桜井和寿の土門

May 09 [Mon], 2016, 15:08
胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。


ですから妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお薦めです。
サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。



葉酸を効率よく働かせるためにも、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。通常の食事で摂取出来る栄養素と、サプリによる補給が相互的に作用し合い、葉酸も効率よくはたらけるという訳です。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。

正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。



しかし、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においてもとても大事な栄養成分ですから、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。



葉酸は赤ちゃんがゲンキに育つために大変重要な栄養素の一つです。

それでは、もし葉酸が不足したら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。


そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になるという研究結果が報告されました。

ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、摂取をお薦めします。
私の話なのですが、妊活をしていた当時、本を買って「産み分け」について学びました。
長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後上手くタイミングを合わせたりしながら、産み分け法を実践しました。妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安でドキドキしていました。結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かっ立と思っています。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、日ごろの食事に気を付けていただきたいことは持ちろん、それに加えて十分な葉酸の摂取が厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。葉酸は多様な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。


最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されているようです)を正常に働かせる作用があるので、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。

軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動はこころとからだのバランスを整えると言われていますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素なんですよね。とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が辛い時もありますよね。そうした場合、無理な食事は厳禁です。葉酸の摂取はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足した葉酸を確実に補給できますので、積極的に利用したら良いでしょう。
一般的に、妊娠してから栄養指導をうけたり、地域などでおこなわれる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。


こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明をうけたのではないでしょうか。


一般的に、葉酸を多くふくむ代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。あるいは、野菜も代表の一つですね。

普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、食材を調理するようにしましょう。「妊活」という言葉から想像できることと言ったら、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?持ちろん、女性がおこなうべき妊活も沢山あります。
しかし、男性にも出来る妊活があるんです。



それが葉酸の摂取です。

ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは母体に限らず、男性にあるというケースもあるわけです。

特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践してほしい妊活のひとつなのです。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。



さらには妊娠にも効果が高い役割を果たし、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役たつとして注目されています。
造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能が正常化して活発になり、不妊状態を打破するために大いに役たつのです。


妊娠しにくい体質を改善する食品というと、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも大事な栄養素が含まれていますから、日常の食事に積極的に取り入れたいと思います。また、栄養バランスよく一つの食品群に偏らないことが理想的な食生活というのに変わりはありません。


その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが、妊娠してからも楽になるのです。一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、冬が旬のコマツナ、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。

赤ちゃんを授かったアト、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。


葉酸の摂取で、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の正常な発達に働聴かけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の換りにそれらを食べることを推奨します。


葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取がもとめられています。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるんですね。



ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。


万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠っ立と感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、普通の食事を摂っていたならば、多少は葉酸を摂れてい立と思います。

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。



1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(まあまあ高いらしいです)。

相乗効果なのか、ほどなくして下の子を授かりました。

妊活中は、普段の食生活から摂取出来る栄養に注意されている方が多いですよね。不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。
妊活中において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。
ビタミンの一種である葉酸には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。



それに、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)が先天的異常を発症するリスクを低減します。

それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、妊活中の夫婦それぞれに大切なサプリであると言えますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ワカナ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/na9tnl1pp5lea9/index1_0.rdf