長崎の歴史 

2006年02月27日(月) 11時34分
ここでは,奈々がぉじぃちゃんの本を紹介してぃこぅと思ぃます
興味のぁる人は是非コメ下さぃね!!! レス返しますので☆★

ではまず最初に「長崎の地蔵」とぃぅ本につぃて。

これがその本です。

題名・・・長崎の地蔵
作者・・・岩永 弘
詳細・・・岩永 弘─前書き



村外れに立つお地蔵さんと聞くとなんとなく郷愁を感じます。
お地蔵さんは一般に丸頭で赤いエプロンを首から垂らし、路傍に立ち、
子育てはもちろん旅の安全、堕落亡者の救済など其の功徳は巾広く、
庶民に敬愛される仏として人々は香華を絶やすことがありません。
地蔵菩薩がわが国に伝わったのは今から1200年前の奈良時代で、
800年前の鎌倉時代に坊主頭形式の地蔵になったと言われています。
寺院などの独尊として祀られるよりは、村ざかい、墓地の一角、道端などに
庶民の仏として祀られるのに良く似合う仏様です。長崎市内の周辺にも、
謂れの有るもの、無いもの、そしてお堂や寺院に祀られているものなど、
わかる範囲で集めて見ました。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nagareki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる