中国ビジネスにウェイボーの代行 

May 18 [Fri], 2012, 13:21
日本の人口よりも多い中国のネットユーザー数。その数は世界最大規模の4.57億人だそうです。そんな中で中国のネットショッピングユーザーは2億人!また2011年の中国ネットショッピングの市場規模は、金額でいうとおよそ7500億元(約9.1兆円!)ともいわれ、その中でもアリババグループの淘宝(タオバオ)の占める割合は高く、シェアの9割を獲得しているといいます。

しかし、中国のweb市場に進出してビジネス展開を試みても、中国の経済事情や中国人の考え方等をきちんと把握した上で進めたほうが良いようです。当然のことではありますが、いちおう・・・。

このところのニュースでは、中国市場参入の外資企業が失敗ばかりでやむなく退却というケースが増えている気さえします。。世界の大企業であるEbay、Google、Grouponですら中国での安定した経営という点では困難に直面しています。日本ではヤフージャパン、楽天の中国サイト中止という発表もありました。

中国のネット市場に進出する上で忘れてはならないことは企業のローカル化だそうです。中国の優秀な人材を雇い、ローカル視点で戦略を立てることが肝要で、自国や他の国で成功したビジネスモデルを持ち込まないのがポイントのようです。「日本で成功したから中国でも成功する」「商売上手な日本人を多く使えばなんでもうまくいく」なんていうのは通じません。全てを中国語で迅速に行える中国人を使ってこそうまくいくというケースが多々あるそうです。郷に入らば郷に従えということでしょうか。

ところで、それ以外にも微博(ウェイボー)という、中国のミニブログがあるのですが、これが中国のネットビジネスではたいへん有効なのです。TwitterとFacebookの要素を併せ持っているのが特徴のミニブログで、クチコミなどの販促活動に大きな効果があるので、中国ではけっこう多くの企業が利用しています。

というわけで、ウェイボーを日々更新しつつ、お客様の対応も丁寧にやっていかなくてはならないのですが、それは専門の部署を設置しないことにはなかなか難しいことです。そこで、ウェイボー 代行をしてくれる会社を探すことが重要になってきます。もちろんウェイボーだけでなく中国にはさまざまなsnsがあるので、それらを上手に活用することが成功へのポイントになってくることでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagoya48
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる