日々更新のつぶやきデス

■プロフィール■
■  名前  ■ イワコ
■ 誕生日 ■ 11月29日
■動物占い ■ 黒ヒョウ
■住んでる所■ 富士山麓
HPはこちらです →和月




2011年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
あいしゅー / 2011年06月19日(日)


ガリガリ君デビューしたムスメ。
4月から氷を食わせてたせいか、かき氷系のアイスが大好き。
ついに勝手に冷凍庫開けるようになった。

スーパーでポッキンアイス(チューペット?)を見つけて
オッキンアイシューあったねー!と大声で騒いでる1歳児がいたら、
それ、うちです。

まだたいして暑くもないのに1日に何回もアイス食べたらまずいよなー。
思ってるけど、大泣きされると弱いの…
 
   
Posted at 19:27 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
退院後 / 2011年06月11日(土)
9日に退院しまして、実家で過ごしております。
のんびり、といきたいとこだが、上のムスメが大騒ぎで休まらん。
梅雨が明ければ外遊びで発散してくれるんだけどなー。

腹の傷口は抜糸後もちゃんとくっついてます。
ばっくり切ったのに簡単にくっつくもんなんだね。
驚き。
それともやっぱり名医なのかしら。
笑い上戸だけど。


息子の名前は某夏戦争アニメからとって本当にカズマにしてしまいました。
将来キングって呼ぶんだ(?`・ω・´?)

よく、アニメが好きなので子供にも同じ名前を付けました☆キャピ みたいなのを見るけど、自分が付けてしまうとは思わなんだ。
でも、いいよね。
今時かぶらない名前探す方が大変だし。
でも、エヴァが好きで子供の名前はシンジにしました、って言ってる親はダメだ!
あの鬱展開についてどうにも思わないのか小一時間問い詰めたい。
テレビでやってる当時は何も思わなかったけど、今アニメor映画見ると正直苛々するです(?ω?#)
ぐじぐじすんな!
 
   
Posted at 14:29 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
帝王切開 おぼえがき5 / 2011年06月06日(月)
〜術後〜編

ダンナがもう仕事戻るねまた夜来るねって言って、
そういえばダンナの家族はその時はみんな帰っていなくなってたけどいつ帰ったのか定かでない。
それくらいぼーっとしてた。
下半身は全く動かず、太ももさわると冷たくて自分のものじゃないみたい。
自分の母親だけは遅くまでいてくれたけど、やることないから横でゲームしてた。笑

夜にダンナさんが来てくれた時は昼より頭がすっきりしていて、いろいろ話せた気がする。

そして1日目夜。
麻酔がきれかかってても意外とのたうちまわるほどは痛くない。
これなら過去の生理痛の方が痛いぜ、とか思ってた。
こっちは後陣痛よね、こっちは切り傷の痛みよね、みたいな痛み観察会。
もっと痛くなったら看護婦さんに痛み止めもらおう!って決めてたけど、結局もらわずに朝まで過ごしちゃいました。
そのせいでほとんど寝れなかったけど!
点滴変えたり血圧と熱はかったりとかで1時間ごと看護婦さんが来てくれてたのに、
完全に言うタイミング逃した。
もう少し痛くなったら、とかいらなかったんや!
痛いんだから普通に貰えばよかった!!
耐えた意味がわからん!

そんなで初日は終了。
寝不足で2日目突入。

朝、膝も曲がるようになったので、足につけていたマッサージ器をはずしました。
でも太ももは相変わらず冷え切っていて感覚もにぶく、完全に麻酔薬がなくなったわけじゃなさそう。
昼過ぎから歩いてもらうから、って言われてもちょっとムリじゃないでしょうかこんな身体で…

しかしそのムリをさせるのであった。

足を床に下ろす動作だけで5分以上かかる。
どう動いてもお腹痛すぎ!
ぶるぶる震えながら看護婦さんにつかまって壁際に沿ってよたよた歩いて1時間ほどかけて診察台へ。
健康な人なら歩いて1分かからない距離w

診察台では背中の注射針を抜いたり導尿の管抜いたりお腹の傷口を確かめたり。
それだけでもかなりしんどくて、ここが一番の山場だった。
会話も成り立たないほどw
先生や看護婦さんに話しかけられても、うん、とか、あー、とかしか言えない。
その相槌さえもたまにスルーww
それほど辛かったのよ!察して!

ベッドに戻る時はまた同じ苦しみを味わいようやく一息。
6時頃自分でトイレ行ってみてくださいねーって言われて、またあの苦しみを味わうのかと愕然。(導尿してるとおしっこ行きたい間隔が狂うから行きたくなくてもとりあえず行くように言われた)
そっちは30分くらいかけて行きました。

ガスとの戦いも昼過ぎからはじまっていて、お腹がぐるぐる言うのに下からは出ない。
オナラするにも腹筋って使うのね。はじめて知ったわ。
オナラを我慢した時に腸内を空気が移動する感覚、おわかりだろうか
あれ、めっちゃ痛いww
下っ腹切ってるからね。
空気動くだけで、ぐぬぬぅってなる痛み。
でもオンナには戦わねばならぬ時があるのだー!ぬわー!って言いながら(言ってない)
6時半過ぎにガス出てここでようやくお水解禁!!
水うめえー

ガスとの戦いはこれで終結ではなく、この後も続くのだけど。
というか、夜間が本当に大変だったのだけど。
割愛します。

痛みは3日目4日目になるとかなりマシになって、1人でもある程度動けるようになりました。
しゃがんだりはできないけど。
ご飯も、スープ→重湯→おかゆ(ほぼ水分)→おかゆ(ほぼ米)のステップを踏んで通常食に!
固形物うまうま!!
こうして入院中少しずつ元気を取り戻して退院していくのでした。

帝王切開、普通分娩、どちらが大変かなんて比べられないです。
どっちも命がけ。
でもちゃんと普通の生活に戻れるんだからすごい。
人間ってのは生命力にあふれてるなあ。

以上、帝王切開の覚え書きでした。
 
   
Posted at 09:46 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
帝王切開 おぼえがき4 / 2011年06月05日(日)
〜手術中〜編 その2

胸の前につっぱり棒のようなものがきてそこに布がかけられました。
あ、やっぱり自分から下半身見えないようにするのね。そらそうだが。
そしたらすぐに先生の「はい、切るよー」の声。
思わず「え?もう切るんですか?!」と私。
躊躇いなさすぎだろ。心の準備が…とか言う前に「もう切っちゃったよー」とののんびりした声がかえってきました。
早!
まあいつまでも躊躇ってても意味ないんだけど。

ここから意識が半分朦朧として酔っ払った時みたいになった。
聞こえてるししゃべってるけど上滑りしちゃう感じ。

髪が焼けた時のような焦げくさい臭いがしてきて、何ですか?って聞いたら電気メスで切られてるとこだったワロスwみたいな。
どうりでジージー言ってると思った!
タンパク質の焼ける臭いがするんだね。
霜降り肉は焼いたらいい匂いがするのに、どうして私は焦げ臭いのだろう、きっと霜降りではないからだ!とかうわ言のようにしゃべってました。
先生も、霜降りみたいな人たまにいるよー。あと、この人は刺されても致命傷には至らないなあ、みたいな(肉厚な)人もいるとか言い出して
楽しそうにさらりと暴言はいたなーなんて思ったのを覚えてます。

もう赤ちゃん出るよ、お腹押されるよ、って言われたけど
そういう感じじゃなくて、マッサージ受けにいって腹を左右に揺すられてる感じがした。
どっちにしろ気持ちよくない。
また吐き気がおそってきたところで腹から赤子が取り出されました。
ぎゃーぎゃー泣いたから見えなくてもすぐわかった。
あー出たのね。痛みは本当にないのね。すごいわってのが感想。

吐き気がするって伝えたら、
赤ちゃんと写真撮ったら薬強いの入れるからねー、って言われて
メガネ蹴られたりなんなりして写真をとった後

意識が急にとんだ。

そういえばお腹から歯医者でよく耳にするような(ヨダレ吸引する時の)音が聴こえてたけど、あれ胎盤とか悪露を出してたのね。これは後で思い出したこと。
先生がカンシ、とかなんとか縫合用の指示を出してて、この先生おちゃらけてるけどちゃんと先生なんだなーって思ったのは覚えてる。
本当、私、失礼。

はっとしたら看護婦さんがまわりを取り囲んでて
せーのって言われて下のバスタオル?ごと担架に乗せられた。
しらないうちに腹も縫い終わり、パンツと腹帯もされ、服も着せられてて
え?!なにがおこった?! みたいな。

そのまま押されて廊下に出たらダンナやら家族やらがいたけど、まるで特急電車のように横を通り抜けていった。
誰かが何かをしゃべった気もする。
部屋についてまた持ちあげられて、ベッド直されたり点滴の直されたり足にマッサージ器つけたりされた。たぶん。
で、気づいたら家族がベッドを取り囲んでてお疲れーとか口々に言うの。
まるで夢のようにほわほわしていたけど、
夢じゃなかった!!

酔っ払いモードの頭でいらんこと口走った気もする。
手術編は以上です。
術後に続くよの!!
 
   
Posted at 22:41 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
帝王切開 おぼえがき3 / 2011年06月05日(日)
〜手術中〜編 その1

まず台の上で横向きに寝るよう言われます。
cの字みたく身体をぐぐっと丸めて。
どっちかというとqって方が感じが近いか。
背骨をぐりぐりチェックされて消毒を3回。
で、ブスッと麻酔の注射をされました。
思ったほど痛くなかったかな。
注射されたなー。う、あいたたた。くらいな。
2本上下に刺したのか正確にはよくわかりませんが、足がじわーとなってきて
え?もう感覚ないの??みたいな。
正座して足の感覚ない人にあっという間になれた。

で、ごろんと上向きにされるともう下半身が全く動かない。
驚き!もつかの間、視界がぐにゃあ〜とゆがんで吐き気がしました。
リアルカイジの世界!ざわ…ざわ…
看護婦さんが、70-30です、みたいなことを言って先生がなにか指示して注射を追加されたら(点滴の管からすぐ追加できる!すごい)
意識がはっきり戻って吐き気もおさまりました。
今の、血圧ですか?って聞いたら、そうだよーとの答え。
下がりすぎww
死んじゃうww
普段から100前後しかないけど。
人によっては麻酔直後に血圧ががくんと下がるそうな。まさにそれだった私。
本番前にびびらされる。

ここで先生がアイスノンみたいなので身体のあちこちを触っては感覚の有無を聞いてくる。
そういえば冷たさって一番痛覚に近いとか誰かが言ってた!

下っ腹をすーすーする感じがして、どうやら導尿の管をつけられる。
痛くはない。
お腹を念入りに消毒されていよいよ切開です。
続くのよ!
 
   
Posted at 22:08 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
帝王切開 おぼえがき2 / 2011年06月05日(日)
〜手術前〜編

昼ご飯も食べれず腹をぐーぐー言わせながらベッドでくつろいでいるところに母親到着。
1時半から手術の予定だったのでその1時間前にきてくれました。
そこからダンナの母親と、仕事を途中抜けしてきてくれたダンナと合流。
ベッドを囲む1畳くらいしかないスペースでしゃべるしゃべる。
あっという間に看護婦さんが呼びにきて手術の時間となりました。
おしゃべりのおかげで緊張しないでよかった。

手術前にトイレに行くように言われたけど、ここで歯磨きをもう一度しておけばよかったなぁと後悔。
何も食べてなくても1日たつと口の中気持ち悪いことになるから!
術後は腹が痛くて起き上がれないので。

手術室に入ると先生も看護婦さんもみんな手術着で(あたりまえ)
ドラマでよく見るような手術ライトにメスをいっぱい載せたトレイ!!
あわわホントに腹切られちゃうのかよと思ったらちょっと震えた。

手術台によじ登り全裸になるよう指示されます。
いよいよ手術か…!
続くわよ!
 
   
Posted at 21:34 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
産まれまんた / 2011年06月03日(金)
帝王切開の覚え書きと前後しますが、とりあえずご報告です。



本日6月3日、14:31無事に男児を出産しました。
2764g、49.5cmの若干ほっそりしたぱっちり二重のイケメンです。笑
脚長かった。
しかも完全に膝下伸び切ってた。
(前屈の姿勢を想像してもらえると吉)
体操選手じゃないんだから。
腹の中で回転しなかったのも納得。
仕方ない子ねー。

腹から出された瞬間からわぁわぁ泣いてこっちがびびったわ。
ムスメの時はあんなにバタバタしてなかったし、泣き声もふにゃあーうぅんーみたいな感じだった。
男の子ってホント元気なのね。

んで、身体拭いて私の顔の横に連れてきてもらったら、メガネ思いっきり蹴られた。
こいつ…!!相手の無防備を逆手に先制攻撃か…!
末おそろしい。

と、まあそんな感じでした。
これ書いてる今は未だ麻酔が半分かかったままの状態で、
足指がようやく自分の意思で動くかな動かないかな、というところ。
膝を折ったりするのは全然ムリな話。

お腹は痛いけど、そっちもまだ激痛ではない。
たまに切り傷的な痛みがわーってなったり
後陣痛的な痛みがぐぅーってなったりするけど
のたうちまわるほどでない。
浅く息をしてのがせるレベル。

発熱はしてて、今は38度ほどあるけどそっちもそんなにつらくないかなあ。
汗かいてて気持ち悪いんだけど、下半身扇いでみても涼しくはないんだ。
麻酔されてから私の足は「ずっと正座してて感覚なくなっちゃったよ」状態。
触られてる感覚は少しずつ戻ってはきてるですが。

と、ここで一度アプリが落ちたので、
術前、術中、術後の詳しい話はまた後日書きます。
忘れないうちに。。
文章消えてなくてよかった!
それが冷や汗かいた!
 
