河西の宍戸

April 05 [Tue], 2016, 15:05
数多くの引っ越し体験がありますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。
「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。
はずかしながら、自作の陶器でしたから、衝撃は大きかったです。

ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。



そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きに含まれるのが運転免許証の住所を変えることですね。運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を提出して、届を書いて出すだけですぐ変更できます。毎日快適に生活するために必要な環境は、住居内で終わるわけではありません。近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。住環境をよりよくするため、引っ越してきたら挨拶を欠かさず行ってください。ちょっとした手土産を携えて挨拶回りをした方が良いです。長々と訪問する必要はありませんからとにかく好印象を与えるよう努めましょう。第一印象を良くすることが肝心です。

引っ越しも来月に迫ってきましたがピアノを転居のときに持っていくのかこの際、処分するかどうか悩んでいます。ピアノを弾くことはないので、新居に持っていくにもお金がかかります。これを処分するにしてもそれなりの費用がかかると思いますし、どうしたら良いのかわかりません。譲渡先があれば良いのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。一人暮らしの方が引っ越しすると引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。



新居がワンルームの場合は特に、かなりの面積を占めるのがベッドです。また、専門業者の腕を持ってしても新居の玄関からベッドを入れられないといったハプニングも起こるようです。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を試しに始めてみると家の中がすっきりしていいかもしれません。なんらかのサービスをしてもらった時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人は意外と多いです。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。
ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業スタッフからすると、もらえるとかなり喜ばしいことのようです。

気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。新居に引っ越し荷物を運んでくる時に置く場所をあまり自由にできない家電と言えば洗濯機、というのは間違いないでしょう。水を毎日大量に使う家電ですから近くに水道のある所に設置されることになります。水回りに設置する洗濯機の周囲というのは、湿気がこもりがちで、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をしっかり行うようにします。


私は引っ越しをしたのを機に、家にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。
使わない家具や着ない洋服など、たくさんありました。


業者に家まで足を運んでもらって、全てのものを査定してもらったのです。


すると、意外な査定額が出ました。

私の不用品が、お金へと変わったのです。とてもありがたかったです。


年金生活になれば、誰でも生活の大きな変化を余儀なくされます。
思い切って、環境も変えてみませんか?今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活そのものが大きく変わるとすると、生活と住環境のずれが出てくるものです。特に、賃貸にお住まいのご家庭では月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。


これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも選択肢の一つでしょう。引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。
一定時間行っていると、手の方は家具の重みで真っ赤になります。業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をはめています。



引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必要だなと思います。通常、転居する場合、nhkには住所変更の報告を出すことが強制されています。


引っ越しのタイミングにnhkを解約しようと思っていても、nhkは受信契約の解約にあっさり応じてはくれませんが、テレビを使えない状態にしたり、第三者に譲ったことを客観的に証拠立てることができれば解約できることになります。



引越しをするときのコツとは、新居の間取りをあらかじめ考えて、荷造りなどの引越し準備をするということです。
ダンボール等に入れるときに、荷物をどこの部屋に置くのかを考えて、段ボールの見えるところに書いておくと新しい家に着いてから余分な労力を省くことができます。



あと、手続きの必要な物事は計画を立てて行うと良いです。私はその昔分譲マンションでシングルの倍の幅があるベッドを使用していました。


事情があってそのマンションを手放し、狭い賃貸しタイプの棲家へ引越しすることになったのですが、寝台が大きすぎて部屋に入らないことがわかりました。


仕方なく顔見知りにに譲り、無事に引越っこすことができましたが、買い換えたベッドは次に引越した時に配置できないと困るので、シングルにしました。今の家に私たちが引っ越したとき、子供はちょうど1歳でした。1歳児とはいえ環境の変化はわかるもので少しストレスを感じていたようです。引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものももう使わないものを片付けていきました。片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。

なんだか懐かしく思いました。
引越しの挨拶を行うなら、転居したらすぐに行った方がうまくいくと思います。引越しの騒音などで、迷惑が及んだお詫びも兼ねて、丁重に挨拶をしておきましょう。


引越しを始める前に、ちょっとだけ挨拶をしておくのもいいかもしれません。どうなったとしても、できるだけ早めに挨拶に行った方が、近所付き合いがうまくいきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Noa
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n8dgai4l1nngek/index1_0.rdf