犯罪被害者の講演、全国で=都道府県警に拡大指示―中高生に命の大切さ・警察庁(時事通信)

May 26 [Wed], 2010, 14:15
 警察庁は20日、全国の警察本部に対し、中高生を対象にした犯罪被害者や遺族の講演会を実施するよう指示する方針を固めた。2009年度は32都道府県警が講演会を開いており、同庁は「遺族の言葉の重みに触れ、『命の大切さを改めて理解した』との声が多い」として拡大を決めた。
 同庁によると、犯罪被害者をテーマに、警察が中高生向けに実施した講演会は昨年度288回あり、参加者は10万5700人に上った。被害者遺族らの講演に加え、遺族の手記を朗読したり、警察の被害者支援担当者が話したりしたケースもあった。
 講演会は、都道府県警が実施する被害者支援の広報啓発活動の一環。遺族が置かれた状況を知らせて活動への理解を深めてもらうとともに、被害の深刻さを伝え、社会全体の規範意識向上につなげる狙いがある。 

<真夏日>東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
<山陽新幹線>停電で姫路〜新大阪駅間運転見合わせ(毎日新聞)
首相動静(5月22日)(時事通信)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
<郵政改革法案>衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/n99s3dmp/archive/56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。