   
Posted at 22:23 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
帝王切開おぼえがき / 2011年06月03日(金)
まだ産まれてないですが。
午後2時くらいからお腹くぱぁしてきます。
忘れちゃう前に&元気なうちにここまでの流れを。

朝、8:30に病院来てくださいって言われてたので、7:50に起きた。w
昨日届いたばっかのキャサリン(PS3)やりすぎて寝不足ww
自分の支度はすぐ終わったけど(すっぴん+朝食抜き)、ムスメにご飯食べさすのに時間かかったり一ヶ月ほとんど開けることになるアパートの片付けやらコンセント抜きやらゴミ出しやらで、家を出たのが8:15。
ダンナの実家にムスメを預けて病院ダッシュでぴったり半に到着。

超音波と内診で逆子治ってないのを確認(´・ω・`)
昨日の晩くらいにグルっと回る予定だったのにおかしいな…。
二階に上がって部屋に荷物おいてダンナと説明うける。
先生が術後に合併症の可能性も、とかって言うもんだからダンナ超びびるワロw

個室頼んだのに部屋に空きがなくて2人部屋にされてしまいガッカリ。
電話もゲームもテレビも思いきり楽しめないじゃない!
と、ダンナさんはお仕事あるのでここで離脱。
また産まれる頃休憩もらってきてくれるはず。

陣痛室で子供の心音測って(30分くらいかな?)
点滴して(貴重な栄養分!これで明日まで断食!でもすでに腹へり&喉が乾いているピンチ)
浣腸して(何度やっても慣れないキモイ)
10:30ようやく親に連絡とった。

午後まで時間あるから、
11:00ブログに覚え書き←いまここ

朝の内診で子宮口ぐりぐりされたせいか、陣痛ぽいものもある。
と言っても30分に1、2回で
腹張ってて痛ぇなちくしょう、くらいの痛みだけど。
前回の出産みたいに奇声をあげたり暴れたりってのは今のところ無いです。
点滴が太めでちょっと痛かったかな。
割と注射は平気な方なんだけど。

今まで生きてきた中で、大きな手術なんてしたことないので今後の痛みがわからない。
一番痛かったのは陣痛、次に鎖骨骨折かなあ。
親指下あたりをカッターで切って3針縫ったのも痛かったけど。
指の爪を麻酔なしでめりめり剥がしたのも痛かったけど。

まあとにかく、術後が痛くないといいです。

さっき看護婦さんに「こんなに妊娠線が無い人も珍しいよー。きれいなお腹だねー」って褒められた。
なのに傷付けるのね。
しょぼん。
あっさり傷も目立たなく治りますように。
 
   
Posted at 11:06 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
38週 / 2011年05月30日(月)
6月3日に帝王切開でほぼ決まりんぬです。
自然分娩とどっちがいいのかもうわからなくなってきた。
帝王切開もいいとこあるよね。
陣痛ないし。
予定日わかるし。
保険おりるし。
聞くところによると帝王切開は黒字になったりするとか。
まさに身を切って稼いだ金…!!

デメリットはやっぱり痛みと傷跡よね。
特に産後の後陣痛は傷とのダブルパンチで痛いだろうし。。
あと4人以上の子沢山家族の夢は遠のいたわけだけど。
そんなに産む気もなかったけど。

直近最大の問題は上のムスメの抱っこ&頭突き攻撃をどうかわしていくかってことかな。

 
   
Posted at 11:37 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
37週 / 2011年05月23日(月)
GW明けの先週、検診に行ったら逆子と診断されました。
臨月(36週)入った、ここにきて逆子。。。
検索かけても28週とか30週とかの体験談しかでてこねえw
気休めはいらないから!
出産直前に逆子って診断されて治った人の話がききたい。

来週までに治らなければ予定日待たずに手術です…
病院都合で6月3日。
15センチも切りたくない。
絶対、陣痛より痛い。
子宮は横に、皮膚は縦に、切るんですってよ。
こわわー

今まで逆子体操なんて縁もなかったけど、なんとか好転しないかとやってます。
まあダメならダメで仕方ないんだけどね。
腹の子まだ2500gくらいしかないから普通に産んだ方が楽だろうけど。
前回の出産から時間もたってないから普通に産んだ方が楽だろうけど。

逆転検事2ポチったから病室でこっそりやるんだ。
個室頼んでおいてよかった!
 
   
Posted at 14:56 / 日常 / この記事のURL
コメント(0)
P R







最新コメント
アイコン画像イワコ
むだい (2008年09月21日)
アイコン画像ろかス
むだい (2008年09月10日)
アイコン画像イワコ
サファリパーク (2008年06月01日)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!