#9【チョイ悪】
2007.10.31 [Wed] 22:08

チョイ悪オヤジは世間が騒いでるだけで、なかなか存在しないのではないでしょうか。


うちのオヤジは見た目はコワモテでチョイ悪な要素が有るのですが、私服は短パン×ハイソックスという罰ゲームのような着こなし。
とりわけリューイチのオヤジはハーレー×革ジャンという本当の悪オヤジでチョイ悪どころではない。

誰かチョイ悪を見つけたら教えて下さい。
 

#8【さかさかさか】
2007.10.20 [Sat] 01:31

『〜のラーメンが食べたい』
『〜のリゾットが今日は食べたい』
という日に限って
定休日だったりする。

今日はそんな日で
巡り巡って辿り着いたのは、いつものラーメン屋

どうせだから、いつもと違うメニューを注文した。

結構美味いじゃん!


…母親いわく、人生には3つの『さか』があるらしい。


上り坂、下り坂ときて…
ふーん。なるほどね。

3つ目は、な〜かなか教えてくれなかった。
母親は散々話しを煽った。
揚句に出た答えは『まさか』だった。
その答えがまさかだった。


今日はそんな『まさか』な日。
以外と美味しいラーメンに出会えたからね。
しかし、母親の言う『まさか』は悪い意味合いだ。
人生何が起こるか分からない。と言いたいのだ。


母親はラーメン屋に行った時、ラーメンの中に金束子が入っていた。
『まさか!のトッピング』だ
ホンジャマカもびっくりだ。


亀田親子は『まさか』のライセンス停止処分。
対した内藤選手は『まさか』の人気沸騰。今まで存在しなかったスポンサーまで就く上がり調子。


『まさか』を越えて行くには地道な努力が必要なのだ。
上り坂、下り坂を確実に歩んだ者と、坂をごまかした者とでは、頂きに待っている『まさか』は全く違う。


だからこそ内藤選手の勝利は痛快。

だからこそ俺もアンタも頑張ってんだよな。
 

#7【♪music】
2007.09.01 [Sat] 22:16

明日はFP練習日だに。
頑張るぞい。
タクのドラムも
カッチャンのギターも
リューイチの大き過ぎるベースも
楽しみですたい。

そんでもって来週は志津SoundStreamでライブだべ!
お客さんの反応も
サンストのスタッフも
練習の成果も
待ち遠しいっちゃ。


ライブでは本当にいろんな人達に出会える。
それも、大体が良い出会い。
たった一回、一年前に一緒にライブやったバンドと今でも交流があったり。
ライブで知り合った人が今じゃ音楽のよき相談相手になってたり。
びっくりすることに嫌な出会いなんて全然無いのです。
なんて幸せなんだろ。
音楽を取り巻く環境って、すっげぇピースフルなんだな。
そこのアナタ!
家で宿題なんかやってる場合じゃないよ!
そこの君!
仕事なんかほったらかしなさい!
ライブに行こう!
 

#6【ニートパッション】
2007.08.22 [Wed] 02:43

『ミニ〇〇』
と、お題が出されたら、ミニスカしか出て来ないと言い切れる今日この頃。
年金が宙に浮いた今、日本男児は『エロ』にしか興味はない。


例えば
フロントホックブラを男に説明させると
前で『外す』やつって答える。
女の子に説明させると
前で『着ける』やつって答えるらしい。
女の子から言わせると『外す』って答える男たちは、どうやらエロいらしい。

おいおい!ちょっと待てよ!
男に生まれた以上
ブラを着けた事なんかないんだからそうやって答えるに決まってんじゃん!

むしろ『着ける』って答えるヤツの方がエロいというか、アブナイ。

そう考えると男はエロいのか?という気分になる。

『エロ』の定義はなんだろう?

リューイチがビキニよりスクール水着がいいと訴えるのはエロい。しかしゆるい。
確固たる『エロ』は俺の古くからの珍友人タクヤが持ち合わせていた。

なんとタクヤは彼女のパンツを被るという偉業を成し遂げたのだ。
これはエロを越えて、変態の領域だ。
エロい事は間違いないが、やり過ぎはよくない。
エロと変態は紙一重。
でも男としてはこれくらいやってもらわないとエロいとは言えないのかも。
 

#5【チキンハート】
2007.08.15 [Wed] 02:16

いつかの高校時代の夏、友達のモトヒロが

『好きな人の事を考えただけで胸が痛い!て感覚になるか?』
と聞いてきた。

俺もモトヒロもそんな感覚は体験したことが無かったから、不思議な話しだった。

胸が痛いモトヒロの友達によれば、痛み始めると夜も眠れなくなり、頭の中は好きな人の事でいっぱいになってしまい、不眠症やら頭痛やらで大変らしい。

そんな感覚はマンガとかドラマ世界の表現でしか無いと思っていた。

2007年夏
伊達に俺も年を重ねてきた訳じゃない。
胸が痛い感覚は既に持ち合わせてますよ。リューイチくん。

あの何とも言えない感覚
痛いというか
キュン?
締め付けられるというか
ふにょーん?
って感じ?

まぁ人それぞれかな?

今はいい意味で胸が痛くなる生活は出来てないかな。
違う痛みが胸を締め付けてます。
そういう時期だし
自分一人ではないから
踏ん張る訳です

そしたらいつかまた、『ふにょーん』ってなれるはず
明日は親友のモトヒロと久々の再会
胸が痛むようになったかな?
 

#4【ノナカユウジ】
2007.08.08 [Wed] 00:15

暫くの間blogほったらかしでしたね〜
すみません。
携帯を変えたのでblogのやり方が解らなかったんだ。

携帯を変えてすぐに行ったのが電話メモリーの整理。
『俺も、もう23だし"あだ名"でメモリーを入れておくのは卒業しよう。』
作業に取り掛かって気付いたけど、あだ名でメモリー入ってる奴の大半名前が判らない…
しかも、こんな奴居たっけ?
なんて事も。

ショックだったのは親友の『ゴリ』こと、『ノナカユウジ』に関しては見ての通り漢字が判らない。

(笑)

明日アイツに謝りに行きます。
 

#3【誕生日】
2007.07.18 [Wed] 00:23

昨日7/17は俺の誕生日。
急に呼び出されて
友達んち行ったら誕生会してくれた。

部屋は真っ暗で、ロウソクが刺さったケーキだけが光ってた。

友達ってやっぱいいよな。
 

#2【石鹸】
2007.07.14 [Sat] 00:49

『ふと思った事』を日記に綴ってみよう!

という事で今回は『石鹸』

石鹸ってさ、手をキレイにしてくれるものだよな。
手をキレイにする前は汚いよな。

…。
おいおい!ブラザー!
『汚い手と常に向き合っている石鹸自体キレイなのかよ!?』
ってふと。


ふと。


そう


ここが肝心。

今回は深く考えたらダメだと思う。

だからこれまで。

ちなみに俺は絶対、泡石鹸
 

#1【空を飛ぶ】
2007.07.04 [Wed] 00:00

人間は気付かずに色んな事を、ふと考えている。

そして、それはふと過ぎ去り、次の瞬間にはどうでもよくなって消えてゆく。

そんな『ふと思った事』を日記に綴ってみよう!という企画。

普段何気なく考えていることを掘り起こして、ちょっと深く考える。

著者の場合何気なく考えているものの大体はエロい事なんだけど、下ネタは一切自粛。

爽やかにお届けする事を誓うよ。


第1回の日記は爽やかに『空飛ぶ車!』

空飛ぶ車といえばご想像の通り『鉄腕アトム』や『ドラえもん』なんかに出てくるあの乗り物!

あれって、実際に現代科学の力で作れるって知ってた?
でも何で実際に作ったり、普及されたりしないかっていうと
莫大な費用がかかるから。
っていう理由も挙げられるんだけど、それ以外に決定的な弱点がある。
それは飛び立つ際にロケット噴射して、ぶっ飛ばなきゃならないっていう理由。

ふと思った。
…『ドラえもん』の未来の世界では、
ちょっと、しずかちゃんの家に行くのに空飛ぶ車が大活躍。

システム異常無し。
…エンジン点火。
…ロケット噴射!
発車します!

なんてやってる間に歩って行けよ!
って事になるよな。

更にロケット噴射にはある程度のスペースが必要。
家の駐車場は、発射台や着陸地帯が必要なり、かなりワイド。
スーパーに買い出しに行くマダムたちは夕暮れ…
『あらあら今日もダイエーは発射台が混んでて、イヤだわん。』
なんてこえが聞こえてくる。

法の整理も大変だ。
道は無いし。
事故は大事故ばかりだろう。
そのうち空の暴走族ならぬ、暴空族が現れて
『お前ら、誰の空で飛んでるか分かってんのか!?コラ!』
エリアによっては命とり(笑)
しかしながら、どこかロマンが垣間見える。

空飛ぶ車が普及される日は遠い。

でも乗ってみたいと思うのが人情。

俺が空飛ぶ車を手に入れたら真っ先にカリフォルニアに飛んで行ってジョン・フルシアンテにお礼をしに行こう!

あなたは、誰に会いに行きますか?