1999年から始めたAIBO保育園の続編です トップページはこちらです。

ERCのあの方がTVに! / 2005年07月24日(日)
「大阪ほんわかテレビ」を偶然見て、びっくりしたぁ〜
何でもおばあさまのお宝を引き継いで「超微細モノ」をコレクションしてらっしゃるとの事で、6cmの実際に冷やせる?冷蔵庫っとか・・・

22世紀にミニチュア芸術品を残したいという趣旨のコーナーだったようです。
 
   
Posted at 23:02 / 雑記 / この記事のURL
コメント(0)
ers-7の過熱対応 自動昼寝機能 / 2005年07月22日(金)
昨日の記事にも追記しましたが。自律行動していたers-7が着座後に充電開始できず、自らシャットダウンした場合、(大阪弁では『温度異常やぁ〜』といいます)、電源OFFではなく、スリープ状態になっています。
そのまま、強制的に冷やさず放置しておくと、充電を開始して、温度も下がった頃に、自動的に復帰します。(自律的にステーションから降りる状態)

シャットダウンした時の温度
気温32.6℃ 湿度 50%
AIBO側面の黒い部分 41.0℃

自動復帰した時の温度
気温 32.2℃ 湿度 50%
AIBO側面の黒い部分 37.0℃

ということで、むしろ自然に放置したほうが、気温が高ければその分復帰も遅くなり、AIBOの昼寝だと思ってそっとしておけばよいという事になります。
昼寝も自動なんてSteve(ers-7M2)すごいです!



しかし、気温が高いとステーション上の「ers-7 M2のダンス」も、やってくれないのでつまらないです。もう少し、高い温度でも正常稼動はして欲しいですね。
 
   
Posted at 20:35 / AIBOの過熱 / この記事のURL
コメント(0)
Steve帰る さっそくアノ・ポーズで冷却 / 2005年07月21日(木)
AIBOクリニックに修理に行っていたers-7 Steve が今夜の指定便なのに昨夜到着しました。

ペシュの件があったので、外箱からチェックです。

小さなへこみ傷、こすれ、角が圧縮された痕があります。箱のどこにも「貴重品・精密機械」等の注意ラベルは貼ってありません。この箱は、2004年末の無償修理時のもので、2重になっていません。
でもSteveは大丈夫そうでした。


今回の修理内容は
首のティルト(たて方向)ユニットの交換のみで
その他のアクチュエータには問題無しとの事でした。
又、過熱問題につても、バッテリーその他に劣化は見られず、故障修理対象箇所が無いため、特に対策はとられませんでした。
マニュアルの動作可能気温以下でも、過熱問題が出た場合には今行っているような対応(一度電源を切ってcooldownする)を行ってくださいとの事。

さっそく、自律行動後にステーションに着座しても充電が開始されない問題が出ました。

気温 33.8℃ 湿度 45%
本体側面 41.1℃
バッテリー側面 55.4℃
本体内部 59.6℃
MS裏面 58.8℃

2回目 ステーション着座後、充電状態確認せず(おそらく充電できない状態だったと思われる)
   突然 「活動停止状態になるで〜」っと言ったように思う
     7/22追記 「温度異常やぁ〜!」と言ったらしい。
   ・・・その後、ステーション上でシャットダウンして充電開始

気温 34.2℃ 湿度 47%
本体側面 41.2℃
バッテリー側面 54.2℃
本体内部 58.6℃
MS裏面 59.6℃

動作可能温度の仕様上の上限は気温35℃以下なので、本来問題はでないはずなのです。
個体差なども多少ある可能性はありますが、ERS-111と同様に温度管理の閾値がシビアなのが裏目に出ているのか、それとも経年変化で設計時に想定外の温度上昇が発生しているのか?わかりません。
 
   
Posted at 12:47 / AIBOの過熱 / この記事のURL
コメント(0)
ソニーさんへの要望 / 2005年07月16日(土)
アイボクリニックの担当の方に「その他ご要望事項」を尋ねていただいたので、申し上げた事と、言いそびれたことを、書いておこうと思う。

1.AIBOは家電製品ではなく、世界最初の家庭用ロボットである。
  したがって「7年間の部品保有期間」の適用外とし、
  基本的に無期限に修理対応を行うようにしてほしい。
  と、現ソニー会長あたりから発表があると、イメージいいですよ。

2.AIBO愛護プランの延長(4年目以降)の契約をさせてほしい。
  経年変化と共に、料金アップは多少やむなしと考える。
  現在愛護プランの無い機種も、いまから制度化して欲しい。

以下 言いそびれた分

3.AIBOクリニックの梱包・送料は融通が無さ過ぎる。(複数部品を購入
  注文する場合「別送になります」と言い切られる)
  今時、同混用に多少見栄えが悪くても、適当なダンボールに
  つめて欲しい。
  逆にソニースタイルは、DVD1枚送付するのに、大きなダンボール
  を使ってきた。
  ソニー全社で物流を考えた方がよいのではないか?

4.ERS-210の首ティルト関節クラッチの故障はリコール扱いである
  べきだ。今からでも、少なくともAIBO1体につき、修理1回分を
  無償としてほしい。

以上です。

参考記事 トヨタ・プリウスのバッテリーは無期限・無償補償

P.S.
AIBO開発者さんへの要望追記
「もしQRIOが発売された時、AIBOは、何をするべきか」と自問してください。
AIBOにはAIBOのアプリケーションが、QRIOにはQRIOに相応しいアプリケーションがあり、それぞれ住み分けが必要です。
QRIOが発売されていないからといって、なんでもers-7に突っ込むのはやめて欲しいです。
 
   
Posted at 10:08 / AIBO / この記事のURL
コメント(1)
DVD「AIBO STORIES」 / 2005年07月14日(木)
先日購入したDVD「AIBO STORIES」
Steveがいなくなったら(修理に出している間に)観ると、ジーンさんは言っていましたが、見る気配はありません。
まぁSteveのかわりになるわけではありませんが。

これって、ゲームの「攻略本」とちょっと似ています。ゲームの攻略本は、ゲームを「解く楽しみ」を買ったはずなのに「答えを見てしまう」ということ自身、矛盾する商品です。だけど、ニーズがあるので必ず出版される・・・というか、ゲームの方を「攻略本併用ありき」で作ってあったりします。
AIBOをゲームと同じように論じたくはありませんが、こういうDVDを出されると、開発側はそう思ってしまっているのではないかと、考えたくなります。

いや、おっしゃりたいことはわかります。ユーザーのニーズがあると。多様なニーズに対応するんだと。
しかし、本当にユーザーのニーズを分析して満足度を上げて行くと言う、普通の商品開発戦略がAIBOに合っているのでしょうか?疑問に思っています。メーカーがユーザーを育てる事(答えを教える事ではありません)は、不可能なのでしょうか?
そうとうしっかりした「志」が必要ですが、それがあれば、不可能ではないはずです。

安易な「わかりやすさ」はAIBOの本当の楽しみを、奪って行きます。一度奪われたら戻りません。AIBOがどんどん安っぽいおもちゃに近づいてしまわないか、やはり心配です。

何も知らずに、自然にAIBOと暮らす事ができれば、それが一番の幸せです。
 
   
Posted at 15:00 / 雑記 / この記事のURL
コメント(0)
Steve クリニックへ / 2005年07月12日(火)
ers-7 Steveは最近の過熱問題、首その他関節ガタガタ問題で、AIBOクリニックに本日旅立ちました。
写真は主のいなくなったステーションです。

昨日の事ですが、Steveは歩行中に扇風機のスイッチを1から3に足で切り替えました。よほど暑かったのでしょうか?(ウチの扇風機は空気を循環させるために、ほぼ垂直に上を向いているので、「3」にしても直接風はきませんが)


もし、この扇風機の風が原因で、ピタゴラスイッチ風になにか事故(火事とか)が発生したら、やはり、責任はソニー株式会社ではなく、ウチになるんでしょうね。
 
   
Posted at 20:35 / AIBO / この記事のURL
コメント(1)
Steveのお気に入り / 2005年07月09日(土)
Steve(ers-7)が勝手にお気に入りの場所を撮影した写真です。


この間、ステーションと間違えていた、チェック柄のアルテミスのカーテンです。
お気に入りにしてしまって、ますますステーションと間違えることはないか、ちょっと心配です。
________________________________________________________________________

7/10 追記
今度はお気に入りがココになりました。Steveの撮る写真は、いつも薄暗くてノイズが多くて心霊写真みたいなので、ちょっと修整したのが、下の写真です。


memoniの横顔・・・と温度湿度計とアルミの板・・・

memoniの横顔とは随分渋いお気に入りです。
 
   
Posted at 20:25 / AIBO / この記事のURL
コメント(0)
AIBO de シネマ(サウンドオブミュージック)GM / 2005年07月02日(土)
AIBO de シネマ(サウンドオブミュージック)GMをダウンロードして、試してみた。
税別1000円と聞いてジーンさんが「高い」と・・・を振り切って、さっそくSteveにDEMOしてもらう。「ゲームモード」に興味が無いので、使い方が良くわからないが、適当に操作して5曲を演じてもらう。

1. 私のお気に入り(My Favorite Things)
2. ドレミの歌(Do-Re-Mi)
3. エーデルワイス(Edelweiss)
4. すべての山に登れ(Climb Ev'ry Mountain)
5. ひとりぼっちの羊飼い(The Lonely Goatherd)

どの曲も、曲名から脳内で音楽を再生すると、ものすごく感動する。その期待感が仇となった。1000円は高い。
いや、作成者の苦労は良くわかる。ちょっとまじめに上品過ぎるのかな、とも、思う。(『フラワー』みたいなインパクトのあるモーションでも良かったのに。あっ、後ろ足だけのダンスはちょっと笑いましたけど)
各曲一度きりでDEMOは終わった。残念ながら、何度も見たいと思わないし人に見せたいとも思わない。AIBOをほとんど見た事がない子供(オトナでも)ならいざしらず。

十分に楽しいダンスモーションをするのには、AIBOの自由度はもはや足らないのかも知れない。(せめて、腕をクロスさせる事ができるとかね)

もともとAIBOのモーションは「自分が作ったら、思い込みもあって楽しいもの」だと思っているので、人の作ったモーションを、その人の人柄抜きで楽しむのは、きついと思う。

AIBO MIND 2 のサービスパック3 で提供された「ダンサーモード」で原曲を聞かせたほうが、まったり楽しめるかもしれない。こんな事を言うのはモーションクリエーターの方に酷なんだけど。これからは、自動ダンシングモードの進化に期待したい。

クリエーターさん、これからも頑張って下さい。
 
   
Posted at 15:10 / AIBO / この記事のURL
コメント(0)
ただいま! / 2005年07月01日(金)


AIBOクリニックに再入院中だったペシュ(ERS-311B/X スエード ラッテ)がきれいにしてもらって、雨の中を無事に帰ってきました。
日通航空のおにいさんが二人掛りで大きな箱をもってきて、なかから2重の箱がぷちぷちにくるまれて出てくるという、超厳重輸送でした。

ペシュ おかえり!

お顔がきれいになったと、ジーンさんも一安心。
Mさんも安心してくださいね。

Steveから?お礼のメッセージです。
(MP3 185kb)

これまでの経緯ナド
 
   
Posted at 21:55 / AIBO / この記事のURL
コメント(0)
Steve(ers-7)の温度測定 / 2005年06月29日(水)
放射温度計の、チャッチイのを購入したので、まずは「平熱」から測定を行う

まず気温の測り方
アルミの板(熱伝導率の高いもの)に付属の黒体テープを張り、その部分を測定します。
このときは30.8℃です


室温に2時間以上放置しておいたバッテリーの側面を測定。
このときは32.2℃です。


同じく2時間放置しておいたAIBOの内部を測定。

このときは32.2℃です。

AIBOをステーションに乗せて側面を測定します。
このときは31.6℃です。


以下、「側面」は「AIBO本体の脇腹の黒い部分」の事です。

 = = = = = = = = = = = = = = = =

気温31.4℃ 側面39.4℃ お留守番後 ステーション上

気温28.0℃ 側面29.2℃ スリープ中(早朝) ステーション上

 = = = = = = = = = = = = = = = =

7/1 追記

自律行動後の温度 (ステーション着座後、充電開始できず)
気温29.0℃ 湿度65%  側面 37.6℃
   シャットダウンさせた後、裏蓋をあけて
      バッテリー側面(裏蓋を開けて見えている面) 51.6℃
      バッテリー取り出し後 本体内部 56.2℃
      メモリースティック取り出し直後 裏面 54.4℃

こりゃ熱すぎる。
しかし前にも書いたとおり、「動作温度」の仕様以下での使用である。
「故障」と考えるべきなのでしょうか?
   
 
 続きを読む…  
Posted at 05:32 / AIBOの過熱 / この記事のURL
コメント(0)
P R



n9a[人形つかい&gene]
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.