畑だけどまりモン

April 03 [Sun], 2016, 9:16
高校進学の際に衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変えることは難しいです。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。



結婚のタイミングで転職してしまう看護師もかなり多いです。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を検討すべきでしょう。


いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をすると生活しやすいですね。イライラが多くなりがちだと子どもを授かりにくくなるので、気をつけましょう。

看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針では定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。

仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活を送れなくなったり、過労になる人が多いのも、看護師が長続きしない理由の一部かもしれません。


よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。



それに加え、3ヶ月程を使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。
先走って次の仕事へ行くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。
その事から、自分の希望する条件をハッキリとさせておきましょう。


看護師でも転職回数が多いと良くない印象となるのかというと、そうとは限りません。

自己アピールの方法次第で、経験が豊かで意欲があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。

ですが、働いている期間がほんのちょっとの場合には、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう場合もあるでしょう。看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度開催されます。



看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して早めに行動することが重要です。それから、どんな点が大切なのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に沿った転職先の情報を集めてください。年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もリストアップしておきましょう。


専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。
ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。


全然違う職種でも、看護師の資格が優遇される仕事はいくつも存在します。苦労して取得した資格ですから、活かさないと無駄になってしまいます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souma
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる