アイドルDVD 

March 31 [Mon], 2008, 18:17
ハヤテやナギと同学年。1年生のときから白皇学院高等部の生徒会長を務め、教師で12歳年上の姉の雪路よりも出来がいいと評判である。家族構成は義父、義母、実姉・雪路。カレーとハンバーグが好物で、梅干など酸っぱいものが苦手。料理も上手で、腕前は高い。運動能力も相当に高く、マラソン大会では全6種目に出場し、自由型以外1年女子優勝を総なめにしている。成績も飛び級のナギに引けをとらず、クイズでも次々正解を叩き出す(アニメ第50話)。才色兼備で、何事にも努力を惜しまない努力家であり、苦手な物・事もほとんど克服した、いわゆる完璧超人。 生徒会長になったのは、愛歌がヒナギクを生徒会長に推薦したため(生徒会長に推薦した一番の理由は、ヒナギクが高所恐怖症だから)[2]。生徒会長としては、生徒会の仕事が多い上に泉などお気楽なクラス委員を抱えて気苦労が絶えないが、学校中から絶大な人気を集めている。休日に生徒会室で仕事をしていたり、春休み中にも何度か制服姿で現れている。剣道部の部長を務め、現在は鷺ノ宮家の家宝である名匠正宗作の木刀・正宗を使いこなす。運動嫌いのナギも彼女に憧れて入部した。小説版第1弾では体術も披露している。かなりの身体能力を持つ雪路にケンカで負けたことがなく、竹刀を用いてアニメ第27話では野々原楓に[3]、アニメ第39話では魔法使い状態の理事長に勝った。 活動的なためか、スカートの下にはスパッツを着用することが多い。実際にはお気に入りはオレンジのフリルの付いた下着なのだが、着替えシーンを見た美希に「あまり似合っていない」と評された。また、いつも左前髪に黄色のヘアピンをつけている。髪の色は原作は朱色に近いピンクでアニメではライトピンク。瞳は黄色。アニメでは執事服姿(他の執事の執事服とはかなり異なる)も披露した。 本人曰く、雪路と区別するためにみな下の名前で呼ぶそうだが、男子で下の名前で呼ぶのはハヤテくらいで、彼女のファンである東宮初め剣道部部員の男子達がハヤテに嫉妬している。女子からは「ヒナ」「ヒナちゃん」「ヒナさん」「会長」などと呼ばれることが多い。 16歳ながら13歳のナギに「胸の大きさは私と似たようなもんだ!」と言われるほどの貧乳で、そのことで若干コンプレックスを抱いている。意識的に牛乳などを飲んでいるようだが、第12巻おまけページにて紫子に「ムダな努力!!」と笑顔で断言された他、作者も『ハヤテのごとく!公式ガイドブック』で同様の趣旨のコメントをしている。また、このことは様々なアニメ雑誌でも取り上げられている。 1年時はハヤテ・ナギとは別のクラスだったが、2年進級時には姉の雪路が担任で、ハヤテ・ナギ・生徒会3人娘・愛歌・千桜と同じクラスになる。 [編集] 性格 男より男らしい(かっこいい)性格のため男女問わず憧れられており、バレンタインデーには美希を始めとした女の子から毎年大量のチョコを貰っている。しかし本人は自分が男らしいことが悩みとなっている。美希が言うには昔に比べると多少は女の子らしくなったようで、昔は美希の頭にガムをつけた男の子3人を1人で懲らしめ、最終的には美希が泣きながら止めに入ったりしている。実際にはフリフリのドレスも義母の好みで家に用意されているが、本人はそういった服は着ない。服装の似合い方について作者は「ハヤテとは真逆」と述べている[4]。口調自体は西沢さんや泉が「〜だね」と言うところを必ず「〜よね」にするなど主要人物の中では最も女の子らしいといえる。可愛らしい面もあるが、そういったヒナギクの面が好きなのは千桜くらいである。 恋愛感情には鈍感な方で、5歳の時に慕っていた両親の失踪(詳細は桂雪路を参照)がトラウマになり、「好きになった人はいなくなってしまうのではないか」という不安を抱えていたため恋に臆病になっていた。先に挙げた両親の失踪もあり、姉には消費者金融で金を借りることを固く禁じている。 致命的な弱点としては極度の高所恐怖症。泣きべそをかいたり、アニメでは目を回したこともある。生徒会室のある時計塔から見える絶景をほとんど見たことがなく(本人は「心の目で見てるから」と言い訳をしている)、マラソン大会自由型の時もこの弱点を突かれてハヤテに敗れた(テレビアニメ第50話の美希と共に参加したクイズ大会では、それが逆に奮起を促してナギ&歩コンビに対して優勢に立ったが、形勢逆転後は気絶する形で自滅した)。飛行機には乗れる事は乗れるが、離陸前から着陸まで爆睡してやり過ごしていた[5]。ハヤテや西沢さんに誘われて高い所から景色を見る羽目になった時は、この二人になだめられるまで怯え、動揺していた。また、幽霊にも弱く特に人魂などが苦手としている。 責任感が強く筋の通った性格だが、ナギ以上の負けず嫌い(本人は否定している)で、納得がいかないことには勝ち負けにこだわる一面も見せる。それが高じてハヤテを困らせることもあった。ただし、アニメ第28話では執事バトルでハヤテに敗れ、素直に負けを認めている。ハヤテや西沢さんが「似ている」と思うほどナギと性格などが似ているが、作者曰く「ナギの成長した姿がヒナギク」であるとのこと。弱気になる度に自分は白皇学院の生徒会長だと自分にハッパをかけている。また、シラヌイを拾うなど困っている人や弱者を放っておけない性格でもある。作者曰く、ヒナギクは正義の味方でもあるとのことである[6][7]。 助けたスズメに「チャー坊」・タヌキに「ポコ吉」と名付ける等、ネーミングセンスが変わっている。 怒りっぽい性格で、そのせいかツッコミ役になることがある。いつも怒られているハヤテ、ナギ、雪路、生徒会3人娘は悪いこ風子 心交社DVD レイフルDVD ジュニアアイドルDVD Tバック女子中学生 小学生DVD女子小学生 小学生Tバックとをしたときヒナギクにバレるのを恐れる。また、逆に不自然な笑顔だと笑顔で怒っていると思われてしまうが、怒られたことのない千桜はそんなに怒らないと思っていて、雪路たちに「自業自得」と言っている。西沢さんは怒ってるヒナギクに笑顔で返している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagi8870
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる