2007年10月04日(木) 20時39分



 

2007年10月03日(水) 20時33分


今度こそ。

いよいよ、ってわくわくしていいよね!

めいっこ 

2007年10月02日(火) 21時23分


毎日、家族そろってご飯を食べれることの幸せ。


和香が生まれてから、うちにやってきてから

家族みんなが、仕事が終わってすぐに家に帰ってくるようになったし、

居間で大笑いすることもたくさんたくさん増えた。

和香、りえちゃん、ありがとう!

夫婦 

2007年10月01日(月) 21時31分


戦い 

2007年01月15日(月) 21時02分
こんなにも、一粒のチョコを大切に食べ、
小さな一袋のビスケットを楽しみに思った事なんて、
多分今までなかったと思う。

あまりに一日が長く感じて、 
早く今日が終わればいい、なんて、そんな感覚で
毎日を過ごしたくないって強く強く思っていたはずだったけど、
久々に強烈だった。


一粒のチョコは、かっらっぽになり過ぎて、震えがとまらない、
このブラックホールを溶かしていってくれるようです。

大きく言えば、明日を創る自信につなげるチョコのつもりだったけど、
今日を癒す、一粒のチョコになってもらってもいいよね。
--------
さぁ、お風呂に入ろう
それで、メープルバターのビスケットを食べるんだ!!

明日を大切に思うために、笑っていくんだ!!

一月 

2007年01月03日(水) 23時40分
気が付けば、一年がたっていたんだ!
浦島太郎みたいな感じ。
一年前までは、自分の思うこと、ただのなんてことないことでも
言葉に出すのに、何の苦労もなく、抵抗もなくスラスラとヒラヒラと
言葉として文字として吐き出す事ができた。

だけど、この一年間。
うぅ・・・なんとも分からんけども、
泣けちゃうくらい面白いことも、嬉しいことも、ワクワクすることも
沢山あふれていたし、はっきりと思い浮かべることもできるし、
同じように、苦しい、悔しい、悲しい感情にもあふれていた。
強い衝撃だってあったけれども、
ここに吐き出す為の言葉がどうしても出てこなかったし、
多分避けてたんだよね。
自分の言葉として吐き出す気持ちを。

うん、そう、でも今なら出来そうだと思って!
一年ぶりに動かせそうだと思ったの!


ただただつれづれなるままに。

カウントダウンのこと。 

2006年01月07日(土) 23時45分
2005年のカウントダウンでは、
コマップをつくるが目標でした!

みんなが集めてくれたインタビューをまとめて作る
コマップの原型が完成したのは、
31日、カウントダウン当日の早朝
印刷に入ったのは朝7時!

連日の徹夜で疲れがたまってる中、
あっつん研究室に集まって印刷開始。

まぶしい太陽。
一枚一枚手折りで、
町の小さな印刷工場みたいな、
のんびりまったりな空気。

あっつん、あっか、武田くん、あっくん、まぁくんの6人と一緒に
2005年最後の朝をこうやって過ごせたこと。
本気で楽しかった!

そう!あと、
2006年、最初の朝、初日の出を見に行く途中、
じゃんけんグリコをして大笑いしたこととか、
なっせと雪玉つっくて、ゆやさんにぶつけたこととか、
しゅんすけと格闘したこととか。

あぁ、こういう時間がずっとずっと続いたらいいのに。って、思った。

家に帰らずに印刷工場をやってたりで、
お母さんには怒られたけど、
この2日間みたいな時間を、
これからも大切にしていきたい

こういう時間 

2006年01月07日(土) 23時26分
私の中で大切な時間。

無理を言ってたこ焼きプレートを買いに行ったり、
紅しょうがを探したり、
説明書を読んだり、
ころころひっくり返したり、
ほうじ茶を飲んだり、
みかん食べたり。

なんだか今日は気持ちが落ち着かなくて、
もしかしたら、落ち着きすぎてたのかも。
なんとも、居心地が悪くて。

でも、たこ焼きを本気でやって、
なんで今?この時間に?っていう頃だったのに、
一緒に本気でたこ焼きをやってくれたことに
うれしくて、
やっと、気持ちが落ち着きました。

たこ焼き、本当においしかったぁ

ありがとう!

目次 

2006年01月06日(金) 0時55分
書きたいことリスト。
・カウントダウン、コマップ。小さな町の印刷工場。従業員は6人
・卒論
・久しぶりに会うと。変わったなぁってかんじた。でもそれって。
・バイト先の梅ちゃんで感じる、こと。
・猫
・おばあちゃんになるまでにこうなりたい。
 じゃなくて、30歳までに、どうなっていたいのか。

あけまして、おめでとうございます! 

2006年01月06日(金) 0時22分
パソコンも復活して、久々過ぎるくらいに更新です。

この前まで、台湾の夏の季節だったのに、
今の新潟は、雪・氷の世界です。

よく聞く話だけど、この寒さ、冬の厳しさがあるから
新潟の人は、春の喜びをよりいっそう強く感じるんだってこと。
春のぽかぽかした日差しが本当に本当に待ち遠しいです。

去年は、綿の栽培に失敗したから、
今年は、張り切って春先に種を植えよう
あと、藍も、トマトも、朝顔も!!

種まきが楽しみだ