくるのだろう。



もはや、当たり前のことみたいに
「アナタの気持ちもわかるけどね」
って顔してこっちを見てる。





不思議でたまらないんだ。











ア ナ タ と ワ タ シ は 同 じ で は な い 。












無自覚に他人(ひと)の地雷を
ずかずか踏んでくひとって、
いったいなんなんだろうな。







腹が立つ。










思ったことを
すぐ口に出してしまうワタシは、
昔、何度か
「あなたに何がわかるの?」って
本気で口にしたことがある。


そのひとの気持ちもまったく理解せず。

とても自己中心的で身勝手な発言だった。
いちばん言ってはいけない言葉だった。


でも、当時のワタシに
そんなあたたかな思いやりを感じる余裕はなくて。
(言い訳だけど。)


そんな未熟で浅はかだった過去の自分が
あまりにも大きすぎる過ちを犯してしまったと
今は心の底から反省している。





でもね、でも。



みんながみんな同じではない。



必ずしも、
アナタとワタシが
すべてまるまるおんなじだとは
かぎらないでしょう?







すべての人間が
自分自身と同じような
考えを持っているわけではないし
感じ方も違えば、受け入れ方も違う。



そもそも立場、境遇、
温度、気分、テンションや
心のキャパシティーだって
まったく異なるのに。





ひとと同じようにできるなんて
どうして思えるの……?









安易に言葉に表せられるようなことじゃない。


簡単に決めつけていいことじゃない。





そんなの絶対に許されないと思うんだ。








今はただ、そっとしておいてほしい。


そんなときだってあるんだよ。












余計な色をつけて物事を見ないように。






見せかけの“思いやり”で紡ぐ言葉は
アドバイスのつもりかい?



そんなの何の解決策にもならない。


だって根本的な問題点がズレてるんだもの。








わかってほしいわけじゃない。

べつに同意してほしいわけじゃない
(思いっきり否定されるのも
それはそれで悲しいけれど……)。




ただちょっと、
黙っててもらっていいかな?




静かに、そお〜っとしといてほしい。




それだけなんだ。










自分で乗り越えるべき問題なのだから。



























ガラスのハートかよΣ( ̄□ ̄)!!!


























前回記事に
コメントをしてくださいました
【ファン】さま。



コメントくださり
どうもありがとうございました!

本当に悩み落ち込んでしまいました。

大好きなのにこんな気持ちを抱く自分自身に
がっかりしてしまいました。
そして、期待できない今の現状に
もどかしさといらつきを感じます……。

冷却期間が必要ですね。
希望を見いだせるように
冷静に落ち着いて見極めたいと思います。














.
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:Kこ
  • 性別:女性
  • 誕生日:7月26日
  • 血液型:A型
  • 現住所:青森県
  • 趣味:
    ・音楽-春野寿美礼
    ・スポーツ-バスケットボール
    ・演劇・ミュージカル観賞-宝塚歌劇と春野寿美礼さんを愛してます!
読者になる

言いたいことも
言えないこんな世の中じゃ
POISON!!!


2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ファン
» TEMPEST −吹き抜ける九龍− (2014年02月16日)
グッチ 靴 レディース
» グッバイ・メリーゴーランド (2012年11月08日)
ズッキーニちゃん
» エクスカリバー −美しき騎士たち− (2012年03月28日)
ようこ
» 凍てついた明日 −ボニー&クライド− (2012年01月05日)
クラシコ
» FAKE LOVE −愛しすぎず与えすぎず− (2011年10月24日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE