心理学四柱推命占い

March 25 [Fri], 2016, 13:53
2015年2月14日土曜日

推命の占いは基本的に自分の生まれた@年A月B日C時間の四つの要素から割り出せるものですも,もっとも複雑で難解しかも恐るべき的中率を誇るといわれる四柱推命もこの四つの柱がすべての情報の源となります

私たちに一生つきまとうのが生年月日でこれから逃れることはできませんこの生年月日を基に10年運1年運毎月の運と各星が命式中に入り運勢の強弱の流れを決めます

運命を探る、そして運命を考える
教養もあり美しい人でも、35歳を超えても結婚できない人もいますし、職場でも実力はあるのに全体的にうまくいかないことも事実です。

またある日突然身体の不調が出て、長患いをする人もいます。
それは、星同志のいがみ合い、助け合い、慣れ親しみ合いの様々な結果です。

占いと迷信

占いといえば即迷信と考える向きがあります、というより多いと言うべきです。

では迷信とは何だろうと辞典を引いてみますと、

俗信のなかで社会の安定秩序や 、個人の幸福保持に実害がありと判断されるもの、また、それほどではなくとも、その存在により多くの人が他律的にその幸福さを阻害されるものをいうと書いてあります。

なるほど、丙午 、などがその代表でいわゆる、丙午、の年に生まれた女性は勝気で―生お嫁に行けないとか、夫を殺すとか、火事を出すとか、という俗説でこれは確かに迷信です。四柱推命では、この日 生まれの女性は情熱的で気性はやや激しいと、言う程度の暗示で、いわゆる、丙午の迷信の解釈はとりません。


何年か前に天中殺がはやりましたが、ところが天中殺は消えて成立しない場合があります。このケースが非常に多いので、それでもなをかつ天中殺があるというのはよくよく天中殺に見入られたと観念するしかありません。

迷信を定義通りに考えれば迷うときは信じるしかないことになります。

これは下駄を、放り上げて天気を占うとか、お茶の葉の立ち具合で吉凶を占うなど、それこそ迷信から始まり,鰯の頭も信人からで本当の神信心までつながってきます。
人が迷うときに信じる、この広い変った意味での迷信なら占いもはいるでしょう。
化学的に証明されたら神を信じる、しかし科学的に証明されたらそれはもう知ることなのです。

例えば普段の友達付き合いで友人を信じると、いうとき、その友達の性格、家庭環境、過去の経歴など、徹底的に調べ上げて、そのうえで、その人を信じるというでしょうか、そんなことはありま せん、本人の兄弟や親の職業など、
知らなくても、信じる、それと同じで、神が居るか居ないか、正しいのか邪悪なのか知りませんが凶に対して
どう挑めば良いのか、いるもの正しいものと、信じるものが信仰でしょう
よくない暗示にぶかった場合も同じです、しかし避けようと努力しようと慎重になろうと、来るべく凶は必ず来ると、観念しなければなりません。そして、そうと観念したうえで、人それぞれの対応をしなければなりません。

対応をしなければ、占いを見るまでもないことになります、凶と言ってもさまざまですが

一番怖いのは病気の暗示が出た場合です,

その病気の暗示が病気の星を強める星が(大運)10年運や(歳運)1年運で現れる人は危険です十二支にも関係があるので,それらの星が重なると、間違いなく身体に異変が起こります。

四柱推命では事前に分かりますので総合病院にいくことをおすすめします。

事故も同じ事がいえますただし事故の場合は突然起こる場合が多いので内容にもよりますが暗示の強い人は車の運転はしないようにしたり注意をはらうべきですがなかなかそうもいきませんので四柱推命の理論がよいでしょう自分自身の五行の色です自分の弱い星を助ける星の、色を使うのですまた凶星を消す色を使うのです、そしてその凶星の力を抜く色も使います。このことは昔の中国のピラミッドにも書かれています。しかし四柱推命は約束事が多く複雑な仕組みになっていますので一事では言いきれません
私は四柱推命を信じています、

 陰 陽 五行で宇宙の森羅万象の、説明がつと化学的に、説明されているわけでは、ありません    しかし、春夏秋冬は、まず過不足なく、だいたい決まった テンポで、やって来ます 
 桜は春に咲き、菊は、秋に咲きます。
 まるで、宇宙にも、宿命が、あって森羅万象は 、それに従って、動いているようでは、ありませんか、そしてこのように、秩序立って、いわば計画的に動く以上、秩序や、計画を作った、存在がないことには説明が つきません

 私は四柱推命にふれているうちに、この世にあるもの、すべてを動かす存在がなくてはならない、と、信じるように、なりました四柱推命や、占いと、 いうものは神の営みを、探ろうとする、人間の努力の、表われではないかと思うようになりました。
言うまでもなく推命でみるのは人の目に映る外観の分析ではなく人の内に潜む目には見えない世界の推理ですが往々と外観にある世間体にひかれて本質を見落とす事がありがちです。
よく、占いで当たるとか、はずれたとか、と、言いますが占いは 競馬の予想と、同じにしてもらっては、困ります、占いは判じものではありません  神の大きな営みのひとつである、人間の一生を、何とか、読み取ろう、と、している 人間の、努力だと思います。
飛行機が墜落事故を、お越したときに、助かる人が何人かいます。車の事故も同じです。海の事故も、同じことが言えます。
なぜでしょうか?どう考えても運が良かったと、しか言いようがありません、ご自分も、今までの出来事を、思いうかべて、あのとき、危なかったな、と、思い当たる事があるはずです。
また、思いもよらない福が飛び込んで来ることも、あります。
生活のなかで, 常にそういう事を考えているわけではありませんが、たとえば、ある年の生まれた人は、共通して律儀なところが、あるとしても、生まれた日の違いによって律儀さが

その人を助けたり マイナスに働いたり、トラブルを招いたり、福を、もたらすと、いうように千差万別に作用するわけです。昔は戦いの時に、この四柱推命を使ったといいます、自分と、戦いの相手の、運勢の強弱を見比べて、自分の運が強いと分かれば,自分の方から、戦いに、挑むのです。この方法は、今の時代 でも、何らかの意味で、利用できると思います。
 人間の一生も言ってみれば、人それぞれに、一定のコースと目的地が、あるのでは、ないでしょうか、例えば、どんな道をたどって、どんなスピードで行くのか,
生年月日時と いうものは,列車時刻表のようなもので、東京から京都まで行くのに、
その列車は,夜行列車なのか、朝早く出発するのか、昼頃なのか、どの駅に止まるのか
特急なのか、 急行なのか、各駅停車なのか、それによって見える景色も違ってくるでしょうし
主要な駅で下車して、街を見物する事も、できるでしょう。
しかし夜行列車では、そうは、いきません,特急でも、なん駅 か 、通過してしまいます。

同じ日、同じ時間に、同じ場所で生まれ人は、ひとりしかいないはずです,生年月日に、時間まで加えて、本格的に四柱を立てようとすると、時間に問題が出てきます.
つまり,時差が、あるからで, 経度が一度違うと、四分の差が、出てきます.
日本の標準時は、兵庫県の,明石の東経135度の、子午線で決められていますから、明石で,正午の12時のときに139度の,東京では実際には, 午後の12時16分であるのに対し
130度の九州では、まだ午前11時40分と、いうことになります。ここまで細かく見ていくと、生まれた土地も、無視できませんが、
実際には、そこまで調べるのは, 重箱の隅をつつくようなものでさらに言えば、木を見て森を、見ないことになります。
大局的な判断がかえって難しくなります。日本標準時の生年月日時だけで、必要にして十分だと 思います。しかし、双子の場合は、ちがいます、いちどに出産するわけではないので何分かの時間差が出てきます。
そのときは何分も加えて五柱をたてます。また、生年月日も同じ人が 居ても生まれた時間によって、運命は変わります。女性と男性とでも、同じ生年月日でも、まったく、別な運命になります。
自分に課せられた運命は、短くとも、長くとも、幸せでも、不幸でも、生まれた事実を見つめ、そこに、自分として、やるべき事があると思います。
しかし、運命と、いうものが、あります。 凶のときに何か始めようとしても、長つづきしません。また吉のときに初めて努力すれば、もっと成功、成長します。
しかし良い運が長つづきするとは、かぎりません、凶、 も同じことで、始めから 終わりまで凶と、
いうことは、ありません、必ず、どちらも、運の動きがあります。
右にするか、左にするか判断がつかないときに、占いに聞くのが本筋だと思います
私は運命で示されたものは暗示だと思っています、なすことなく、手をつかねていれば、悪い暗示は、そのとおりになるでしょう、しかし、人間のほうで、知恵を働かし、努力すれ ば、悪い暗示だけで終わり、良い暗示は、もっと伸ばせるものです. 

途方もなく偉い人でも、以外に、弱い運命表が多い おそらく世間的には、数少ないエリートとして、高い 地位にあったとしても、それはかりそめの姿であり、四柱推命が、見抜いているのでは、その人の、本質かもしれない。
社会的にもどんなに偉い人でも、我々のように平凡な ひとと変わらぬ、悲しみ、悩み 重荷を
背負わされている、その辺を、この事実は、教えてくれて、いるのなだろう。

昔、中国の奥地に築かれた、ピラミッドの4つの壁面と向かっていた方向と、同じ色、青、赤、白、黒、の、4色で塗り分けられたと、いいますが東は、青、南は赤、西は白、北は黒です。
これは、四柱推 命の方角と、その色と、同じです。東洋の知恵と言えば

立春の日は、元旦になります。つまり立春の日、厳密に言えば節入りの時刻から、新しい年になるのです。それで、その前後は、節と節を分ける、節分 です。
陰と陽では、陰は偶数、 陽は奇数で、 陽の方が強く働くということで、暦でも、 1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、九月九日と、節句として、その強すぎる数字の重なりを、逆に祝って
厄払いをしているわけです。日本では、九月九日は、あまり祝いませんが、中国では重陽の節句として、もっとも意味嫌います。
自分1人では何jごとも順調に事が進み、これからの、人生が楽しみと、思う人も多数いると思います

、しかし、結婚したとたん、今までとは違い、滞りが、出てくる人もいます。
それは運命式の中に、相手 に、反発する星があり、お互いの、星同志がいがみ合い、結果的には離婚まで進んでいます。
また、健康も、今まで、何ひとつ病気らしいことは、なかったのに、同じような事が起こります。


人間同志の、相性、というものは、不思議なものです、 
人間 、誰しも、あの人となら、気が合うというような相性の良い人が1人や2人は 必ずいるものです。 これはどうして、と、いわれても、言葉では説明がつきません。
たとえば、自然界の、太陽と月、日なたと日かげ、昼と夜、天と地、男と女、電気のプラスとマイナス、というように その世界を造りあげている相対する二つのものを言います、

この二つの関係は非常に、重要なもので、お互いの存在を証明するものです、これは対立しながら、このような関係は、人間の社会の なかにも、無数にあります、お互いが、お互いの存在を、明らかにしています。
片方が、なくなれば、もう一方もなくなって、しまうのです。、これは自然界の、ひとつの大きなルールのようなものです。自分の 中にある、運命星は、自分にだけに、作用するとは限りません
さまざまな、人と、関係をもつわけですので、四柱推命は、そこのところを表しています。占いに出た暗示を見て何か自分でピンと来るものが有りましたら、これは利用しない方が損だと思います。また、良い方に向かう方法を、
お知らせします凶のときはすぐ自分に現れますが、良い暗示は、なかなか、分りずらいものです、後であの時は良かったなとか、あの会社、仕事は今から考えてみたら、辞めるべきではなかった、もっとつずけていれば成功したかも、と思いうかべる事があるでしょう.まさに、その時が自分にとって吉の時なのです。
吉と凶の違いは、例えば、夜道を歩いていて、目の前に水溜まりがあれば凶の場合はその水溜まりに、はまってしまいますが

しかし吉の場合は街灯が有ったり自分で懐中電灯を持っていて事前にその水溜まりを避けられます。そんな些細な違いが出て来ます。
四柱推命はバランスを重んじます、五行で話しをすれば水、が二つ火が一つ土が五つ木が一つ金が二つでこの土がどう動くかで
大きな変化が起こってきます。ここに大運(10年運)と歳運(1年運)で土が入れば土は七つとなり救いがたい症状を呈します。相当の覚悟をしなければいけない事態になるでしょう。

十千、十二支の話。2015年は乙、末で十干は五行は(木)の陰になります、乙は軋りすれあうことです春の季節、万物が皮を解いて、すれあいながら抜け出ることをさします。
十二支は末で(味)で暗いということ万物が衰えて暗くなったわけですが末には味の意味もあり
万物が成熟すれば、おのずから味が出てくることも指しています

十二支は動物の名前を使っていますが実は植物の芽生え成長、繁栄、枯死、再生を示したものです。丑で説明しますと紐です。

伸びる芽が紐で縛られてしまう、つまりまだ充分には伸びえないことです。

干十も同じで植物の芽生え成長、を表します.甲、乙,丙、丁となりますが甲は(押)という字で押さえこんでおき春になるとそれが開き冬になれば閉じるわけです.

.また甲は兜で兜のように包んで植物の種が出ない状態だと言う説もあります。今日つかっている漢字は元字と違います。甲子園球場は甲、子の年に作られたので名前が甲子園球場となずけました

占いに興味を持つ人は非常に多い、
ただ確かに占いを脅し文句に使うものもいるようですこれが占いの評判を落としているのも事実です。ただ歴史的由来を尋ねて迷信を撲滅するのはいいとしても明らかに人間の知恵の結晶である占いまで撲滅されないよう歴史的由来をしっかり押さえる必要があるからです。

女性大衆向け週刊誌テレビには占いの記事が出ないことはなく芸能人の身に衝撃的な事件が起こるとテレビでそれはもう前世からの宿命で分かっていたことだと解説することがあります、たしかにその部分は無いとは言いきれませんが私が注目するのは先祖の恩恵を自分がどの程度受けられるのか何かトラブルに巻き込まれたかです

運勢というものはあくまでも自分自身ひとりの宿命で動くもので今月の運勢とか今日の運勢という誰にも当てはまるものではありません.
すべての人に毎日の中で吉凶の変化があり四柱推命はその変化を驚くほど正確に予測します

自分の宿命を知りそのときの運命が分かれば人生にこれ以上の強い味方はありません

貴方自身の人生を計測職業財産結婚相性病気の予知など凶を避け幸運をつかんでください

四柱推命学の恐ろしさのひとつに死ぬ時期の分かることが挙げられています、これは恐ろしさであると同時に怖いもの見たさから来る大きなものでもあり

例えば生まれた日の十二支が十干により剋する場合や,
中心星が干合で消える場合偏官という星が絶になり10年運や1年運で絶が現れその星が別の星に押さえられ五行が片寄って集まってバランスを崩した時,まだまだありますが元々バランスのバランスの取れてない人は免疫があるのかちょっとぐらいのあんバランスは耐え抜くようですが、普段バランスの取れている人はアンバランスになるとたちまち崩れ落ちます、専門的に説明すると食神は我が身のエネルギーを抜くという1点で考えると例えば健康面などで耐久力がない弱いとみます,そこに劫財が入ると食神の働きはいっそう強まりまって我が身はもちません、そこえ偏印が登場して食神を倒すと生命の危険にさらされます (注 )ただこのような命式になっても一定の条件が必要となります だいたい人様の死を占うなど不謹慎のそしりを免ませんのでこのくらいで失礼します,人間だけではありません世の中全体を推命することもあります中国古代に辛酉の年は異変が通じるということで日本の歴史では辛酉の年になると年号を変えて災いを避ける、つまり改元をしていたぐらいです例えば1860年は万延元年ですが翌1861年は辛酉になるのでたった1年で年号を文久と変えましたその60年前も寛政13年に当たるのに辛酉のため享和元年と変えました辛酉現象は必ずしもその年に起こるとは限りませんがただ年号を変えるのは気持ちの上で救いになるのは確かなようです

四柱推命をまったくご存じのないかたは約束ごとが多いのに脅かれるでしようその通り血液型とか星座だけで見る簡単な占いとは比較にならないぐらい複雑な仕組みになっています四柱推命学といわれるようにひとつの仮説を前提に理論的に結論を引き出す点四柱推命は知的な占いなのです。

例えば1年の計は元旦にありでその年の運勢を見たとしますそのとき凶の暗示が出ましたさあどうしましょう
この場合普通ですと凶を避けるべく吉を招く努力をしような生き方に徹しようと自分でも考え

しかしどうしたら凶を避けられるのか宿命に出た凶の意味を知らなければなりません強いのか弱いのかあるいは陰極まって陽になりえるのかそれは四柱推命の理論に従うべきでしょう

人の生き方においても自分の運命を予備知識として持つ余裕があるほうがたとえ失意に対しても対応できます

自己の可能性を計測するために利用すべきです

人間というもには決して一面だけを見て判断することはできません、豪快でいかにも荒々しいむくつけ男が一輪の花を愛することだってあるでしょう人の良さ悪さにしても両面を兼ね備えているからこそそれだけ魅力ある人物となるのではないでしょうか。

恋人の欠点はそれがあるから好きだという不条理な愛によって長所ともなり得ます。人の生き方ににをいても自分の運命を予備知識として持つ余裕があるほうがたとえ失意に対しても対応できます

自己の可能性を計測するために利用するべきです。体の調子がいつも同じではないようにどんな人の人生にも浮き沈みはあるものです

私はできたら掲載して欲しくないと思うものがあります、それは自分の生年月日です、もちろん四柱推命や西洋占星術など生年月日を基準とする占いで自分のことが身も知らぬ他人に分かってしまうのが脅威だからです

生年月日は個人情報の宝庫だからです自分の秘部を察知される方が本質的に恐ろしい感じがします、それなのにパソコンや雑誌などに生年月日の掲載を拒否している人はいないようで、これはほとんどの人が生年月日を知られる怖さに気ずいてないからでしょう、未知の人がどこか知らないところで自分のことを伺っている薄気味の悪さを実感されるはずですもし強い運命式の人が1年運や10年運で上り坂の時期に会えば運気は絶好調で大発展間違いありませんまた弱い運命式の人でも好機が来れば上昇気流に乗って発展できるのです

これが戦国時代ならこちらの運気が鈍っているときを狙って敵が攻撃を仕掛けて来るかもしれません

昔の兵法には実際にそをいうてがありました、昔に限りません現代の企業戦争にも当てはまるので、例えばライバル会社の社長の運が低いときを狙ってアタックをかければ作戦の成功する確率は高いでしょう、生年月日は恐ろしいといえるしひょっとするとをトツプシークレットになりかねません、そんな極秘な危険な生年月日を雑誌やパソコンなどの類開けば分かってしまうのだから怖い話です、そしてその怖さに気ずいていないということはこれはこれでもうひとつ怖い話です。

すべての人に毎日の中で吉凶の変化があり四柱推命はその変化を驚くほど正確に予測します自分の宿命を知りその時のその先の運命がわかれば人生にこれ以上の強い味方はありません 
貴方のあなた自身の人生を計測し職業、結婚、相性、財産病気の予知など凶を避け幸運をつかんで下さい。





其の二章




運命は自分の力で作りあげていくものと、よく言いますが誰もが誰も宇宙飛行士にはなれませんし、大学の学長にも人気タレントやビートルズやプレスリーにはなれません、やはり、その人その人の生まれた星がその人を作用します。本屋さんに行くと

あなたの今年の運とか今月の運というように相変わらず本が並べられていますが

運命というものは母親の母体から出生した時の瞬間に宇宙の森羅万象の力が
一斉に自分に浴びせられ、動かしたい運命というものが張り付きます!短命なのか長寿なのか出世するのかモヤモヤの一生なのか異性にもてるのか一生孤独なのか

結婚できるのか、分かれるのか、事故にあいやすいのか、それとも最初は子さな
会社を大会社に立て直す力量があるのか、ある日突然病気に襲われるのか、例を

あげればキリがありません運命というものは、あくまでも1人1にん個人個人の中にあり、自分というものを作用していきます。

百人百人様いろいろな人生経験をしているのですから、例えばプロスポーツの.選手が幾ら絶不調でもアマチュアの絶好調の選手に劣るかというと、それは考えられません、やはり能力、才能という動かしたい前提があるからです。

現代はハイテク時代でパソコンやコンピューター占いまで登場していますが

コンピューターで分かるのは骨格のようなもので抽象的なもの、骨格を肉や脳や内蔵や皮膚で包んで初めて人間になるものです
以前本やテレビで同じように妙にこけ脅しのおどろおどろしいキャッチフレーズや人騒がせな内容を売り物にしてセンセーショナルに煽り立てる番組ががあり、これは悪しき慣習で占いの神秘的な魅力に対する好奇心すらも消えてしまうことになりかねません。
出会いというもは不思議なもので絶妙な運命というものが目に見える形で現れますその一つが出会いだと思います、ある時ある場所である人に偶然に出会う、これがもし家を出るのが五分早かったら、あるいは交通信号がひとつ待つことになったら

そんな微妙なずれだけでこの出会いはなかったかもしれません絶妙といったのは

いわく言い難い不思議さです。

因果応報という言葉があります、人の行いの善悪に応じてそれにふさわしい報いが必ず現れることですがテレビを見ていましたらアメリカの女性が買い物をして

レジに行ってカードで支払いをしたところ、そのカードはストップがかかっていて使えません困っていたところすぐ後ろの若い人が、私が現金で代わりに払いましょうと言って助けてくれました、女性は大変喜びお礼を言って名前と電話番号を聞いて

次の日電話をかけたところ、なんと、その日の夜に交通事故で死亡したとのこと、

その女性は驚いたのとおなじように私自身も大変ショックでした、

その人の生年月日は知りませんが運命としか言いようがありません。

私は神様を否定するわけではありませんが

例えば元旦の日に交通安全、家運長久というお札を頂いてその帰り道交通事故にあったという例がたくさんあります。青年が近所の人とも愛想がよく地域の活動にも積極的に出て町のために行動をしていた人が殺人事件を起こしたりします。

天使と悪魔としか言いようがありません。やはりその人の動がしたい運命がその人を支配していたのでしょう。 

占いをご希望の方はお電話ください、お話を聞いた後、貴方のこれからの運勢の良いところ、弱いところを宿命表をつけて文章で詳しくご説明いたします。

フリーダイアル 0120−623962 まで、連絡下さい。




心理学運勢学四柱推命研究所


































































プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けんじ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nagasawakn78/index1_0.rdf