小関だけどコフキコガネ

August 30 [Tue], 2016, 17:12
「父ちゃんが太っているから自分も太っている」、「うちの系統は遺伝子類に背が小さい」といった対話はよく聞く。人間の身体的なうりは、その人が持つ遺伝子が凄まじく関係していることは、これまでも数多くの探索によって示されてきた。しかし、白髪になりやすい人様にも特有の遺伝子があることが行き渡り、世界的な開拓だと話題になっている。

 生物科学、化学、物理科学に関するネット限定の学際類日報「Nature Communications」に掲載された文字に因ると、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのサイエンティストたちは、ラテンアメリカにおいて混血の祖父を持つ6300人様以上の被験者を対象に、連中の遺伝子情報においてヘアがどれくらい分厚いのか、また密度があるのか、カールしているのかいないのか、白髪かどうにか、といった重要を調べて言う。

 すると、ひとつの特殊なうりを持つ遺伝子が判明したと言う。それは、人のヘアの形状や密度にも影響を与える遺伝子で、高齢になった時に白髪になりやすいといううりを持つ小物。こういう遺伝子は「IRF4」と名付けられた。サイエンティストたちは「いずれ、こういう遺伝子を研究するため年齢以外の白髪のベネフィットが現れるかもしれない」とし、我々の白髪への様子や思い込みが生まれ変わる可能性も示唆。今後は、高齢化との起因をグングン研究していくと言う。

 そしてこういう探索で同時に、「PRSS53」と名付けられた遺伝子も裏打ち。これは、ヘアがどれくらい分厚く、そしてカールするかに影響する遺伝子とのため、由縁眉毛になりやすいかどうにかとも関連しているみたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウセイ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naeutecsllnecf/index1_0.rdf