塚本がAMY

July 28 [Thu], 2016, 14:37
交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる介護士でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。簡単に済んでしまうようなケースも少なくないですが、介護的に重大な処置に関する申し送りは重い責任の仕事だと言えます。

一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。また、介護施設や保育園も介護士の職場と言えるでしょう。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、介護士も同様でしょう。

大きな総合介護施設と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。
ですから、一口に介護士といっても、平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。特に、介護士の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。
シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

なので、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。


介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。


それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。
夜勤もありません。
外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。



クレームが入ることもよくあります。



どんなスキルが必要になるか、ということもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、介護士の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。



というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいて少なからず嫌悪感を覚えることもあるでしょうけれど、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。
介護士が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。

まず、手術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、介護士としての技術が学べることです。



残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。

病棟勤務の介護士は文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤勤務に従事することになるはずです。
夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。

そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤よりも多くなる場合がほとんどです。



一般的に、介護士は離職率が高いです。
そのため、どうしても転職率も高い数値になります。

ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが増えつつあります。専用の転職サイトなら、もっと簡単に希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。
どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを併用して、より良い転職先を見付けましょう。
新卒や既卒で介護士としての就職先がなかなか見つからないという方は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。

一般的に、求人には特に年齢制限の記載がなくても、場合によっては、介護施設が内実に採用の年齢を設定していることもあります。

具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、難しくなります。
ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。
社会が高齢化していることもあり、このところ次第に介護機関を利用する人口が増加しています。そうなってくると、医師と介護士もどれだけいても足りないという程、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。

介護士の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置の方法も異なります。
ローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。


また、多くの意見を参考にしながら知識を深められるでしょう。将来を考えるキッカケになりますから、やる気も高まります。働く時間も休みも不規則な介護士の仕事ですが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。
病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。

それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、多くの場合は土日は休みでしょう。介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。


これは、食事をとりに休憩してきます、ということを働いている他の人にわかってもらう目的で現場でよく使われています。ちなみにエッセンとは何かといいますと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。

この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、その影響です。



何であれ今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。
止まらない少子高齢化の影響。

介護職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。なので、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、いまだに介護士不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。
女の子が憧れることが多い介護士になるためには、主に二つの方法があります。


それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。
二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、給料の面で専門卒より優遇されるということです。

それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安くカリキュラムとして実習がメインであるので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれほどの難しさなのでしょうか。



調べてみると、介護士国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。

内容も学校の授業をちゃんと学習していた人であれば合格できますので、特別に介護士の資格取得は難しいものでもないようです。
食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく介護士という肩書きを得ます。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。そういった、介護士を養成する学校は複数あります。



看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに心を動かされたのが契機となりました。将来は、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに看護学校へ進み、晴れて介護士になりました。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。

なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

ところが、専門性の高さですとか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、仕事の内容は全く変わってきます。人材として需要が高いため、介護士は転職しやすいです。
することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。
しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところも観察されることになるはずです。
人間的な良さをアピールできると、とても有利でしょう。



いつ働くか休むかをコントロールしやすく、したい仕事を選べたりもする、等々が派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。
勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職してみても良いのではないでしょうか。



介護士が活躍できる場所は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。



どういったところかというと、グループホームという介護施設です。

こういったところでも特に介護士は重宝されているのです。
グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。

介護関係に携わりたいという介護士の方は、グループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。介護施設にもよるのですが、介護士がもらえる報酬は、他と比べると、女性の仕事としては、とても高い額の給料となっております。


人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当をしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。



誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないなど、そういったかなり勤勉な介護士の給料額は、通常より相当、高いものとなっているはずです。


一般的に見ると大変だと思われる介護士ですが、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
具体例として、二交代制の介護施設勤務について言うと、途中で休憩を挟みはしますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。

このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、世間的に、介護士として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。



一般的に、介護士の休みは、働いている職場で各自違うようです。
特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも当たり前にあります。

大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うとご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや不規則な勤務形態です。
やはり、女性が多い職場ともなると、複雑な人間関係がつくられているところも少なくないのです。

また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのもひとつの選択として、覚えておきましょう。介護士の仕事を選択する、よくいわれる動機の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。卒後間もない介護士の場合も、同じくらいの歳の新入社員よりもより高収入といえるでしょう。ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子育てをしながら働く介護士にしてみるととても難しい問題となっています。小学生になる前の子供だったら、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、介護施設付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。
そのため、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も相当数いると思われます。
仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。

でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。

そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、人の身体がどんな具合か、だけではなく、そのうち、自身の身体や健康のことなども状態を自覚したりできるようになります。

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。

でも、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。

そのため、うつ病を患う介護士も少なくないそうです。

介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:渉
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nabantuteyirri/index1_0.rdf