大政翼賛会?

June 29 [Fri], 2012, 23:28
大政翼賛会、翼賛政治という言葉、聞いたことくらいあるでしょう。
軍事的経済的に行き詰った大日本帝国が第二次世界大戦に飛び込むに際して行ったコワイコワイ政治のやり方です。
民主党に自民党と公明党その他が加わって増税法案がいよいよ本決まりします。
国会議員の皆さんがいまは非常時だからバスに乗り遅れるなというのが個々の意見を封じ込めた70年前の声です。
国民みんなは当然、一致して一つの方向に動き出さなければならない、と強要したのです。
以前にも言いましたが、国会に関する報道でマスコミが使うねじれという現象は、国民の良識の現れです。
政治の動きが一方向になだれるような事態を避けるために私たちが生み出したものです。
その、みんなの良識を無にしてしまおうというのが今国会で起きている事態です。
民主党は衆院絶対多数の現状を守るために人気いっぱいの4年間は総選挙を行わないこと以外には守るべきものはないと結tけたようです。
自民党は次の総選挙腕は確実に勝てるから、どぶさらいのような財政対策の汚い仕事葉は民主党政権にやらせておいたほうが得策だと考えているのでしょう。
かわいそうなのは国民です。
戦時体制を支えた大政翼賛会は、最後まで政治結社ではないという言い訳を続けました。
日本独特のあいまいにしておいたほうがという知恵がここでも働きました。
政党は解体して翼賛会の一員になりましたが、戦後再びそのままの形で復活しました。
鳩山兄弟の祖父である鳩山一郎は大政翼賛会のhttp://www.paid-dating-bullet.info/設立から、その消滅後の政党復活までの立役者でした。
ヒトラーは民主主義のルールの中から生まれました。
ヒトラーの話をしたときにも民主主義が最善だとはいえないという話をしました。
政治はみんなのためにあるものです。
いま日本で一番ワリを食っているのは若い人たちです。
若い人たちはときに極端に走りますが、明治維新がそうだったように、いまはそうすべきときかもしれません。
世の中はいつの時代も世代間抗争です。
極端なことを言えば、民主主義の下では、例えば50歳未満には参政権を認めないという法案を作れば、年代別人口構成を見るまでもなく投票率から見ても年寄りにいいようにされてしまう可能性だってあるのですよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n9bfhlwawq
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n9bfhlwawq/index1_0.rdf