スポンサードリンク

カーテンの役割
2008.09.19 [Fri] 19:22

カーテンには実に様々な役割があります。
そこでカーテンの役割について紹介していきましょう。
まず、カーテンの主目的は外部から部屋の中を見れないようにするということがあります。
プライバシー確保のためですね。
そのほかに太陽の光をさえぎる遮光です。
また、夏の暑い日ざしから部屋の中の温度を保ったり、冬の寒さを和らげるための断熱ですね。
また、防音効果をもたせたり、間仕切りに使用することもあるでしょう。
しかし、カーテンはその用途に合った選択をしなければ意味をなさないことがあります。

そこで、カーテンを選ぶときにはその部屋に合った用途を考えて装飾性だけで選ばないようにする必要があります。
しかし用途目的だけでは味気ないのでやはり、装飾性も加味した選択をしてください。

シックホームで問題となる化学物質
2008.09.18 [Thu] 17:11

シックホーム症候群の発生原因となる物質には実にさまざまな化学物質が存在します。
まず有名なところではホルムアルデヒドがありますよね。

ホルムアルデヒドは以前は有機溶剤として接着剤に多量に使用されて今いした。
以前はそのため、合板を使用した壁や天井からホルムアルデヒドが大量に発生していました。
最近では接着剤にもVOC低減対策商品が使用されることから、ホルムアルデヒドはまず使用されることはなくなりました。
そのほかのシックホームにかかる原因とされている化学物質には以下のものがあります。

トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン、クロルピリホス、フタル酸-n-エチルヘキシル、ダイジノン、
アセトアルデヒド、フェノブカルブなどがあります。

これらの化学物質を完全に取り去ることは実質上無理がありますが、厚生労働省で使用量の指針が決められています。
この指針に則った製品はまず問題なくシックホーム対策をされているといえます。

住宅を建てるのに最適な土地とは
2008.02.18 [Mon] 19:17

マイホームを建てる時にどのような土地を購入したいですか。市街地の1等地に自分のマイホームを建てたいと思う人もいるかもしれません。しかし、土地から購入して住宅を建てようと考えている人はなかなか市街地のような土地を購入するのは難しいのではないでしょうか。
また、そのような場所は人の往来が多すぎてちょっと住宅として住むには住みづらい場所だともいえます。オフィースや店舗なら良いのかもしれませんか。住宅はやはりある程度静かな土地が良いと思います。
ではどのような場所が住宅地として適しているのでしょう。最良の住宅地の判断は人それぞれで決まりはないのですが、空気の澄んだ環境が良いのであれば地方の自然が多い場所に住宅地を求めるでしょうし、ある程度利便性を求めるのであれば商店街や会社に近い土地を探すでしょう。
どのような環境に住みたいかによって自分の求める住宅地は変わってきます。しかし、住宅地に望む1つの基準として、日当たりがよくて、ある程度落ち着いて生活できる環境を選ぶことで暮らしやすいマイホームをたてることができるのでないでしょうか。市街地に近い土地を購入するときそのような土地はどうしても高くなってしまいますので、ちょっと郊外に土地を探してみるのも良い方法ではないでしょうか。

マイホームの吹き抜けに排煙窓を付けてみませんか
2008.01.31 [Thu] 17:10

マイホームを建てるときに最近では吹き抜けを作る人が多いようです。吹き抜けはリビングに採用することが多いのではないでしょうか。吹き抜けがある空間は上部に設置された窓から光が燦燦と降り注ぐためにとても明るい空間を演出することが出来ます。しかし、吹き抜けに設けた窓はどうしても開けることが出来ない窓がどうしても多いのではないでしょうか。そのために吹き抜け上部に空気がこもってしまいがちです。このことから、吹き抜けに排煙窓を取り入れてみませんか。排煙窓は工場や体育館などの高い所についている窓のことです。工場などでは電動式の排煙窓などが付いていることがおおいですが、体育館などは手動式のハンドルを回して開閉する排煙窓が一般的なのではないでしょうか。あなたも一度は見たことがあるのではないでしょうか。
では、なぜ排煙窓を一般住宅にもお勧めしているのか説明します。排煙窓はまず、高所に取り付けることから暖められた空気を屋外に排出することが可能なのです。このため吹き抜けなどを設けた天井が高い部屋などの上部の空気を常時屋外に出すことにより、夏場の暑い部屋の温度を下げることができます。このため、常時涼しい風が下部の窓より入るために排煙窓は換気の効率も良い窓といえます。
また、冬場は高い場所に排煙窓は取り付いていることから、日光が部屋中に入り込み窓を開けなければ部屋の空気を暖める役割もあります。そのときには排煙窓の開閉をしなくてもよいでしょう。
そのほかに排煙窓は高い場所に取り付けられていることから窓を開けっぱなしにしていても泥棒などが侵入することが出来にくいために、防犯上とても優れています。このことにより、外出時に部屋の換気のために窓を開けていっても安心していられます。
これらのことから、マイホームに吹き抜けを設けるときには排煙窓をとりつけることをお勧めします。

