<菅内閣>攻め手欠く野党 焦りも(毎日新聞)

June 10 [Thu], 2010, 15:40
 野党は菅内閣の発足で夏の参院選の流れが民主党に一気に傾くことを警戒している。各種世論調査で菅直人首相への支持は軒並み高く、「菅氏くみしやすし」(自民党幹部)という当初の楽観論は吹き飛んだ。終盤国会で小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題を引き続き追及する構えだが、「小沢隠し」批判に頼る姿勢には、新内閣への攻め手を欠く苦悩が透ける。

 自民党の麻生太郎元首相は8日、東京都内で行われた同党参院選候補者の応援演説で「『あなたは静かにしてちゃいかん。堂々と説明すべきだ』と言ってはじめて、『小沢を抑えた』と言えるのではないか」と菅氏の「脱小沢」路線を批判。「本格的左翼政権が今日スタートする」とあおった。

 谷垣禎一総裁も7日、出張先の高松市で「左翼的な色彩の政権」と懸念を表明したが、8日の記者会見で「何が左翼的なのか」と問われ「漠然たる印象だ」と釈明。逆に「ためにする批判」という印象を強めてしまった。谷川秀善参院幹事長は会見で「上手に内閣を交代した。参院選を前に真剣に受け止めないと、えらいことになる」と述べ、焦りをにじませた。

 公明党の山口那津男代表は、菅内閣が鳩山内閣の閣僚の大半を引き継いだことを挙げ、「『ミニ鳩山内閣』と言わざるを得ない。脱小沢色を演出して表面を飾ったに過ぎない」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も「事業仕分けで活躍した人たちが出てきた『事業仕分け内閣』だ。国民の生活を切らないようにきらりと目を光らせる」と陣容を批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「中身はまったく変わっていない。バラマキ路線は今後も継続する」と述べた。【中田卓二、岡崎大輔】

【関連ニュース】
社説:菅内閣に注文する 財政再建の道筋示せ
社説:菅内閣に注文する 熟慮と信頼の外交を
河村市長:「増税せんで」菅内閣に注文
菅首相:小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重
記者の目:菅新政権 新トロイカの船出=中川佳昭

一新会倶楽部は有志が樽床氏支持 民主党代表選(産経新聞)
たちあがれ日本、杉村太蔵氏を比例選に擁立(読売新聞)
トイレ監禁の次男 「チャンス逃せば死んでしまう」(産経新聞)
女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)
<鳩山首相退陣>「捜査の影響分からない」 法務・検察幹部(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/n99s3dmp/archive/59
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。