小池の兄(けい)

April 04 [Mon], 2016, 10:12
転職理由は、書類選考や面接の際に非常に重要視されます。

相手に納得してもらう理由が無い限り評価が下がります。

しかし、転職にいたった理由を聞かれても上手に言えない方も多いと思います。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。
転職する動機は経歴書での選考や面接での場でとても重視されます。


相手に分かってもらえるたしかな理由がなければ良いという印象は与えられません。でも、前の職を辞めた原因を聞かれても簡潔明瞭に説明できない人も沢山いるはずです。
少なくない数の人が文書で経歴を書く時や面談の場でなぜ転職することになったのかの説明で躓きます。異業種に職を変えるのは難しいという印象が強いですが、本当のところはどうなのでしょうか?結論から言うなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。しかしながら、確実に無理というわけではないですし、努力をいとわなければ異業種に職を変えられることもあるでしょう。一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴をどんな相手でも理解できるように書いてください。あなたの今までの業務の内容がわかれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、人事も分かりやすく、採用のきっかけになります。さらに、顔写真は意外と重視されるもので、友人などに頼まず、プロが撮影してくれるところで、撮ってもらうのが良いかと思います。
万が一、記入している途中で間違えてしまったら、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。



理想的な転職理由はどのようなものかというと、まずは転職理由の本音のところを自問自答してみてください。そのままを伝える必要はないので、考えたことをそのまま、ノートに書き出しましょう。


そして、それを後ろ向きなイメージにならないように表現をリライトしてください。



転職理由が長いと自己弁護っぽく聞こえてしまうので、なるべく簡潔になるようにしましょう。

なぜ転職するのか、は書類選考や面接においてとても重要です。整合性のある明確な理由がなければ一定の評価は得られません。
だが、どうして転職するのか尋ねられてもうまく説明が出来ない方もたくさんいるに違いありません。

多くの方が履歴書への記入や面接の際にどんな転職理由なのかということに大変時間をかけます。
転職活動は在職期間中からやり始め、転職先に内定してから辞めるのが理想です。

退職してからの期間の時間が自由に使えますし、即、働き始められますが、転職先が思うように決まらない想定もありえます。


無職の期間が6ヶ月を超えてしまうと、採用がなかなか決まらなくなりますから、勢いで現状の職を辞める意思を示さないようにしましょう。



思い付きで異業種への転職をしようとしても、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合が多いでしょう。
転職をしたい人がまだ未来ある若者であるならば未経験でも転職に成功するチャンスはいくばくかありますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。
まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであれば労働条件という概念は放棄することになりますが異業種への転職も不可能ではないでしょう。

転職時にあった方がよい資格というのは、専門職を除くと少ないようですが、取得資格が有利に働くということでは、やはり、国家資格が最強のようです。

なかでも、建築・土木系では建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格がないと実務につけないという仕事がたくさんあるので、狙い目ではないでしょうか。

転職する際に求められる資格というものは、専門職以外ではさほど多くないようですが、取得している資格が有利に働くということでは、結局のところやはり、国家資格が強いようです。中でも、土木・建築系では建築士にみられるような「業務独占資格」と言われるこういった資格を持たないと現実に業務につけないというような仕事もたくさんあるので、狙いどころかもしれません。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mao
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/naedhrtefiercw/index1_0.rdf