妹尾であやひー

June 22 [Thu], 2017, 8:29
実のところ、看護師さんは大変な業務が多いですね。過労死を避けるように自分の体を気遣った方がいいです。

満足な条件でない場合、職場を変えることを念頭に入れてみてください。

長期の治療を要する病気になれば、バリバリと働くことも厳しくなります。自分の体調のことは他の誰も守ってくれることはありません。

病院の統廃合続きにより、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。


日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがものすごい激務に追われているのです。男性看護師も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは頷けます。一般的には、看護師はハードワークだと認識されています。これは、近年の病院の雇用環境の問題がきっかけで、長期間にわたって続く人手不足より就業時間が長引いてしまう動向がみられるためです。

長時間の労働環境に加えて、月に何回か組み込まれる夜勤があるため、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が大部分でしょう。



給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみると純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼ぎが多くなるという現実があります。


ですので、「いいお給料で看護師をしたい」というのならば仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。

当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が一般的に知られています。

透析や採血、献血のような特有の仕事だけを行う科といえます。

献血センターもこれに該当します。


基本は同じ仕事の繰り返しで採血のテクニックが上達しますし、人名にかかわるような作業もあまりありません。どの科でも採血を行う場合が多いので、どの科に替わっても助けになります。
一般に、看護師に就職するには、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「医療界で仕事をこなしていくんだ」という固い決意が大事だと思います。

やはり、専門職であるから、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口に困ったりもしません。
しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。
子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、日中のみ働くことができたり、働く日の少ない仕事だったりが良いでしょう。
育児の間のみ看護師をお休みするという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探したほうが良いでしょう。

ナースはいつもスマイルを保つことが大切なのです。来院している人は不安を持っているということが多かったりします。

笑顔の看護師さんをみると、不安でいっぱいの心を軽くできます。

常にニッコリ笑って患者さんと接するように、心がけることが大事です。看護職員の方が仕事場を変える手段としては、今はネットサービスを役立てるのが多数派になってきました。看護職に特化した人材派遣サイトをうまく使えば、出費もありませんし、どこにいても好きな時に募集案件を検討することも可能です。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、多角的に検討するのが鍵ですので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。



実際、看護のお仕事は、求人情報に載っている休日、社員への手厚い保障、年齢、仕事を休止している期間などの必要な事柄がもっとも見やすくなっていると噂です。ですから、希望条件に合っている転職先を、ささっと発見できるというわけですね。

ここ数年はますます看護師は不足気味です。看護師の資格を持っている人の中には、看護師の職を選択していない人も多いのです。看護師の不足の要因はというと看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。

なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。

職場の大半を女性が占めており、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。


国外で医療的な支援を求めている人々に、医療の立場から支援したいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。
海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。海外で看護師になる場合、患者との円滑なコミュニケーションのために英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外で看護師として活躍したいのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。すぐに、退職をする看護師はけっこうたくさんいます。女性の割合が高いため、対人関係でもめやすく、辞めても、再就職をすることが難しくないことがあるようです。他の仕事と比べて看護師ならいつでも再就職できるので、希望労働条件と著しく違う場合、すぐに辞めて、よその医療機関に再就職を果たす人もたくさんいます。

新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。

ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。


決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。

でも、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとわかったのです。


ナースの年収は高いと思われている方もいると思います。
しかし、看護師は夜勤がなければあまりお金を得ることができず、もらえる月給が不十分ということがあります。それにより、独身の時は夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、結婚後、夜勤のない医院に再び就職する方も多いです。


看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

面接担当官に悪印象だと、どれほど看護専門職は市場で価値が高いとはいえご縁がなかったということにもなるのです。

当然のことながら、待遇が良い勤務先はライバルがその分多数いると考えて、気を抜かないで万全を期し自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。身だしなみを整えきちんとした格好をして、元気にレスポンスすることを心がけてください。



看護roo!というHPにある対象が看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師の助言や常日頃、看護師が注目している情報がいろいろ掲載されているので、たいへん人気が高くなっています。

看護師が日頃から、疑問に思っていることや誰かに訊きたいと思っていること、それらの回答もコミュニティ内で知ることができるため、すごく役に立ちます。

看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことが少なくありません。その点、看護専門のオンライン求人サービスには、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりをお願いできる所も少なくありません。
退職金の金額を心配している看護師ももしかしたら、多いかもしれません。

退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。


続いて、退職金の金額が大きいのは大学病院でしょうか。規模が小さい病院の場合は、ほとんど出ません。どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、基本的には、規模が大きい医療施設の方が待遇が優れています。看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、他の仕事よりは、続けやすい仕事であるなんていわれています。

例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、戻りやすい職種です。

高度な専門性が子育てが一段落してからの復帰がしやすいことに関わっているといえるでしょう。


一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職率の高い仕事でもあります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mariko
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n9ln5nrtfoauai/index1_0.rdf