第七章(6) 

February 29 [Fri], 2008, 18:17
 日に日に疲労は増す。

(なのに、どうして決まった時間には起きれるし、泳げって言われたら泳げるんだろう…)

 そんなことを考えてぼんやりとしていたカセルは、起床を知らせるラッパの音に飛び起きた。だるい身

体も何故かスムーズに動いてしまう。

「――――――――あと何日だっけ?」

 着替えながら零せば、同じく着替えているゾールが少し考えて答えた。

「あと、今日を入れて三日」

 そうだった。

 最終日は、湖横断タイムトライアルだと言っていた。途中、体力が無くなって溺れる人間のための救助

部隊として、ゲイルやシュリら軍人が付いてきているのだという噂を聞いた。―――――――――つま

り、それだけ溺れる人間が多いということと、これだけの人間で対応できるくらい、それに参加できる人

間も少ないということだ。

 現在、すでに三十名近くの人間が「合宿参加停止」を言い渡されている。走っている途中だろうが泳い

でいる途中だろうが、文字通り「つまみ出される」のだ。もちろん、それに抵抗する気力など残っていな

いものばかりだが。

「自分の限界って、意外とないんだなーって思うよな」

 着替え終わったクラスメイトが、テントから出て行きながら二人に言った。本当にその通りだと、カセ

ルもゾールも深く頷く。

「女子も、よくもつよな。たまにノアの釣り目、殺気立ってるよな」

「――――――――まあ、あれでも我慢している方だと思うけど」

 苦笑を浮かべながらゾールは応え、ブーツの紐をきゅっと結んで立ち上がった。カセルもほぼ同時に支

度を終える。

「じゃあ、まあ、行くか」

「ああ」

 がっと横に置いた剣を持ち上げる。

 そう言えばそんなに重く感じなくなってきたなあ、と思い、そんな自分が嬉しくて、カセルはこっそり

とにんまりと笑った。







「今日は、河の方に行く」

 五組の担当であるフォスター教官が、今日のランニング当番らしい。ヘリアス王国系の、少し険しい顔

立ちをしているが、そのクールな感じがいいと女の先輩たちが、談話室で騒いでいたのをカセルは思い出

した。

(――――――――――クールっていうか、恐いって言うか…)

 確か三十過ぎの男盛りで、マッチョとは言いがたい体形ではあるけれども、当然、体力もカセルらの教

官の中で一番あると思われる。専門は槍のはずだが、それは三年からの選択科目なので、直接授業を受け

たことはない。

 煙の臭いがしてこっそり振り返ると、シリウス教官やクロフォード教官が火を熾していた。他にも数箇

所、薪を積み上げている。

「河の中を走るんだよ。まあ、膝くらいの深さのところを向こう岸まで渡るんだけどね。流れに足を取ら

れて、転んでずぶ濡れになる者が多いんだ」

 前を向けと指で指し示しながらも、隣に来たゲイルがこっそりと教えてくれた。なるほど、とカセルは

思う。

「フォスター教官は、大変厳しい方だからね。まさに軍の上官って感じだよ。目をつけられないよう、気

をつけるんだよ」

 にっこりと笑い、ゲイルはそのまま横を通過して行った。

「―――――――――ゲイルさんがここに止まってた時点で、既にフォスター教官にばれてるよね」

 ぼそっとこぼしたゾールに、カセルは「気付きたくなかった」と頬を引きつらせた。

2007.10.21 

January 21 [Mon], 2008, 12:21
晴れ 20.3 7.4 9
 起きたのは早かったが外には出ないで一日家にいた。午前午後ともパソコンに向かっていた。午後は何処かへ歩いて行こうと思っていたのだが,気が付いたら暗くなっていた。
 パソコンに向かって何をしたと言うのでもない。色々なホームページを見ていたりして居ただけだ。CDのオートランが旨く行かない。何かコツがあるのだろうか?
 可也温度が下がってきたように思える。 風呂上りの下着をクレープから普通のに替える。

 夜。陸軍の特攻隊生き残りの収容所の番組を見る。目的の攻撃目標まで到達したのは半分も居ないのではないか?という感じだが,戻って来た者は,一箇所に纏められて国賊呼ばわりされ世間から隔離されていたという。多くの有能な若者に,死ねと言って送り出したもの達は自分の身は安全な場所に置いていて,自分も後から行くと言った送り出しの責任者は,約束を反故にして91歳まで生き延びたという。将に狂気の時代としか言い様が無いが,生き残りの人たちのあんな経験はもう御免だという発言に比べて,此の頃の雰囲気が何だか怪しいと言うより,昭和の初期に戻ろうとしている勢力を感じるのが怖い。またぞろ狂気の時代の二の舞を演ずるのではないかと言う疑念が拭いきれないのだ。
 55.1kg

