若葉の季節へ。

April 02 [Mon], 2018, 17:02
あっというまに桜の満開の時期は過ぎました。
もう若葉がいっぱい顔を出しています。
高速道路から見える山々の中もところどころピンクの桜が彩りを添えていました。
散るからこそ美しい桜。
今日は雪のように舞っていました。
桜吹雪。

公園にいると思いだします。
あったかい時間は確かにそこにあったなと。
あんな顔こんな顔。
引っ越し先で頑張っている友人とお子さんを思いながら。
いつもの公園の道を歩きます。

表情豊かに笑う可愛い子。
たくさんお話を聞かせてくれる輝いた瞳。
あんな子達がそばにいたら
うちの子も幸せだろうなぁと。

せっかく知り合っても
いろんな理由で離れてしまいます。
自分の子と歳の近い、かわいい女の子、、男の子。
その子たちの笑顔を思いだしながら
私も頑張らねばと思います。

あたたかい気持ちをくれるのは
友達とか他人ということが多い自分ですが。
それもある意味幸せなのかもです。

過去も今も。
優しい人々から受けた嬉しい出来事の数々。
たとえ理不尽な思いをしても。
冷たい人にがっかりすることがあっても。
強くいられる気がします。


これだけは言える。

March 04 [Sun], 2018, 11:51
子供どうしもともと相性が良くても
親同士が関係がよくないと壊れます。
親がよその子に敵対心が強いと
その親の子も敵対心持ち始めます。
よーくわかります。

女の子ママどうし。
男の子ママどうし。
ある程度大きくなるまでは
避けられないことなんでしょうか。
よその子の容姿や出来不出来を意識しすぎて
子供たちが犠牲にならないようにしたいものですね。

可愛いと言ってくれるのは嬉しいです。
それに嫌味入ってるとげんなり。

先が思いやられるわねー。
小悪魔だねー。
とか思ってても普通言う?って感じですが(苦笑)
教養ないですね。
残念・・・・・・。
育児ストレスのはけぐちになりたくない。

新鮮。ある意味。

March 04 [Sun], 2018, 11:39
仕事を持ちながら子育てしている人が
大変だけどよく頑張っていると思われるのは当たり前だけど。
子供が小さいうちの子育ては働いてようが専業だろうが同じで。
育児家事等は仕事に匹敵するからですね。
ただ専業はよその子やお母さんが気になる人が多いので
余分なこと考えたり気づかいしたりが多くなります。
仕事をしている人は子育てばかりに頭がいかないから
そういうしがらみがなくてうらやましいことも。
いろんな経歴の人が集まる親関係で人数増えると・・・
わかりあえないことも多いですし。
でもなんとか頑張っていますと言う感じで。

自分でご飯作るか外食しないと食べ物にありつけないのも
1人暮らしの人と同じなんです。
プラス作るのを家族が待っているという自分のペースでは動けない感じというか。

土日関係なく私の日々はすぎてゆきます。
子供と目いっぱい関わりながら。
この際楽しんじゃってます。
よそのお子さんも可愛いです。
私目線では。
こういうところが他の人と違うから
わかりあえないんでしょう(苦笑)

人間観察。
いい勉強になります。
今も昔も。
自分も子供もこんな風に見られてるんだって
驚くことも。
新鮮です。