ケリーで浜本

April 29 [Sun], 2018, 0:46
俗にいう乳製品以外にも、含んだ食品が存在することを知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。


いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これは常識なのですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。


実は乳酸菌を摂ると様々な良い結果がもたらされます。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、腸内の環境を良くします。



結果、免疫力が上がり、多くの健康効果を実感することが出来ます。

アトピーに良い効果があったり、インフルエンザ等の感染症予防にも効果が期待できます。乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いとされているのです。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって症状の改善に役立つ可能性があるのです。アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。
数が少なければ問題ありませんが、このIgEという抗体がたくさんの数作られてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。これがアトピーの原因であるとされており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

屁の臭いに悩んでいる方は乳酸菌を積極的にとってください。

おならによる臭いの原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。
ですから、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を防ぐ役割をする、乳酸菌を積極的に、継続して摂ることでおならの臭気を和らげることができます。便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所である天枢(てんすう)であります。
後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。
便秘の種類それぞれで効果を得ることができるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで改善につながるでしょう。私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。子供の頃から存在していたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、いつだって私のお腹を労わり続けてくれました。

「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、まずはビオフェルミンなのです。
乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、これと言った決まりはあるわけではありません。
参考になる量と回数は商品の外箱に、書いてあるところがありますから、まずはそこから始めて下さい。
摂取するのに比べて、決まった回数に分けた方が吸収を高めるという点で効果が上がります。

この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが明らかになってきました。
実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって起因されることもありますアトピー患者の大部分は腸内環境が整っていないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピー克服への第一歩となるでしょう。

乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのはみんな理解しています。しかし、乳酸器は胃酸が苦手なので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効き目が出ないのではという考えを持つ人もいます。実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、ひいては体の健康増進になってくれるのです。



夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。インフルエンザの検査が実施できますよとすすめられました。



私も、もしかして、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと念じました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナデ
読者になる
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる