数百万円も得する失業対策マニュアル 

2005年08月28日(日) 8時15分
  活用するだけで手当ても待遇もこんなに違ってくる
〜就職される方はもちろんアルバイトの方も役立ちます〜

少しだけの知識の有無が、実は失業保険の額が大幅に変えてしまうことをご存知でしょうか、皆さんが知っているようで知られていない失業保険給付金を54万円も多く受け取れる対策方法や最長27ヶ月間貰い続ける対策など、どなたでもわかり易く解説したマニュアルです。本当に知らなきゃ大損するこの合法的な対策法はハローワークや会社の総務では一切教えてもらえませんよ。

≪在職中に知らなきゃ損する失業対策8ヶ条≫

1)失業給付金を54万円も多く貰える究極の退職期間の選び方
失業手当を貰える計算は支給日数と雇用保険に加入していた期間の長さによって決まるこれがくせもの!

2)失業保険を27ヶ月間貰い続ける方法
勤務年数の短い人は、90日しか失業手当を貰えません。ところがそんな人でも最長27ヶ月間貰い続ける事ができます!

3)自己の都合で退職してもすぐに失業手当を貰う方法
失業保険を貰う上で最大のネックになるのが給付制限です。自己の都合で退職すると、職安で手続きした後、3ヶ月も待機させられ、最初の手当を貰えるのは何と4ヵ月後になります。
貯金の無い人にはそれまでの生活をどうするか頭が痛いところです。そこで退職してもすぐに失業手当を貰いたい方の為の優位な対策があります!

4)ボーナス前に辞めてもボーナスを貰う方法
どうせ退職するならボーナス貰ってから辞めたいですよね。でも次の支給はまだ何ヶ月も先のことで、そんなに待てない場合もあります。退職してもボーナスを貰える条件とは!

数百万円も得する失業対策マニュアル 

2005年08月28日(日) 8時03分
5)退職後に会社時代の健康保険証を継続して使用できる方法
会社を辞めると、自営業者向けの国民健康保険に加入するのが常識ですが、ところが、国保の保険料は前年の収入を元に算定されるため、失業中でもバカ高い保険料を請求される人も
多いのが現実です。そこで合法的に会社時代の健保をそのまま継続することも出来る方法があるのです!

6)働いてる会社が雇用保険に加入していなかった場合でも
会社が雇用保険に加入していなかったら給付金は貰えないのは当たり前です。ところが究極の裏技で失業手当てを貰える方法が!

7)残業は5月から7月は絶対に避けること
退職前は死ぬほど残業するのが鉄則。でもそこに大きな落とし穴があるの事を知ってる人は少ない!後であなたは泣きをみることに・・・

8)失業手当を貰いながら、合法的にアルバイトをする方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
:マニュアル代金: 2.000円
:申し込みはE-mail: icf06421@yahoo.co.jp
:入金確認後マニュアルはE-MAILでお送り致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
永田町互助会
東京都千代田区永田町2-9-6−303
取引銀行:三井住友銀行 赤坂支店
口座番号:(普通)825−8149708
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagatacho
読者になる
Yapme!一覧
読者になる