ネイル スカルプチュアのやり方を画像で

ネイル スカルプチュアは、ジェルやアクリルなどの材料を使用して爪の上部に人工的な付け爪をすることです。ネイルスカルプやネイルスカルプチュアは、アクリルリキットとアクリルパウダーで作ることの呼称で、ジェルのネイルスカルプチュア(ネイルスカルプ)はジェルネイルと言います。

ネイル スカルプチュア(ネイル スカルプ)は、最新の付け爪の種類で、個々の爪に合わせた形で作るから、付け爪ネイルの中でも美しさと丈夫さは最高のものがあります。

>> 楽天の激安ネイル スカルプチュアキットはコチラ <<



では、ネイル スカルプチュアのやり方です。

1)爪の形を整え、爪の表面をネイルファイルで荒らします。







2)ウィングフォームを取り付けます。







3)リキッドで方面を湿らせます。







4)ブラシにリキッドを含ませ、パウダーにブラシの先を入れ円を描くようにして適量のミックスチュアーを作りします。






5)気泡が出来ないように爪の表面を盛り上げるように塗ります。







6)筆で形を整えながら、5)の作業を何度か繰り返し行います。







7)爪の表面のミックスチュアーが硬くなったら、ネイルフォームを外しネイルファイルで形を整えたら完成です。






8)ネイルスカルプチュアキットを使えば簡単に出来ちゃいます。







アクリル系の素材を利用したネイルスカルプチュア(ネイルスカルプ)をご紹介しましたが、まったくの初心者には困難なので、慣れるまではネイルサロンでやる事をおススメします。

また、ネイルスカルプチュア(ネイルスカルプ)と自爪のずれが出てきますから、手入をまめにしなければなりませんし、スカルプチュア(スカルプ)を取るにはアセトンで溶かす方法しかないので、爪や周りの肌が傷んでしまうなどの問題点もあります。

ネイル スカルプチュアの作り方を動画で

ネイル スカルプチュアの作り方をyoutube動画でご紹介します。


画像で前述した意味が動画ならすぐ理解できたのではないでしょうか。

>> 楽天の激安簡単ネイルスカルプチュアはコチラ <<


また、ネイル スカルプチュア(ネイル スカルプ)は、画像や動画で紹介したように、爪にスカルプネイルフォームと言う極薄のシート状の土台を貼ります。その上に付け爪を作るのがスカルプチュアの特徴です。このネイルは簡単に脱着出来ませんので、取る場合はアセトンで溶かす方法しかありません。

ネイル スカルプチュア(ネイル スカルプ)の魅力は、仕上がりが自然で綺麗と言う意見が多く、本来の目的のネイルアートとは別に、爪を伸ばすと割れやすい人などの場合の補強と言う目的で使われる方もいるようです。

なた、最近のネイルアート情報によると、「カルジェル」と言うジェルとアクリルの良い所だけを取ったものも登場し人気を集めているようです。