寝室の広さはどのくらい必要かご存知でしょうか
2008.01.28 [Mon] 18:28

マイホーム建築時にはリビングやキッチン、浴室などと共に寝室も必ず必要な部屋の一つでしょう。住宅に必要な寝室。その寝室の広さはどの程度必要かご存知でしょうか。
最近はフローリングの床を使用した住宅が多くなったことから、寝具にベッドを使用することが多くなってきたのではないでしょうか。そこでベッドを寝室に置くのが普通になってきていると思います。しかし、夫婦2人で1つのベッドで寝るとしたら大きめのベッド(キングサイズ以上)が必要となりますよね。
寝相が悪い人であればいくら広いベッドであっても2人で寝ることは出来ないでしょう。寝相が悪いほうは気にならないでしょうが、パートナーは眠りを邪魔されてけんかになるかもしません。そうなるとやはり寝室にはベッドは2つ必要となります。女性であればシングルベッドでも充分かもしれませんがやはり、余裕を見てセミダブルベッドくらいは欲しいものです。ベッドのサイズは寝具メーカーによって多少大きさが違いますが、大体規格で決められているので大きくベッドのサイズが変わることはないでしょう。
そこで寝室にはベッドが2つ入ることとなります。また、衣類をしまうためのタンスなどの家具も置くかもしれません。そうなってくるとちょっと大き目の広さが寝室には必要になります。寝室の大きさの目安として、やはり、ベッドを2つ置くのであれば8畳位のスペースは当然必要となります。これにはドレッサーなどの収納スペースも加味しています。寝室は狭い部屋のほうが落ち着く人もいるでしょうが、やはり、住宅の寝室には最低8畳くらいのスペースを確保する必要があるようです

マイホームの一家団欒は茶の間から
2008.01.27 [Sun] 18:25

お茶の間ときいてなんか懐かしさを思い浮かべませんか。最近の住宅は内部の洋風化が進み畳のある部屋が本当に少なくなってきましたよね。和室の【続き間】のある住宅はほとんどなくなってきました。和室の続き間がある家というのはよほど和風住宅にこだわった家じゃなくては目にすることはなくなりました。
それに伴って、茶の間もいつの間にかリビングという名前に変化してきました。厳密には茶の間とリビングは別のものなのですが・・・
茶の間は若い人にはピンと来ないかもしれませんが、茶の間の魅力はなんと言っても家族みんなが一つのテーブルでご飯を食べてそのまま家族団らんを楽染むことではないでしょうか。そのときやはり畳の上であればそのまま寝そべったり、気分的にくつろぐことができるのが茶の間の魅力ではないでしょうか。
そこで最近のモダンな家づくりにあっても違和感のない茶の間を作ってみてはどうでしょうか。例えばリビングに畳を4〜6枚敷くだけでもちょっとした茶の間の空間を作ることが可能となりますよ。
このようにちょっとした工夫で茶の間も作ることが可能となります。茶の間はやはり日本人に必要な空間なのではないでしょうか。

生ごみ知らずのキッチン
2007.11.16 [Fri] 15:10

料理を作っていて気になることの一つに生ごみがあるのではないでしょうか。料理を作る際にも料理を片付ける際にも出てくる生ごみ。この生ごみを簡単に処理できる方法はないものか。
最近では生ごみ処理機が結構普及して一般家庭にも設置していることが多いようですが、生ごみを生ごみ処理機に入れることが結構めんどくさかったりします。
そこでビルトインタイプの生ごみ処理機をシステムキッチンに取り付けてみませんか。トリニティータークインターナショナル株式会社が発売している全自動生ごみ処理機【生ポンドライ】は今までの生ごみ処理機よりも進化した生ごみ処理機といえる商品です。
今までの生ごみ処理機はどうしても生ごみ処理機のフタを開けて生ごみを入れなければならない仕組みでしたが生ポンドライはシステムキッチンの排水口に生ごみをそのまま流し込むだけで勝手に生ごみ処理を始めてくれる優れものです。
生ごみの処理能力も優れていて、24時間後には1/20以下の容量に減量しているのです。また、貝殻や魚の骨もそのまま排水口にポンと入れるだけで後は勝手に粉砕して生ごみ処理作業へ行くだけです。
生ポンドライで発生するごみは1〜2ヶ月に一度捨てるだけでオッケーというまさに一家に一台ほしい生ごみ処理機といえる商品です。

中古住宅をオールリフォームしませんか
2007.11.14 [Wed] 15:37

あなたはマイホームは新築住宅を選びますか、それとも中古住宅を選びますか。やはり新築住宅は魅力的ですがどうしても購入金額が大きくなってしまうというデメリットが付きまといます。そのために理想の建築面積よりも小さな住宅を建てる人も多いと思います。
中古住宅の場合、建物の価格が新築住宅よりもかなり安く設定されるために立地条件で住宅を選ぶ場合は新築住宅よりも安く購入できるというメリットがあります。しかし、中古住宅は自分の理想の間取りでないことが多いはずです。このことから、中古住宅をリフォームを前提に購入してみてはいかがでしょうか。
中古住宅の築年数にもよりますが、ある程度構造が丈夫な中古住宅であれば間取りを変更し、外観の塗り替えなどを行えば新築住宅同様になることがあります。間取りの変更は結構費用がかかってしまうために、住宅購入後すぐには出来ないかもしれませんが、中古住宅の住宅ローンを組むときにリフォーム分の借り入れまで出来るようにすれば入居後の手入れも楽になります。
中古住宅といっても築10年くらいの物件であれば新築住宅とほとんど変わらないことが多くリフォーム費用もそれほどかからないことが多いようです。
反対に築20年以上たっている物件は住宅の傷みも結構激しいものがでてくるために建て替えを考えているのであれば最小限のリフォームにとどめておいたほうが無難かもしれません。
中古住宅購入で新築住宅購入費用より浮いた分をリフォーム費用にかけてみてはいかがでしょうか。

バリアフリーリフォームの補助金制度
2007.11.02 [Fri] 17:51

現在住んでいる住宅に介護が必要な高齢者が同居している場合古い住宅であればバリアフリー対策をしていないことが多いのではないでしょうか。
これから先自分も年をとっていけば必ず住宅にバリアフリー対策を施さなければ住宅に住みながら危険と隣り合わせになることもありえます。
しかし、住宅にバリアフリーを施すためにはある程度費用が必要となります。年金制度に疑問符がつく現在ではこれから年をとっていってからリフォームは難しくなってきそうな気がします。
そのような不安を取り除くために国も高齢者用のバリアフリー対策に住宅のバリアフリーリフォームに関する補助金を支給するようになりました。
住宅のバリアフリーリフォームの全額が支給されるわけではありませんが、要支援・要介護の認定を受けた人(家族)が住宅整備のためにリフォームする場合、20万円のバリアフリーリフォームに関して1割負担(2万円)で住宅のバリアフリーリフォームが可能となります。
詳細については各市町村によって異なるため役所の担当者に問い合わせる必要がありますが、住宅のバリアフリーリフォームを検討中の方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

トイレリフォームでトイレを広くしませんか
2007.10.31 [Wed] 18:42

現在住んでいる住宅でトイレはどのような間取りになっていますか。昔のトイレであれば便器がちょっと小さくて貯水用のロータンクがドンと居座っているのではないでしょうか。
また、床や壁がタイル仕上げでちょっと冬などは寒くてトイレに行くのが億劫になったりするのではないでしょうか。
そこでトイレのリフォームで快適な空間を作り出してみませんか。トイレリフォームで一番初めに行いたいのはトイレを新品に換えることでしょう。今まで使い込んで古くなったトイレに感謝すると同時にこれから新しくなるトイレの便器にはずっとキレイでいてもらいたいものです。
このことからトイレの便器は掃除が簡単なものを選ぶべきです。また、ロータンクのない一体型トイレにすることでトイレ空間を広くすることが可能となります。
また、トイレリフォームをするときには思い切って間取りの変更をしてみませんか。横幅を後50cmほど広くするだけでトイレの中にドレッサーやカウンターなどを置くことができ化粧室としてトイレを使用することが可能となります。
他にもバリアフリー対応のトイレリフォームもしておいたほうが年をとってからとても楽にトイレを利用できるようになります。
トイレリフォームは便器交換だけとか、模様替えのためにクロスの張替えなどをするだけではなく先ほどのような大幅なりフォームをしてみてはいかがでしょうか。