お通夜でのお悔やみの言葉は?

November 16 [Fri], 2012, 10:24
お通夜についての色々。
香典やお花がありますが、お花は必ず贈るものなのか?と思ったことがあります。

お付き合いによっては、香典の代わりに花などを供えることもあります。
喪家側で手配してくれるときは問題ないですが、こちらで手配するときは、花屋さんに依頼してふさわしいものを選んでもらいましょう。
通夜当日の午前中には届くように手配をします。
花は、ユリや菊など白くて香りが良いものが一般的ですが、故人が好んだ花の場合もあります。

通夜の前には服装のチェックを。
通夜は、地味な色の通勤着や外出着で問題ありません。
喪主や遺族は通夜当日も喪服で正装しますが、一般の弔問客は喪服よりも略装のほうが好ましいです。
どうしても黒い服しか適当なものがない場合はストッキングをベージュにして、黒一色にならないようにします。

洋服は日頃からほつれやしみなどを点検したり、クリーニングにだしておきます。

ハンドバッグや靴などの小物は、金属の留め金や飾りがなく光らない素材のものを。
これは葬儀や告別式に参列する場合も同じです。

注意するべきは、慶弔両用の黒い小物を持って出る場合です。
通夜の席でバッグをあけたら派手なハンカチしかなかったり、何かの拍子で結婚式の案内状が見えたり、ということがないようにしましょう。
ふだんの通勤につかっているバッグなども中身を調べて、華やかなものは抜いておく配慮があるとベストです。

お悔やみは言葉を少なく真心こめて。
一般の弔問の場合、喪家はとりこんでいるので、とりあえずの弔問はできるだけ簡潔に済ませます。
まず、お悔やみの言葉を述べ、お手伝いをするのならその旨を申し出ます。
場合によっては、住所と氏名を書いた紙を用意して、お悔やみの言葉を添えて玄関先に置いてくるという方法もあります。

お悔やみの言葉は、言葉少なくていねいに伝えましょう。
あまりはっきりいうものではないという人もいるせいなのか「このたびはご愁傷さまで」のあとは言葉をにごす人が多いのですが、はっきりと述べたほうが気持ちは通じるものです。

「このたびはご愁傷さまでございました。お力をお落としでしょうが、ご看病のおつかれが一度に出ませんように」
「急なことで何と申し上げて良いか。心からお悔やみ申し上げます」
などです。
お通夜でおろおろしないようにしたいものですね。

http://mnm01.minim.ne.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:中華スープ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nagfamkm/index1_0.rdf