もっぱら全世界の11基の都市のに属して靴製造を決めます

May 09 [Mon], 2011, 10:52
サラリーマンの着た靴に適することを評価して、どの種類の価格ラインとブランド、常用する陳述性語は“良いところがない”です。しかし、デザイナー達は依然として面倒なのを嫌がらないで自分の個性的な風格を設計した各式の靴の上に注ぎ込みます。


靴製造工場のおじさんの山東を決めてBerlutiを持つにとって、それは消費者が選んだ革靴の上で自分の好きな“刺青”を印刷することを許します。今のところのクリスチャンルブタンの所属の革靴のブランドのジョンか?洛河は(John Lobb)を配置して“首都の精密な魂”のシリーズの靴(Spirits of Capitals、価格の6000ドルが起きる)を出して、全世界の最も有名な11基の都市を反映することを目指します。

このシリーズは都市ごとにに2モデルの流行する風の靴(“22足の靴を着て通行する世界”を考えてみる)を出して、重点的にヨーロッパとアジアの都市(洛河が配置するのがこの大陸の小売店で最も多い)に突き出て、今のところまた大挙してオーストラリア、インドと南アフリカ市場(つまりいわゆる金れんが国家(Brics))に進出します。そのように底に着くどの靴ができ(ありえ)て最も流行っていますか?私達は選んですべての都市の1足の靴を代表して、それによってその設計に評点をつけて精密で要します。

パリのモデル

特徴:赤色と黒色のシリーズの皮革の帆の生地のオックスフォードの靴(Oxford)。

評価:DedarとVerel de Belval生地のする靴の表面のデザインを使うのはきっととてもきれいで、しかしこの靴を身につけていてモンテーニュの大通り(Avenue Montaigne)あるいは皇宮花園(Palais Royale)を歩いてエリゼ宮にある(Elysトe)に比べて国際的事務を処理してもっと満足する(もメキシコの淡い青色の製靴用の木型のデザインを出すが)に見えるようです……

ニューヨークのモデル

特徴:孔の本革の内装の楽ちん履きのゴムバンドの靴を打ちます。

評価:ピンクですと青い図案の靴の表面、その装飾面の色調はどんなに暗くて旧式に関わらず、間違いなく古い派の投資の銀行家の好きになるデザインですのことはでき(ありえ)ない。同様で、もっと流行する都市の政治のブローカーは恐らく靴ひものデザインがないことが好きで、しかしあなたの父の世代のこの人のかじをとる会社について、この靴は間違いなくどんな劇がない。

東京のモデル

特徴:バラの金はボタンの低いこと全部長靴に扮します。

評価:この靴のヒールはフリーボードで、そのためこの靴に任せて少し高い人に見えたいにとってきわめて良い選択です。扮して亮閃を掛ける下品ではありません。

香港のモデル

特徴:衣服のへり型皮革とワニのサメ皮の革靴。

評価:香港は現代芸術品がオークションして噴出が現れることに従って、靴の靴を着たで自分の身分が再び自然と越えないようなことを公表します。この靴は現在すでにみごとに売り出しました。

ロンドンのモデル

特徴:皮革と帆の生地の革靴(Derby boot)。

特徴:低く全部長靴は丈夫で、再びロンドンの気候に適して、本革のベルトバックルは高貴で優雅なことに見えます。この靴のロンドンでの金持ち区(Billionaires’ Row)のあちこちいたずらな部屋を身につけていてこの上なくちょうど良いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naisu001a
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naisu001a/index1_0.rdf