『ヘリックス/ファーストシーズン』 

June 16 [Tue], 2015, 1:09
序盤は『遊星からの物体X』的な雰囲気。

そこからゾンビモノと陰謀モノ、侵略系SFモノをごちゃ混ぜした感じの作品です(笑)


『良いトコ取り』と言っちゃうとそれまでやけど(爆)、今のところは『…悪くない』(笑)

なんか、日本のアニメの影響をめっちゃ受けてる感じがします…そこら辺が好感触(笑)


邦版アニメ(漫画)と米ドラの決定的な違いは『作り方』やと思います。

先ずラストを考え、『ソコに持って行く為の展開』を考えるのが邦流。

対して米流は『とりあえず壮大な謎をぶち上げて人目を引き、オチは後付けで良いじゃん♪』的な個人的イメージです(笑)

どちらが面白いかと言えばドッチもドッチなんですが、やっぱ〆が引き立つ方がインパクトは無くとも『印象』には残るよね(笑)

その点で、今後も期待出来そうな作品では有ります。


八十点。


因みに、今まで売れた作品の中で、逆パターンも有ります(笑)

『エヴァンゲリヲン』はモロに米流的な作方だったし(良いトコ取り&後付けで、しかも失敗しまくり…笑)、最近出始めてる『ハンニバル』や『ベイツ・モーテル』なんかは結果有りきな前日譚。

有る意味では邦アニ(漫画)的な作り方と言えなくもないからね(笑)

ま、アイデアが出尽くしてるって環境も関係しとるとは思いますがね…(苦笑)

『プリズナーズ』 

March 06 [Fri], 2015, 21:25
おもしろかった。

ミステリーの王道って感じ(笑)

ちょいちょい都合良すぎ(爆)なモノも有ったけど、多々ある布石がきっちり回収されてるので後味も良い♪

…教会での遺体発見のくだりは流石にね(笑)


ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールのW主演で展開していくサスペンス。

ヒュー・ジャックマンの娘が誘拐され、その犯人を追う刑事がジェイク・ギレンホール。

事件発生からすぐさま容疑者『アレックス』は確保されるのだが、容疑者は10歳程度の知能しか持たない所謂『発達障害者』で有り、犯行は不可能とされ釈放される。

その事に納得のいかないヒューは容疑者を拉致し、拷問を始める。

一方、ジェイクは捜査中、教会の地下室で古い遺体を発見するが、神父は『以前、懺悔に来た連続殺人鬼の成れの果てだ』と言い張る。

更に、被害者の追悼に訪れた人々の中に挙動不審な男を見つけ、追跡するも逃げられてしまう…

と同時に、最初の容疑者『アレックス』が姿を消した事と、ヒューが何らかの関係が有ると怪しむジェイク。

果たして真犯人は誰なのか?


全員ぁゃιぃ…(笑)


つか、誰が犯人でもおかしくない的なストーリー。

んで、一番怪しくなさそうな人が犯人てな、正にミステリーの王道!(笑)

ネタバレ…かな?(汗)


八十点。


数有る布石を丁寧に拾っていけば、誰でも犯人が判ります(笑)

俺は半ばくらいで見当付きました(自慢じゃないよ)

よーっく台詞を聞いてると…一見なんでもないのだけど、一人だけ根拠の無い不自然な発言をしてるってのがヒントです♪

『GODZILLA/ゴジラ』 

March 04 [Wed], 2015, 1:13
かっけー!(笑)

以前のハリウッド版『おっきなトカゲ』ゴジラとはひと味もふた味も違います。

本場、日本の原作スタッフの協力も有り、正に『ゴジラ!』的な仕上がりになってます。

とりあえずゴジラが直接、人を頃すシーンは皆無(笑)
(絶対タヒんでるハズだけど)

無意味な破壊を行わず、『敵』と認識した相手を執拗に追い詰め叩き潰す…
(でも人間は頃さない)

怪獣王の名を冠し、救世主に祭り上げられたりも?(笑)

本場のゴジラよりやや小顔で、なんかちょっと猫っぽい見た目がキュート♪

ハリウッド版の画質で作られる続編がめっちゃ楽しみです(笑)


八十点。


劇場だと違うのかもしれんけど、画面がやたら暗くて見辛かったのだけが残念(´・ω・`)

『叫』 

February 21 [Sat], 2015, 11:10
役所広司主演のサスペンスホラー。

とっても難解(笑)

いや、展開がとかでなく、世界観(?)的なものが…

レンタル用DVDには未収録な『アナザーエンディング』が有るらしいのですが、検索かけても見つかりませんでした…気になる
(´・ω・`)ショボーン


刑事の吉岡(役所広司)が、とある連続殺人事件を追います。

連続…と言っても犯人はそれぞれ別に居り、殺害シーンも出てくるのでおかしな捻りは有りません。

ただ『犯行手口』が総て同じってだけ。

最初の殺人の犯人だけはなかなか見つからず、何故か現場には吉岡の犯行をうかがわせる証拠が出てくる。

それと同時に吉岡の前に被害者(と思われる)の幽霊『赤い服の女』が現れて…?!


とにかく謎と言うか腑に落ちない点がいっぱい(笑)

心理描写というかなんというか…


七十点。


以下ネタバレ。

相棒は何故に唐突に殺されたの?

赤い服の女ってのは要は『呪い』て事?

カウンセラーの先生がおかしかったのも、感染(?)してたから?

春江ちゃんの最期のシーンはどーゆー意味?


…いや、おもしろかったんですけどね(笑)

少なくとも『回路』よりは数倍!
(↑はマジで意味不明やったから)

アナザーエンディング観れば理解るのかな?(笑)

『ウォーキング・デッド/シーズン4』 

February 12 [Thu], 2015, 22:58
オープニングから瀕死っ!

ゾンビでも人間でもなく、病気(風邪?)で瀕死…(苦笑)

せっかく勝ち取った安住の地『刑務所』がおもむろにヤバぃです。

前シーズンからの宿敵『総督』も虎視眈々と狙ってるし、果たしてレギュメン達に平穏は訪れるのか…?!


訪れません♪(爆)


だって、『悲惨→悲惨!』を描かなきゃドラマが続かない(笑)

でも少しジャパニーズアニメ(漫画)的な雰囲気が出てきてるのも否めない…かな?(やはり)


なんだかんだでバラバラになる仲間達がすったもんだの末(成長して?)に再び出会い、真の敵(←?)を倒すべく立ち上がる…

風な、ぶっちゃけ『息抜き』というかワンクッション置いた感じのシーズンです。

増え過ぎた仲間はあっさり削除!(笑)

元のレギュメンと使えそうな新メンを残しつつ、『なんでそうなった?』の真相に切り込んで行く…

そんなシーズン(笑)


七十点。


キャロル&タイリース組のエピソードはちと萎えた…

サイコパスを題材にしてるのだけど、ゾンビだらけの世界でわざわざやんなくてもえーんちゃうのかな?(苦笑)

出すにしても、総督みたいな『見るからに悪!あからさまに悪!』的な敵にしとけば良かったのに…

ミカ、可哀想すぎってか、容赦無さすぎ!



以前も書いたけど、…ラストシーンは考えてあんのかな?コレ?(笑)

〆を後付けで作って売れた名作はまず無いからね!(苦笑)

『グリム/シーズン2』 

January 31 [Sat], 2015, 1:30
想像以上に面白かった(笑)

米ドラ(に限らんけど…)のげんなり要素ってのはズバリ『必要以上に秘密にする事』!

客観的(観手側)に観て、さっさと説明すれば済む事も話をややこしくする為(延ばす為?)に『ワザと話さない』ってのが無茶苦茶多いんですよね…(苦笑)

少々とっぴな話でも、真面目に話せば信じないまでも記憶の片隅には残る筈なんですよ。

その上に『実際に目の当たり』にすれば、幾らリアリストキャラや能天気キャラも、完全スルーで無視や笑い飛ばす事はまず無理でしょ?(笑)

傍目で無理から『これ』をやるから、観てると冷めるパターンがホンマ多かった…

そこら辺をすっきり(…とまではいかないかな?)解消してくれたのがこの作品!(笑)

この世には人間に成り済ました怪物が当たり前に存在し、その『普通の人には見えないモノ』が見える…そんな突拍子もない事実を仲間内に必死に説明して理解を得ようとしてます。

当初、敵対してた(都合により?)『王族』の血族であり、直属の上司でもあるキャラと目的達成の為に一時的に手を組むのも好感触(笑)

敵の敵は見方的な?


八十点。


とは言いつつ、『なんだかまどろっこしい!』と感じる部分が全然無いとは言えません。

そこらは日本のアニメや漫画を見て、人気至上主義を一旦端に置き、『作品の盛り上げ方(脚本)』をもう少しだけ勉強すればもっと面白い作品が出来るんやないかと♪

なんせ、映像技術は飛び抜けてるんやしね(笑)

『アンダー・ザ・スキン/種の捕食』 

January 19 [Mon], 2015, 0:55
かなり、理解かり難いです(笑)

スカーレット・ヨハンソン主演のSFミステリー。

我慢(おい)して全部観終わると、彼女(?)が人間ではない事は判りますが、『なんなのか』は説明もなにも有りません。

設定では異星人(エイリアン)な模様(笑)

サブタイトルに在る様に、男を誘惑して捕食していくのですが…

そのシーンが突拍子無さすぎ(前衛的?)て、正直『なんじゃこりゃ?』って感想を持つ方が大半かと(笑)

無感情・義務的に獲物を捕食してた彼女が、とある出会いによって『人間味』を帯びていきます。

その辺もなんとなーく理解は出来たんですが、ぶっちゃけ日本のアニメに慣れてる自分にとっては苦痛でしかなかった…(苦笑)


設定説明無さすぎ!


六十点。


スカヨハのオールヌードが観られるのは確かに『売り』になりますが(←え?)、まぁほぼ作品上の修正が入ってるかと(笑)

妙に肥えてる(ふくよか過ぎ)し、アベンジャーズの彼女のスタイルとはまるで別人ですから!(爆)


…つか、アベンジャーズの方が修正されてるのかな?(汗)

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 

December 25 [Thu], 2014, 20:44
違和感は無くもない(笑)

タイムトリップモノだから仕方無いんだけど、『後に残された世界はいったい…』とかつい考えてしまう(笑)

ローズがゲームばりにがんがんリセット(と称した射殺)してますが…理論上、自分等は消えないし戻らないよね?

あれで、ぐだぐだ&最悪な未来が待つ世界がいったい何千回(万?)産まれたのだろうか…(苦笑)


六十点。


暗い画面が多くて少し残念(´・ω・`)

元は日本のアニメ(ゲーム?)だとの事なので、ラストへの布石はスムーズでした。
(つか想像通り?)

それでもやっぱタイムトリップモノは難しいよね。

安易になんでもあり!になっちゃいそうなトコを、違和感なくかつ理解り易くまとめるのは至難の技かと…(笑)




それにしても、トム・クルーズがやけに若く見えたのは大人の事情だったんかな?

『ルパン三世VS名探偵コナン/THE MOVIE』 

December 12 [Fri], 2014, 15:55
夢のオールスター総出演的な…

個人的にはTVスペシャルのが面白かったかな?


声の違和感は殆ど無くなってきましたね(ルパン一家)

唯一の現役、次元大介さんのキレが無くなってきたのだけが残念…

仕方ないけどね。

代わりが務まる若手って誰だろか?


絵面がルパン系・コナン系に別れてるのだけど、コッチはさほど苦にはなりません(笑)

コナン系の丸っちいアニメ顔と劇画タッチのとっつぁんが並んで歩いてても全然平気♪←


七十点。


そー言えば、米ドラ版ルパン三世と言われた(そうか?)『バーン・ノーティス』ファイナルシーズンでルパンと不二子が共演してましたね(笑)

…ふ〜じこちゃん、ルパンに撃たれちったけど(苦笑)

これなら最初からフィオナが沢城みゆきちゃんでも良かったのかも?
(雨欄さんがダメってコトではなくてね、汗)

つか、始まった当初って…まだ沢城不二子や無かったんだっけか?

『闇金ウシジマくん・2』 

December 07 [Sun], 2014, 1:29
原作からして、人間の…とゆーか社会の?汚くて目を背けたくなる様な『現実』を題材にした作品なので、暇潰し程度の軽い気持ちで迂闊に観ると結構凹みます(笑)

そもそも『ヤミ金』自体が犯罪なので、ソレを主とした話自体がアンダーグラウンド。

とにかく、『金』に絡むありとあらゆる『闇』を描き出してます…ただし、底辺辺りのを(苦笑)


これまで、ドラマ・劇場版・ドラマスペシャル版と数多く出されているのはやはり、人気が有るからなんでしょうか?(笑)


今回の話は比較的(?)早めのエピソード。

毎回、いろんなエピソード(原作の)をごっちゃにしてまとめてあるのも一興てな感じです。

劇場版の一作目とか、大島優子の役柄の存在の意味が判らんかったからねぇ?(爆)

俺自身、後で原作読んでやっと判ったもの…


八十点。


日々安穏と暮らしてるリア充(?)だとかなりのダメージを負う作品ではありますが…

知ってれば絶対に笑える点が一つ!

主役のウシジマくんこと山田孝之…

かなりマニアックな作品にも数多く出演しております。

中でもマニア度マックスに近い作品、『勇者ヨシヒコ』シリーズ!(笑)

今作品でも意外なトコにカブり共演者が!?

気になる方は実際に観てご確認下さい♪(笑)