爽やかだなぁ♪ 

January 14 [Mon], 2008, 15:58
ええ天気だぁw
風が涼しぃw
昼寝日和だぁw

寝よぉw

それにしても窓開いてるせいか鼻がオカシイw

11月6日のお弁当・:*:・゚★ 

January 09 [Wed], 2008, 1:32
おはようございます&ただいま〜




よく雨が降りますね〜。



今日は、雨も降っているし、お店は暇だろ〜なぁ...って思っていたのですが、



結構忙しくて、帰りが遅くなりました...



雨の日って、割りと変わったお客サマが多いんです。



1人で来られるお客サマが特に...。



絡み辛いと思ったら、『歌うたって〜♪』と、やたらとカラオケを勧めるんですけどね^^;









■本日のメニュー■


             ※ フィッシュハム玉子焼き
             ※ 鶏の唐揚げ
             ※ 春巻き
             ※ ウインナー
             ※ ブロッコリー
             ※ ふりかけご飯







今日は長女のお弁当も一緒に゚+。:.+。(*´p∀q`) ♪

今日は曇り 

December 21 [Fri], 2007, 10:20
最近カメたちはカボチャしか食べません。困ったぉ(´;ω;`)
あんはまだ他のものも食べてくれる。めろんは食べない・・・。



こうなったら小松菜をみじん切りにしてカボチャと混ぜてみよう(`・ω・´)b



食べた(ノ▽`*)ノゎーぃ
小松菜の割合すくないけど全然食べないよりいいか(・ω・;)(;・ω・)



今日は気温も低いしずっと曇ってて外に出せなです。仕方ないのでちょっとだけ部屋の中を遊ばせました。



ウチにはニャーが4匹います。どんな反応をするのか・・・
アトム(オヤジ♂)がガン見(≧∀≦)



アトム(右)キキ♂(左)「クンカクンカ・・・」
めろんは腰抜け、じっとして動かなくなりました。
あんは知らん顔でスタスタ・・・(・ω・;)(;・ω・)



キキ「クンカクンカ・・・うんこ臭いぉ(≧ω≦ゞ)」



   
にほんブログ村 爬虫類
    ↑↑
(oゝω・o)σ文字をポチッとな

Dod 5日目(最終日の帰り道) 

December 12 [Wed], 2007, 22:25
昼飯を食べている間に、ゼビア・ラージ・サンギータに僕のメアドを渡した。何故かと言うと、
2日目、3日目のロッククライミングの後、帰った後も俺たちと一緒に上りに行かないか?と
誘われていたので、コンタクトを取る手段として渡したのだ。いやぁ〜誘いがかかると嬉しいなぁ^^
同じ街に住んでいて、カンティラバスタジアムの壁にも練習する所があるらしいし、連休の時には、
お互いの都合が合えば、どこかの山に連れて行ってくれるらしい^^
コレは彼らと仲良くなれた証拠。とっても嬉しい事でした^^

来た時と同じ様に山道を歩き、途中からバスに乗って駅へと向かう。バスの中ではすぐ寝てしまったので
何も書けませんが、電車の中は良く覚えています。重たい荷物を抱えて電車に乗り、10分くらい行ったり来たりしてやっと事跡を確保。

まずは友達とトランプでブラックジャックをした。その後に自分の周りに座っていた友達といろんな
会話をして、最終的にはやっぱりゲームを。

メッセージと言うゲームで、1人、鬼を決め、それ以外の人は皆、指と指で手を繋いで(この説明で
分かるかなぁ。)鬼が○○〜××と注文をする。まず最初に名前を呼ばれた人は自分の右か左に入る
人どちらかの手を握ったりして、その人に自分のメッセージを回す(手を握られた事がメッセージ
となる)で、その人は次の人にメッセージを回して行き、最終的に、××の所で名前を呼ばれた人に
メッセージが回ったら、その人は『Message,received』と言って1ゲーム終了。鬼には5回のチャンスが
与えられていて、例えば鬼は、メッセージが○○君〜△△さん回っている所を『ここ!』見たいな感じで
捕まえれば、交代できるわけです。5回目まででメッセージが回っている所を捕まえられなくても、その時点で鬼交代。つまり5回のチャンスと言うのは、なるべく早く交代する為のチャンスと言う事です。

このゲームで2時間近くの時間を潰し、気がついたらもう着いていた。そして、5日間サバイバル生活を共に過ごした友に別れをつげ、午後10時くらいに帰宅。。。

もうかなり疲れました。なのに次の日は朝から英語の塾で・・・もう吐くかと思いましたよ^^;

本日建之「先祖代々の墓」 

December 07 [Fri], 2007, 15:41
 
先日、我が家のお墓の「生抜き」をした。墓石を新しく建之するためだ。



その後、新しいお墓に引っ越すために、「お骨」を取り出す作業をした。
その墓には父、母、祖父、祖母、そのまた先祖が眠っている。



かなり薄らいではいたが、幼い頃の「祖父のお葬式」の記憶がよみがえった。
父、母、祖母は火葬であったので、すぐに骨壺を探り当てたが、祖父が亡くなったのは昭和四十年頃。まだこのあたりは「土葬」で、棺おけに体操座りのようになった祖父に土をかけたような記憶があった。



私は祖父にはたいそうかわいがられたらしいので、それはいつも「悲しい夢」のような記憶としてずっと意識の片隅にあったような気がする。
まさか、その時の祖父の骨をこの手で掘り出す事になろうとは...



スコップを掘り進めて行くと「あった。」
「人の体とはたいしたものだ。」と実感した。
不思議と「怖い」とか「気味悪い」とは感じなかった。
「新しいお墓に入れてあげられる」という思いの方が大きかった。
掘り出された「お骨」は家の仏壇の前に連れ帰ることになった。



そして今朝、お坊さんに「生入れ」をしていただいた。
新しくなったお墓でご先祖様は喜んでくれているだろうか?
全てが終わって私も妻も気持ちが「ほっと」和らいだ気がする。



「お墓の写真を載せるのもちょっと...」なので、午後から行った山歩きのスナップをどうぞ。

今日は休み☆ 

December 04 [Tue], 2007, 13:30
土曜に学校があったからお休みになりました!!
午前は勉強をがんばってたけど、午後はパソコン!!
めっちゃうれし〜!!!でも犬がおるでかまったらんとかわいそうだよな〜

明日は学校があるから最悪!!学校なんかなければいいのに〜〜〜

ほっとしたよ〜ぐ〜♪ d(* ̄o ̄) 

November 30 [Fri], 2007, 10:26
仕事をおえて、自転車置き場に・・・
バックの中の自転車の鍵をさがしたが・・・・・・





           な           い||




えぇ〜〜



  どうしたんだろう?????(‖ ̄■ ̄‖)

朝、かけたはずなのに・・・・・


  
       『もしかして・・・・・自転車 とられちゃったかなぁ〜〜〜』と
        思いながら 駐輪場へ急いだ。(今頃急いでもおそいけどね!)



  





  でもね、 ちゃんと 11時間 私の帰りをどこにも行かずに待っていてくれたよ




            え??   鍵???




 はい、ちゃんと自転車についておりましたぁ〜〜





 いつも
  鍵は、もともと自転車についてあった鍵と  
  タイヤにつける鍵と  2個かけている。




 その、2個分のキーは??
   一個のキーホルダーにつけてるんだよね〜〜〜




              ってことは??




 鍵を ご自由にあけて、のっていってくださ〜〜い  と 言わんばかりに・・・




 タイヤにつけるワッカの鍵は しっかり かかっていたんだけど
 もともとついてる鍵も・・・しっかり 施錠してあるんだけど・・・・



  
    はずすのを わすれて・・・ぶらさがったままだったぁ〜〜〜ガ━━(´・д・`|||●)━━ン



 
         もう、重症だよねぇ〜〜^il||li_| ̄|○il||li







          で、  読んでて意味つうじてますかぁ?????

今年も咲きました 

November 23 [Fri], 2007, 0:02
今年も金木犀が咲きました。



玄関を開けると、とってもいい匂いが香ってきます。



5年程前には虫にやられてしまったようで、葉っぱがどんどん落ちてしまい仕事から帰ったら毎日掃き掃除してました。もうダメかなと思って園芸店へ相談しにも行きましたが、なんとか持ちこたえました。本当に強い生命力ですね。









来年も元気に花を咲かせてね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naelhe1007
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像KAMI
» 第七章(6) (2008年10月22日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 第七章(6) (2008年10月19日)
アイコン画像ヨシオ
» 第七章(6) (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 第七章(6) (2008年10月14日)
アイコン画像猫男爵
» 第七章(6) (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» 第七章(6) (2008年10月07日)
アイコン画像りぃこ
» 第七章(6) (2008年10月01日)
アイコン画像きりひと
» 第七章(6) (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 第七章(6) (2008年09月26日)
アイコン画像ゆりり
» 第七章(6) (2008年09月23日)
Yapme!一覧
読者になる