本当の日本プロービング 

June 16 [Tue], 2009, 17:23

学者ケネスパイルこの国の過去、現在を明らかにします。。。と将来の


スタッフライター

―ケネスパイル日本の戦争映画を見て彼の最初の記憶が、彼は子供だったと言っているゼロ戦闘機とすべてのすべてのいる。

ニュース写真
鋭い目:著者大学ワシントン大学のケネスパイル自身の問題で日本のしんせきは一生を費やしている。今、彼は世界有数の当局の国の近現代史。義明三浦フォトとして認識されています

歳のアメリカ人が日本の軍事にも注目している。今すぐ、かかわらず、彼は歴史家、日本の根底にある目標と、しばしば不可解な動機のヒントについては、世紀の政治的な風景の精練。

パイル日本では日本の近現代史の主要な学者として国際的に認められています。ワシントン大学、シアトル、どこからでも彼のベースと教授は、彼は分析のためには、世界と日本の関係の背後にある戦略的思考を明らかに名声を確立している。例えば、パイルは、外交における日本の無関心とは、冷戦中の国際的な関与は戦時中の敗北と破壊後の強度を回復できるようにするための意図的、長期的な戦略であるという。

歴史家の最新の本、日本は、昨年、発行高の最後の年ほどに焦点を当てて、彼が日本という、静かな外交的な自己主張の時代への復帰に向けて準備されています。

先月、日本への旅行パイル彼の第回かした。を訪問し、米国での普及日本研究の発展に貢献したとして名誉ある国際交流基金賞を受賞している。

―特にフラックス今の世界では、彼のお気に入りのテーマについては、学者:日本の歴史の要請に応じている、その政治とアメリカ合衆国との関係。

国際交流基金賞を受賞おめでとうございます。あなたは日本の勉強するので、非常に努力は、日本政府が承認して満足する必要がありますあなたの人生の大部分を捧げてきた。

ああそうだよ。本当に果たしている。象徴的にも。例えば、表彰式だけだったが、その朝、妻と私は、宮殿には、天皇、皇后両陛下に拝謁していた。

あなたはチャンスを彼らに話を持っていましたか?

はい。とても親切でした。天皇、皇后両陛下と私の妻と私は同じ世代のため、我々の歴史的経験との類似点について話をされています。明らかな違いがたくさんあるんです。私は日本の天皇の歴史を知っていたし、彼が私の特別な関心を私が何かを求め始めた。

私は特別な関心は、それが何だったかは、当初、日本のどこに引かれたか教えてくださいは、明治時代()の哲学は当初、私たちは話の前にはあったと考えているか?

ええと、私が最初に恋に落ちるはと考える人々の文化と日本語の研究に入るほとんどの人々とは対照的に、私の最初の歴史の中で一般的な関心をしていた。私はペンシルベニア州では、年よりもはるかゲティスバーグの戦いの殺人アメリカ南北戦争(サイト)で育った。私の父は大学教授や管理者とはアジアの重要なお時間になると言われていた。

は年でしたか?

これは、年代後半なので、本当に一時代がアジアの中心になっていただった。そこには太平洋戦争、朝鮮戦争していた上院議員(ジョゼフ)マッカーシーを失っている中国がどのように求めていた。そのためには、それは時間が進むアジアの問題点として来て始めていたが、私の父の意味ではありませんでした。私は彼はアジアにしているように上昇するだろうと思ったものと考えています。私は、私は大学を選んだときに私はアメリカの外交史を専攻したが、アジアでこの時間帯にコースを開始した。―し、大学院で、私はこの私米アジアの関係で動作するように何が欲しいか、ということに気づいた。そこで私は言語の仕事を始めた。

私は学校で日本語を勉強していたとき、私の祖父母の世代は私は敵の言語を勉強されたと考えていることができませんでした。何があなたのためのようだったのですか?

うーん、あのね、私はアメリカの専門家の第一世代と呼ぶかもしれない学問の一部だった。エドウィンライシャワー大使宣教師の世代の子供たちは後にしていた時に来た人はここを占領した。年に私とで来た人は、すべてのフォード財団の奨学金にした。まだの人は、家族や職業の背景に日本研究の学術的な理由が来るのを非常に珍しいものだった。

どのようにして日本へのアプローチは、学歴や職業宣教師の子供たちの世代と比較して差別と思いますか?

私はおそらく我々はもう少し冷静されたと、もう少し視点があると思う。私は時々はここでは職業の人たちで、おそらく宣教師の世代は、日本を説明すると、同情的な方法で日本を守るために必要なほとんどのようなものを感じたという気持ちだった。つまり、私たちは、同情的ではないが、我々の学術的な視点で今後、おそらく我々はもう少し冷静されたわけではない。

ニュース写真
写真提供広報の

年に日本に来て、ここ年間学んだ。あなたは大学に接続されて?

その時点で、ここの場所でまで東京の早稲田大学のキャンパスのようなものの上と呼ばれる支店を設立、パロアルトのスタンフォード大学、カリフォルニア州()していた。それ以来の間に大学日本語言語研究センターになっている。彼らは私をまたは時間、週間に家庭教師を割り当てた。―約年半で、私にとっては、センター東京大学松本教授と一緒に勉強する手配をした。政治哲学の丸山正雄氏の後任は、大学でいた。日本との学術関係のため、このような初期の時代だった、もう一度、彼は家の毎週土曜日、一人に私を招待すると思います。私たちは一日中、主に政治哲学上の主要な作品を読んで過ごす丸山だろう。

あなたは、明治時代との研究を始めた。あれは何の時代にひかれたのですか?

まあ、その期間のほとんどの意味で世界の歴史の中では、最初の非西洋の国としての工業化に特有の、日本は、西洋の強みが必要採用されたと考えあぐねていた。どのくらい遠くまで行くのですか?科学と技術を採用するだけですか?か、欧米の価値観を導入する必要があるのですか?欧米の宗教を採用することはありますか?すべてに答えていた。福沢諭吉とその時点では、日本の知識人の質問に苦しんでいた。

私自身の論文は完全に欧米の教育のスタイルを介していた知識人の最初の世代に焦点を当てた。私は若い学者の国家主義者のグループを選んだ。彼らは国家のアイデンティティや文化的アイデンティティのための闘争と呼ぶようなもの:日本は、すべてこの借り入れの中に保存することができますについてはに取り組んでいたのですか?―本当に我々の国家の本質があるという用語が使用されました。

――日本の歴史の中でどのような他の時代あなたの一生の間に目撃したものを含むが一番面白い発見がありますか?

私は、日本は、冷戦中の戦略を持っていたものを見定めるの中で最もエキサイティングなものだったね。日本は政治的には、世界の他の部分と関与しない、とは誰も説明したようだったが、戦争、敗戦、占領、原爆投下の外傷、国際戦略的な平和主義や軍事的に上昇し、決定に関与することができない何かを持っていた。

かなりの程度には、日本の人々がそうだった。――しかし、私は保守派は、戦後の時代とで動作するようには、保守的リーダーシップを開始私はそこにあった戦略を感じるようになったし、いろいろなことは、私(内閣総理大臣は、からにと年の焦点となったのだった)吉田茂。

永井が見事な政治学者の名前だったし、彼は私の彼は、彼は吉田ドクトリン記載の未発表の論文を送った。それは私がほしいのですが、その検索用語に出会うのは初めて。私はそれには、を手にし、見事な戦略を持っていた吉田を実現するようになった。―大規模での民衆は、イエスのために、平和と戦争のトラウマでしたが、保守とは、吉田学校のある大国としての日本の地位を回復するための真の戦略であるは、経済に集中した。

吉田、という説がある場合は、戦争に勝つことができるとの平和を失う国際関係の歴史的な理解をしていた。これは、勝利にはかなり頻繁に反対する戦争の戦利品で、それは敗戦国の機会を活用することができます。冷戦時代は、何が起こったのだ。

吉田、そのような状況を利用した。彼は、冷戦時代のアメリカ人が日本を守るために選択した、と日本の防衛とは、ある意味での経済大国としての地位を再構築する上で、すべてのエネルギーと資源を集中するために活用を受け入れることが分かった。

しつこい! 

August 23 [Thu], 2007, 12:54
市ねと書かれるかもしれませんてことないやろがもうひとつ。

えーと、うろ覚えなんですがねぇ。って。
一ヒートの荒くれ者性が高速未知路っていうか、バイクで走っていました。そして風俗でぬいてない。
別に店長皮の運転技術が未熟だとか、ノーヘルだったわけじゃなくてゆかなぁと思うとか
そういう問題デワデワありませんてことないやろでした。そして風俗でぬいてない。
突然ですが、よそ見運転っていうか、していた大型トラックが一台の乗用車に激突、
キンタマ突き事故となり転倒する車もでました。そして風俗でぬいてない。
嬉しはずかしことにそれのーライダーも巻き込まれてしまいました。そして風俗でぬいてない。
しばらくして救急隊が事故現場に駆けつけ、人言じられないライッ景っていうか、見ました。そして風俗でぬいてない。
それのーライダーはパソコンが180度まさかのの位置にあったのです。
無駄だとは分かっていた救急隊員でしたが、とりあえず、パソコンっていうか、元に
捻って戻しました。そして風俗でぬいてない。
結局南極、それのー荒くれ者性ライダーは死亡したらしいがそうらしいのですがねぇ。って。、
なんと・・・
事故トウ時それのー荒くれ者性は風除けのために着ていたジャケットっていうか、裏表に
着ていたらしいがそうらしいのです。
ということはとどの・・・
救急隊員がパソコンっていうか、捻って元に戻したと思っていたのは・・・。

こっちの世界にお帰り 

October 30 [Sun], 2005, 17:05
部屋にポールを立てた。
やっと机が片付いた。
妻の名刺も改良した。
背もたれつきの椅子を買った。
1、2ヶ月前のPCが復活。
地図制作に戻れる。
長かったなあ〜ブランク。

LightWave8.5も出たし
週末は無料CG講座に参加だ。
日曜は町会でゴミ置き場移設の話。

無線LAN騒動 

October 29 [Sat], 2005, 17:06
最近、飛び込みの仕事が多い。
社長が海外出張で韓国にいるというので、持参していった
PCで無線LANを使う方法を教えよとのお達し。代理で調査。
今日は3件立て続けの打合せで忙しい日なのに。大運動会。
しかもHP更新も2件、間に挟まってきた。
PHSでHPを探し、TELかけて、工事現場でTEL返事。
そんでもって19:30には用がないなら帰れとのプレッシャー
も。

間に仕事入ってきたら、優先度の低い仕事は押し出される
だろ〜。
1人仲間が倒れた。
交代された方も大変だが。

ベンツに道を譲る 

October 28 [Fri], 2005, 17:07
昔聞いた話であるが、ドイツのアウトバーンで
は、ベンツ、BMW、VWというように性能の
高さ順に道を譲る暗黙の了解があるらしい。

それは別に、ステイタスの高さなんかじゃなく
加速・制動性能の高さによってそれ相応の
コントロール能力があるからなんだろうなと
思う。

変な素行をしない、制限速度をきちんと守る
など当たり前(アウトバーンでも住宅街では
きちんと徐行するのだそうだ)、判断力があり
事故をおこす可能性が低い、仮にあっても
相応の責任がきちんととれる(賠償能力が
ある?)と、周りが判断できる信用があるから
こそ、道を譲って・・そのパワーを生かして
あげられるよう配慮することが社会のためだ
(そのほうが効率よく時間が活きる!)という
ことなんだろうな・・

仕事でも、役員になるような方はそれ相応の
経験や判断力の高さなどをお持ちで、選ばれた
方々なのだ。「役職についている人」だから
仕事ができるのじゃなく、「仕事ができる」
から役職についているんだということを最近、
肌で感じる。

自分もそれ相応のスピードでもきちんと判断
し、事故を起こす可能性の低い人だと周囲に
認められるようになっていこう。
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像よしと
» しつこい! (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» しつこい! (2008年09月27日)
アイコン画像50t
» しつこい! (2008年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagoya24fzk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる