「トクメイ希望」、まだ見れてませ〜ん。。 

February 18 [Mon], 2008, 10:24
昨日の更新分の最後、「これから『トクメイ希望』見てきまぁ〜〜す♪♪」っていうので、締めくくったんですけど、あれから部屋に戻り、ベッドに横になったら、仕事の疲れと、今ちょっと風邪気味なもので、そのせいでかなり体が疲れてたのか。。いつの間にか眠ってしまってました。。(^^;)

これから、この更新が終わったら、今度こそ見ようと思います!!
翌日は仕事もお休みだし、素敵なつんく♂さんが見たいしね(^-^)

昨日、更新されてあった、つんく♂さんのブログを拝見させてもらってると、かなり面白そうなので、めちゃくちゃ楽しみです〜〜♪♪

話はガラリと変わって、昨日だったかな??おとといだったかな??
テレビの芸能ニュースを見てたら、X−JAPANが再結成をして、その場所に、大勢のファンが集結した。。っていうニュースをやってました。
このニュースを見てたら、去年の私たちとだぶるものがあって、なんかめちゃ食い入るように見てしまいました(^-^)

久しぶりにメンバーが揃ってるところを見て、涙を流されてるファンの方もして、“私たちも去年、シャ乱Qが久しぶりに4人揃ってるところを見て、嬉し涙いっぱい流したなぁ〜〜。。”って、去年の自分を重ねながら見てしまいました♪♪
やっぱり、一番最初はどのバンドのファンの方も、そのバンド本体のことを大好きになって、ファンになるんですよねぇ〜〜(^-^)
でも、その大好きなバンドが、解散したり、活動休止したりすることは、やはりファンにとってはそれはとても悲しい出来事なわけで。。
そして、その大好きなバンドのメンバーの皆さんが、再び揃うことになったら。。

そりゃ〜〜!!!言葉では表現しきれないぐらい嬉しいですよ〜〜〜♪♪

私も辛かった時期もあったけど、ずっと復活を信じて待ってきて、本当に良かったと。。今改めてそう思います(^-^)

“Table for Two”〜私のささやかな願いと祈り〜 

February 14 [Thu], 2008, 1:58
昨夜のNHKニュースで観たこと。

大手企業の社員食堂で、代金の内の20円を、飢餓撲滅のための国連機関の活動に寄付できる、という

ヘルシーメニューについて。

地球の北側で起きる「豊かさ」の弊害であるメタボ対策と、途上国の飢餓の両方に対応しよう、という

試み。感動しました。全ての社食や外食店で、やってくれたらいいのに。切に願います。


80年代、アフリカでは内戦と凄まじい飢餓が起こりました。

新聞で読んだけど、飢餓の怖さに実感が持てなくて。

ずいぶん前に記事でも書きましたが、鈍い自分に業を煮やして、3日間の断食を敢行しました。

水と、アミノ酸を含む「だし汁」だけを飲んで。

ものすごい苦しみでした。

体が弱って、次第に起き上がることもできなくなるのに、頭だけは冴えて、考えるのは

食べ物のことばかり。

他のことを考えようとしても出来ないし、苦しくて、苦しくて。

こんなことがあってはいけない。そう思います。

3日目にはもう気力も無くして「…そろそろ、やばいかな…」と思っていると。

(当時は一人暮らしをしてました)

近所に住む友人がたまたま訪ねてきて、仰天して大急ぎで戻り、小鍋いっぱいのおじやを

作ってきてくれました。それで助かりました。(かなりのおバカかも…)



「世界には、全ての人を養える富があります」という、チャップリンの言葉。

本当に、モノに大金をかけるぐらいなら、人を、子供たちを助けて欲しい。


手元にお金がある時は、コンビニで小銭をチャリン。今日は30円。でも、ほぼ一食の値段。


そして毎日、イエズス様とマリア様の御絵の下に正座して、祈って静かに黙想します。

「イエズス、マリア、ヨゼフ、ハンガリーの聖エリザベト(24歳で帰天されましたが、

たいへん高徳の元皇后様で、慈善に生涯を捧げられました)、どうか飢えに苦しむ人々に

恵みのパンを配りに行かせてください」


懸命に集中して、念じます。

心の中にヴィジョンが現れます。

私はプラスティックの黄色い大きなカゴ状のコンテナを両手に持っていて(こういう時の

イメージは、具体的であるほど良いようです)、中には焼きたての大きな丸い、重たい胚芽パン

や、具がたっぷりの(これもいちいち、思い浮かべます。慢性のたんぱく質不足だから、

チェダーチーズだのゆで卵だのトマトetcだのと)サブマリーンサンドを、フォイルに包んだ

ものとか。

大きなトラックからは、同じようにしたたくさんの美しい仲間たち(み使いです)が出て行きます。


周囲は、ヤシの木が生える浜辺だったり、何の木々か分からないジャングルの前だったり。

子供たちが飛び出して来て、私を取り囲みます。


そういう祈りと黙想を、毎日。実現できるかどうか分からないけれど、霊的な、そして神の力が

絶対に起こるとも、起きないとも言えないと思います。だから信じて“心を飛ばし”ます。


昨日の黙想では、一人の男の子が、サンドを開いて見て、目を丸くして尋ねました。

「これ、何ていう食べ物?見たことないよ」

「サンドイッチ、っていうんだよ。食べてごらん。元気が出るからね」


涙が出ました。そういう子供は実際に、世界の片隅にいるだろうから。

慢性の栄養不足と寄生虫のために、お腹が大きく膨らんだ子。

無事に成長して、中年、老年を迎えることが難しい土地の子。


豊かさ、安さ、便利さの陰で、必ず犠牲になっている人々がいます。

人に偉そうに言えることは何も無い私ですが、食べ物を残すことだけは、絶対に許しません。

猫が相手でも。

ネコ缶は、海の向こうの国で、お姉さんたちが1日じゅう、熱気のこもる工場で働いて

作ってくれているからです。行方の分かっているものですから、働いていて楽しいはずが

ありません。それでも、生きていくために、家族のために、懸命に働くしかないから。

いつもお世話になっている、郵便や宅配便の人の苦労も、大変なものです。

それらを忘れたくないと思います。


今日も、遠い国の子供たちのために、祈りを。



「マリア」

東京 都 世田谷 区 山本クリニックの美容外科 レーザーを受けられる患者さんのための基礎知識978 

February 04 [Mon], 2008, 8:35
美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・世田谷区の山本クリニック 山本博昭
頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・東京都 世田谷区 山本クリニック山本博昭


「本物の「血管腫」」の「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」
「Candela Laser Corporation(現:Candela Corporation)」=
「米国キャンデラ社」製製造の
俗にいう
「Vビームレーザー」*も「色素レーザー(ダイ・レーザー)」
の一種です*。


正確には「Vビームレーザー」=「キャンディラ社:Candela Co・SPTL-1b」*
(「キャンデラ社(米国マサチューセッツ州ウェイランド)」)
になります。
「SPTL-1b」です。







美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・世田谷区の山本クリニック 山本博昭
頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・東京都 世田谷区 山本クリニック山本博昭

★ん〜。これで封印★ 

January 26 [Sat], 2008, 4:51
 買い物行ってきました。

 前から狙ってたスリッパを購入。

 フラン・フランのです。

 前にちょろっと見た時「かわいいな〜。」と思っていたのです。

 他にも秋・冬使用のエプロンやランチョンマットを買ったり、

 今日は雑貨メインで買い物しました。

 今日でしばらく買い物封印です。

 そんなに休みもないんですけどね。

 試験が終わったら買いたいものがたくさんあります。

 自分に甘い私は自分じぇのご褒美をたくさん考えています。

 早く試験終わらないかな〜。

おはようございます 

January 14 [Mon], 2008, 16:02
早いもので今日から9月ですね!
最近はすっかり涼しくなって来ましたね。
と言う訳ではないのですが・・秋刀魚の美味しいですね^^
私は秋刀魚はここ何年間は刺身などで食べています!
これは秋刀魚のにぎりです。すごく脂がのってて激ウマでした^^b


  下の写真は近所のケーキ屋さんが店を辞めると言う事でお母さんがチーズケーキを
 買って来ました。

極端から極端へ 

January 09 [Wed], 2008, 1:44
K先生が戻ってきてくれたので、代行授業は今日の午前中で終了!
明日からテストだから木・金の高校の授業もお休み。



この一週間、毎日4〜7コマあったのに、明日からは一日1コマです。
金曜日に至っては全く授業がありません。
この極端な状況が、とても中国っぽい気がするわ〜。
とりあえず、K先生が日本に行くまでの約10日間は、のんびりさせてもらおうと思います♪




以下、学校の周りの写真です。




今朝学校に行くときも、外は濃い霧に覆われていました。
この時期は霧が多いのかな…。




春からずっと工事していた学校横の空き地に、立派なマンションが建ちました。
(みんな“マンション”と呼ぶけど、“団地”のほうが合ってる気がする。)




でも、完成したのは2,3棟だけ。あと10棟以上はまだまだ工事中です。




すぐ隣には漢族の中学校があります。
境目に生えている立派な木は、この一週間で完全に葉が落ちました。




階段の各階にある、階数表示。
なかなかかわいい。




おまけ。
学生に大好評(笑)!スピコン時の着物姿。

?これは? 

December 21 [Fri], 2007, 10:40
去年まで着ていた革ジャン(ドイツ軍のフライトジャッケットらしい)
で製作した"ポーチ?"です。
財布、カードケース、と携帯が入れられます。
製作中、麻の縫い糸が無くなってしまったので、探しまくりです。

芸能界公開カップルは誰々? “大衆の前で愛を叫んで” 

December 15 [Sat], 2007, 0:29
芸能界公開カップルは誰々? “大衆の前で愛を叫んで”

[ニュースエン允可イ記者]

最近幕を下ろした今年釜山(プサン)国際映画祭ではレッド カーペットの上スターカップルが
断然話題であった。 以前とは違って今年は‘スターロード-レッド カーペット’行事に堂々と手を
握って登場しながら‘愛情戦線晴れ’を確認させた二つの公認カップルが眼に触れた。

その主人公らはまさにキム・ジュヒョク-キム・ジスとユ・ジテ-キム・ヒョジンだ。


そうであるかと思えば16日午後1時頃キム・ジンピョが公開恋人ユン駐輦と共に懇意な友リュ・シウォンの父親喪に一緒に弔問して目を引くこともした。 この前ソウル 江南(カンナム)などの地で遠慮なく
デートする場面が目撃されながら,堂々と公開恋人を宣言して愛を育てたキム・ジンピョ-ユン駐輦カップルはこの日手をぎゅっと握ったまま沈痛な姿だった。



あれやこれや恋愛中のスターカップルはいつもファンたちに好奇心と憧れの対象だ。
ファンたちは“昨夜に誰と誰と映画館に一緒にきたよ”,“AさんミニホームページにB君と取った写真が削除されたのに,別れたようだ”という式でスターカップルらの出会いと愛,はなはだしきは離別にまで
神経を尖らせている。

状況がこのようだから平凡な男女として自分たちの大切な感情を保護されたい,あるいは自身の私生活が露出することを敬遠する多い芸能人らが熱心に熱愛説を否認して出るけれども

先立って議論されたキム・ジュヒョク-キム・ジス,ユ・ジテ-キム・ヒョジン,キム・ジンピョ-ユン駐輦

カップルのように自ら熱愛事実をありのままに公開して他の人々の視線にしばられないカップルも
ますます増えている。 これら他にも堂々と熱愛中のスターカップルではイ・ドンゴン-ハン・ジヘ,
ハハ-アン・ヘギョン,イ・ソジン-キム・ジョンウン,クルケイ-ソン・テヨン,ナオル-ハン・ヘジン,
オム・テウン-イ・ヨンジンなどを挙げることができる。

これらはミニホームページに恋人を惜しむ心を慎ましく表わしたり,放送で恋人に向かって,プロポーズをしたりもする。 時々映画館や野球場などの人々が多い席上に現れて,愛情を誇示したりもする。
お互いの作品に対するモニターや助言も惜しまなくて,撮影会場を直接訪問して,激励を惜しまないで
力を培ったりもする。

過去には多い芸能人らが熱愛説に包まれれば絶対違うと否定する場合が大部分だった。 ‘事実無根’
または‘一度会ったこともオプソ’シクで一貫する芸能人らの対応はたびたび告訴や法的措置などまで
拡大することもした。

ひょっとして実際に二人の芸能人が交際するといっても,人気が落ちたり広告と作品契約に影響を
及ぼしはしないだろうかと思う芸能人個人と所属会社の憂慮が大きかったためだ。

だが今はますます変わっている。 むしろ熱愛を認めて堂々と愛する姿をさらに肯定的に眺めるファン
たちも多い。 好む男俳優が女歌手と交際すると失望してののしるのでなく,かわいい愛をよく守るのを(祈る)借りる成熟したファンたちが多い。

だけでなく芸能人ら内部的にも意識変化が生じた。 彼らにはことも重要だが自分たちの運命的な愛を
のがしたくない願いが切実だ。

人々の目を意識しながら,こっそりとデートをするよりはトットティ明らかにして自由に愛したいスターらに対してファンたちの反応やはり肯定的である方だ。 ネチズンらは“隠すこと見るというはるかに
より良い”,“明らかな事実を頑として言い逃れることよりははるかに見栄えが良い。
可愛い愛することを望む”としてスターカップルらを応援している。

芸能界すべてのスターカップルらが大切な愛を永く永く大事に保管できるように願う。


↑ やっぱ今日もこんな話題しか出てこなかったわぁ〜 ;_;

【絵】守るものはどこに? 

December 11 [Tue], 2007, 20:25
私の守るものは…

サンポ日和。 

December 06 [Thu], 2007, 15:35
昨日から季節が戻ったようなこちら南国。




朝から気持ちの良いピーカンで、
「皆で散歩行ってくれば?」
とのパパの強〜いススメ(それって軽い追い出しじゃあ?)もあり
ワタシ+怪獣4人組で散歩に出かけました♪





我が家の近くには川が流れていてその上の遊歩道がいつもの散歩道。
歩き出した瞬間、「抱っこ〜!!」と歩かない双子っち1号(♀)を
抱っこし皆で海方面へ。
しかしながら、この1号、いつも『サンポ〜!』と叫んでる割には絶対
歩かない…。
君にとってはサンポでも、母にとっては筋トレタイムだよ(涙)。。。







車は来ないから子供たちが自由に走り回れる。でも犬のフンには気を
付けろ!!







川を見ながら海を目指す。でも海は2km先…。







歩き始めること15分。だいぶ海に近づいたかな。
この頃母は抱っこ魔のおかげで腕パンパンY(>_<、)Y ヒェェ!







他の3人が車止めをいじり出したら…。







「あたちも〜!」と走っていく1号。母はもう用なしですか(涙)?







思えば遠くへ来たもんだ…って、またこの距離帰るんだよねぇ…。







帰り道グタグタの母を癒してくれたブーゲンビリア♪
うちにも植えようかな^^
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naezfe1364
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる