2005年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:naaja
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
はじめてみます / 2005年04月13日(水)
今日からブログ専用サイトでも日記をつけてみることに。
プライベートな日記とはまた違った形で、テーマを見つけて書いてみようと。
今日は最近テレビなどを見て時々思ってしまう、最近の日本人の話し方の乱れ、について。
などと偉そうに書いているけれど、私自身も正しい日本語をきちんと話せていない、書けてない、ことは多いのです。しかし、最近のテレビ番組を見ていると、そんな私から見ても「はぁ・・」とため息をつきたくなるような「話し方」をする人がいるのです。正しい日本語を使う、というのももちろんなのですが、今日私が書きたいのはどちらかというと、「話し方」の方。最近の若い人達はなぜか口をあまり大きく開けず話す人が多い気がしてなりません。いわゆる「もぞもぞふにゃふにゃ」しゃべり。傲慢ながら、個人的に最も「がっかり」してしまうのは、いわゆるその道のプロと呼ばれる類に入っている若者達が試合後のインタビューや記者会見で、堂々たる成績をおさめているにもかかわらず、なぜか「話し方」が今風な時。。(今風、という言葉もおかしいのかもしれないけれど)試合でとても感動したのもつかの間、なんだかとても「がっかり」してしまうのです。多分、というより、絶対、普通では考えられない大変な努力を積み重ねてきている人達で、逆に私が彼らを見て学ばせてもらうことばかりだと思うのだけれど、その今風な「話し方」を聞いてしまった途端、なぜかひどくがっかりしてしまう自分がいたりするのです。これは先日テニスのシャラポワのインタビューを見ても思ったのですが、「もぞもぞ」な話し方は外国でも今風なのかしら・・と。素晴らしいシャラポワのプレーとは少し繋がりにくい、彼女の何となくメリハリのない話し方。これは偶然かもしれないのだけれど・・・。個人的に思うのは、若い世代の場合、やはり気付かないこと、が結構あるとも思うので、この場合はやはり周りにいる大人たちが注意しながら教えていくべきだと思うのです。たった、話し方一つのことなんですから、その他の専門的な努力に比べれば、実に簡単なことだと思うのですが。そんな私もこういうことを思ったことがよい機会、正しい日本語を使い、きちんとした話し方を日々心がけるよう注意しなくては、と改めて自分を戒めています。日本語はきちんと話すと、方言が入っていたとしても、とてもきれいに聞こえるものだと思うのです。
 
   
Posted at 21:33 / 社会 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Global Media Online INC.