アプローチドットは、レーンなどに

January 14 [Sat], 2017, 13:16
ボウリングには、数多くの用語集があります。アプローチドットは、レーンなどに描かれている5つの点という意味です。ファウルのラインから12または15フィートの間に5つ等間隔に置かれています。次に、アローは正式名称は、「エイムスパットトライアングルターゲット」といいます。一般的には、スパットアメリカではアローと呼ばれています。7つの三角印で、板目5枚間隔に置かれていて、これを目標に投球するプレイヤーも多くいます。また、素人が投げる際、目安になる場所とも言われています。次に、オイルは、ボールの滑りをよくするためにレーンに塗られている潤滑油のことです。レーンを保護する目的で使用されています。オイルの塗り具合により、ボールの行き先を左右すると言われています。多くのボウリング場では、ファウルラインから12mの位置まで塗布されていることが多いです。プロボウラーらは、この塗布した位置によりボールの投げ方を工夫しているといっても過言ではありません。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayumu
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる