「手紙」 東野圭吾 

2006年10月29日(日) 21時23分
【あらすじ】
 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。
 弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く……。
 しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに
 「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる過酷な現実。
 人の絆とは何か。
 いつか罪は償えるのだろうか。
 犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。


【感想】※かなりネタバレありです

 読んだ後、へなへなへなと身体から力が抜けてしまいました。
 直貴の出した結論は、直貴自身も加害者家族として
 受けなければいけない「最大の罰」(被害者家族は他人によって
 強引に突然に別れさせられたんだから むしろきちんと別れを
 伝えられただけでも罰にはならないかも)なんだとは
 思うのですが、やっぱり私はこの結論は残念です。
 お兄ちゃんの愚かなまでの弟への愛が、私には切なくて切なくて
 この弟もお兄ちゃんも救われて欲しい、と思ってしまいました。

 でも、それが叶えられないほど、罪を犯すということはいけないことなんですね。
 改めて、罪に対しての罰、贖罪ということについて考えてしまいました。

 なんて思いながら読んだのですが、もうひとつの私の感想もあって。

 それは。
 お金が無いのって罪だな、って思ってしまいました。
 お金が無いことが悪いんじゃなくて。
 お金が無いことって、人を不幸にするんだな、って。
 当たり前ジャン!って思うかもだけど、改めて感じてしまいました。

 それと、直貴がいろんな辛い目にあっているのに
 決して腐らず、自分の道をまっすぐに生きているところはすごい。
 だって、普通なら「いくら努力したところでダメなんだろ」って
 道を外れてしまいそうじゃないですか。
 それをちゃんと努力して、まっとうな生き方をしている。
 私なら、自分の境遇を恨んで、他人を憎んで、努力なんてせずに
 ロクな人生を歩まないかも。

 ああ、でも被害者家族としては、道に外れて野垂れ死んだほうが
 「やっぱり人間のクズの弟はクズだったな」って思えたほうが
 心が楽になるのかもしれない。
 私の母親はあんたの兄に殺されたのに、何であんたは家族も作って
 楽しそうに笑ってんのよ、って思っちゃうかも。
 いや、絶対に思うな。

 自分の家族が被害にあったんじゃないのに、いまだに
 女子高生コンクリート殺人事件の犯人を許せないもん。
 その犯人の家族が身近にいたら、やっぱり差別しちゃうもん。
 「あなたも被害者よね」なんて絶対に思えない。
 犯罪加害者家族への「言われない差別」なんて思わない。
 されるべき差別なんだ、って思っちゃう。

 うーん。そう思ったら、直貴が兄を捨てるっていう結論はずるいかも。
 「兄と一緒に世間の差別を受けろよ、お前のためにお兄ちゃんは犯罪者に
 なっちゃったんだから。もう兄とは縁を切りましたから関係ありませんってか?
 お前らが兄弟だったっていう事実は変えられないんだよ、あーん?」
 なんて思うこともあり。(我ながら感じ悪いわ)

 でも。
 でもやっぱり。
 あの兄の愚かな、ホントに愚かな弟への愛を見ると
 「許してやんなよ。あんただけでもさ。」って思ってしまいます。
 許すこともまた、贖罪になるように思うのです。

はあああ 

2006年10月13日(金) 19時15分
結局、異動することになってしまいました。
まあ、組織の一員である以上それは仕方ないことないのですが。
で、16日から異動することになったのですが。

異動先の現担当の一人が、10月下旬に8日間連続で
休暇をとるってどういうことですか?
(現担当は2人)
しかも、一人だけならともかく、二人とも平日に休む日があるってどういうことですか?

再三聞きますけど、忙しいんですよね?

ろくに引き継いでもいないうちに二人とも休みですか?
それとも、たった一週間で全部引き継げるほど簡単な仕事なんですか?
忙しいっていうなら、それなりの勤務態度をとろうよ。
説得力ねーよ。

ってことで、現担当に「忙しいならシフト(我が社は勤務契約時間を選べるのです)を
私と同じ7.5時間で勤務日数も同じで、10月下旬の旅行をやめろ。
それならそっちに喜んで異動するよ。」と言ってしまいました。
何だか、むこうはそう言われて怒っているみたいですけどね。
シラネーヨって感じ。

ああ、もうむかつく

これ、何ていう嫌がらせ? 

2006年10月06日(金) 23時39分
今日、会社で担当替えの話をされた。
とある担当が退職することになり、その後任として私が指名されたというのだ。
そこは、いま社内的に非常に重要なところとなっていて、そこを任せるには
能力のある人、仕事が出来る人でないとダメだということで
私が指名されたらしい。

でもね。
私は、そんなの、全然望んでいないんです。
上昇志向があるなら、今の会社でなんて働いてないし。

半年前の時も、強引に配置換えをされて
不本意だけど、その仕事を早く覚えられるように頑張って努力してきた。
そして、やっと仕事の楽しさも感じられるようになってきたのに
また異動ですか。

「能力を評価されているってことなのよ。うらやましいわよ。」

そんなこと言われても、ちっともうれしくなんかねーよ。

「やってみないと、わからないわよ。もしかしてすごく楽しいかも。」

だったら、テメーがやれよ。

ねえ?
私が仕事が出来るのは、人一倍努力しているからなんですよ。
そんな人にたいして、この仕打ちですか?
これ、何ていういじめですか?

もうやだ。

お買い物 

2006年10月03日(火) 21時00分
会社の帰りに同僚と池袋でお買い物。
洋服はいまいち気に入ったものが見つからなくて、今回は見送り。
友達と「ドン・マイスターのクランベリーワインブレッドを食べたい!」と
盛り上がり、これからなら7時の回に間に合うってことで
池袋東武のドン・マイスターに行ってきました。
整理券をもらって、7時の焼き上がりまで、他のお店をうろうろ・・・
今夜はグラタンの予定なので、付け合せにサラダを購入。

お互いにお宝ゲットしたところで、友達とはお別れ。
家に帰って、まだホカホカのクランベリーワインブレッドをさっそく食べました。
6つにわかれているので、その1個だけ(^-^;)
生地が紫色(ワインの色なのかな)でクランベリーの実とクリームチーズが
入っています。このクランベリーとチーズがマッチしておいしい〜(*^▽^*)
あやうく旦那の分まで食べちゃうところでした。

節約するぞ!と決めたのに、さっそくお買い物しちゃいました。
ダメですね
明日から頑張ります!

でも、楽しかったからいいか。(これだからダメなのね)

はじめまして 

2006年10月02日(月) 21時51分
今日からこの日記をつけようと思います。
毎日の出来事をマイペースに書いていけたらいいな。

私がいま燃えていること、それは・・・

・貯金(一年後までに200万円)

夫婦ともに今まで貯金ってあまり興味がなかったんです。
なぜかというと、貯めたお金をどう使うか?っていう目標が定まっていなかったから。
不動産購入にも興味が無かったし、車もそれほど欲しいとは思わない。
なので、毎月の貯金(財形で3万円と自動積立1万円だけ)をして、あとは全部使ってました。
しかし、昨日の新聞の折込広告で、これなら買ってもいいなと思える
マンションを見つけてしまったのです。
目標が決まると燃えやすい私は一気に貯金への情熱を燃えたぎらせたというわけなんです。
まあ、来年の今頃になってみて「やっぱりいらない」となるかもしれないけれど・・・

来年の今頃には、いくらぐらい貯められるかな?
頑張るぞー!
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nachiko-m
読者になる
Yapme!一覧
読者になる