介護支援ボランティア制度開始、県内初―福岡県篠栗町(医療介護CBニュース)

April 24 [Sat], 2010, 4:06
 福岡県篠栗町はこのほど、「介護支援ボランティア制度」を開始した。同町によると、県内で初めての試み。高齢者の介護予防を目指した取り組みで、年間70人以上の利用を見込む。

 同制度は、65歳以上のボランティアが、町内の老人ホームなどに入所している高齢者とコミュニケーションを図ったり、レクリエーション活動をしたりするもの。現時点で町内の老人ホーム11施設や一部の公共施設などが対象施設となっている。
 ボランティアには現金と交換できるポイントが付与される。1ポイント当たり100円で、1日の上限が2ポイント、年間の上限が50ポイント。

 東京都稲城市が全国で初めて同制度を開始した。篠栗町では、町内のボランティア活動家らの要望を受けて、同制度を運用している佐賀県唐津市などを視察して導入を決めた。

 同町によると、「元気な高齢者が増えることで介護予防事業につながる。既に32人の利用申し込みがあり、年間70人を超える見通し」という。


【関連記事】
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明
介護施設整備に民間事業者の活用を

整体、散髪代を運動費計上=「誤解生む」と報告書訂正−09年衆院選で民主長島議員(時事通信)
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権(産経新聞)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
中学での「死亡確率」突出 柔道、頭部ガードの対策必要(産経新聞)
9項目の「検討の視点」を了承―規制・制度改革分科会WG(医療介護CBニュース)
  • URL:http://yaplog.jp/n99s3dmp/archive/51
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。