こまったちゃん。 

April 27 [Wed], 2005, 19:03
はぁ〜。。。
ため息しか出ません。数ヶ月ぶりの日記、いや月記ですな。
父は、本当にグループホームに入所しました。もう数ヶ月になりますが、落ち着いたようです。
が、また、おととい、ソファと一緒に転んで腰・頭・背中を打ったらしく入院しました。
それが、ちょうどJR宝塚線の脱線事故の日で、TVでは一日中その報道ばかりだったらしく
何のためか、電車と同じようにソファを自分で倒そうとしていたらしいのです。
そのせいで、足も弱っている父は、一緒に転んだというわけですね。
弟は、専門学校の講師をしているせいで、ここに来て新学期で忙しく、電話に出られない状態らしくグループホームから私のところに連絡が来た次第で。。。。
入院と聞いて、「またか?!」といやな予感。

色々、骨折等の検査や、脳の検査をしたんですが、嘔吐が2回ほどあったので、MRIの検査が出るまで入院し、その後は先生と相談という説明だったんですが。。。。
私と主人と妹が駆けつけましたが、消灯過ぎで6人部屋のほかの人たちが寝ているにもかかわらず、大きな声でわめき、点滴を外そうとし、
「みんな寝てるんだから、静かにして。」
という、私達の言葉に耳も貸そうとせず、「う〜〜〜っ!!」とか「なんだよ!、大きいこえだすぞ!!!」とか、怒鳴り、訳わかんない事を口走り、人の迷惑なんておかまいなし。
呆けてしまってもおとなしいひともいるのに、じっとしている事が嫌いで点滴は外すし、どっかに出て行こうとするし、耳が遠いから怒鳴る。。。
注意すれば怒り出す。。。。手に負えません。
大丈夫かなぁ、と多分に心配はあったのですが、安定剤を打ってもいいし、暴れる時は拘束してください、とお願いし病院を後にしました。

と、次の日、朝電話が。(以前のように、夜中で無くて幸いでしたが。。。)

心配してたとうり、案の定、夜中、以前と同じく騒いで、点滴を外してどうしようもなく暴れたそうで、
有無を言わさず、なんともなさそうですからと、即退院。
ホームの方にお迎えに来ていただきました。
今日は、病院に支払いに行き、ホームに様子を見に行きました。
。。。考えると涙が出てきてしまいます。
本当に、こんな事思ったらいけないんだとはわかっているんですが、早く死んでくれないかなって、思ってしまうんです。
はけ口が無くて、ここで愚痴ってしまいました。自己嫌悪。。。。。

父、グループホーム入所か? 

December 10 [Fri], 2004, 17:06
弟から連絡が本日入りました。
デイサービスからの呼び出しが再度あり、もうデイサービス通いは不可能という事で、痴呆症が少しでもあれば入所できるという、グループホームを紹介されたという事でした。

以前であれば、一人で帰ってきてしまう可能性が大だったので、そういうところは無理だったし、デイサービスで楽しんでいるなら、ヘルパーさんを頼んで、送り迎えをしてもらえばよかったので、余裕があったのですが。。。。

ですが、今回の事故から、足がおぼつかなくフラフラしているし、ちょっとした段差も越えられないということで、デイサービスでも車椅子が始まったという事が、理由のようでした。

弟は、薦められるまま空きのあるグループホームを申し込み、はじめはショートステイから始めるという事でした。
もう、夫婦共働きで父を見ているのは限界だという事なのでしょう。
事故も日曜だから良かったけれども、少しも目を離せないような状態では、弟夫婦が参ってしまいますから。

可哀想だとは思うこともあるけど、あの父は、看たことがない人には判らないほど、自己中ですから。

恥ずかしい話ですが、常識というものが通じません。
私と妹が、もうすぐ5年になりますが、例の病気でほとんど同時期に入院した時、お見舞いに妹のところに行って、私のところに来なかったので、「一応、癌だし、心配ではないの?」と、電話をしたのです。
そうしたら、あくまで、連絡したのにも関わらず、「俺は知らなかった。聞いてない!」
そして
「なんだ!つまり、お前も見舞金の10万が欲しいんだろ。じゃあ、お前のトコには家を買ったとき100万貨してるから、そっから引いといてくれ!」
そう言いました。
情けなくて、こんな話言いたくありませんが、本当の話。

こんな時、常識家の母が生きていてくれたら、こんな話はほっとかなかったと思います。
自分の父ながら恥ずかしくて、外での評判も最悪です。
このほかにも、起こった事件は数知れず、実の兄弟さえ寄り付きません。
母には、こんな父に指導する能力がありましたので、長生きして欲しかったですね。

スプラッタ大事件。 

December 07 [Tue], 2004, 8:54
ひ〜〜!2ヶ月ぶりの更新になッてしましました。
父の話はブログで、と決めましたので、こちらで。
日曜の朝、弟からのテル。その頃、私は仕事も休み、下痢と嘔吐と闘っておりました。
何事かと思ったら、父が、帝京病院に入院したという!
早朝にトイレに起きた老いた父は、廊下で滑って転んだらしく、廊下、リビング、寝室と、まるで殺人事件の現場かと思うような、血の雨だったらしい。当人は、座椅子に座って上半身血まみれで、頭から出血していて、ジェイソンに頭を割られたのじゃないかみたいな状況だったようで。
((((( ̄□ ̄;)×3
二階からうめき声で降りてきた弟嫁は、ビックリして「た・たいへ〜〜〜ん!」と叫んだそう。
そっからは、救急車を呼んだのですが、救急隊の方も、一歩はいって、「wッ!」ッと引き、あわてて担架で搬送。
近くの救急では、動脈が4本切れていたらしく、輸血が出来ない為に、板橋の帝京大学病院
のERに転送されたという次第でございます。
ですが、半分呆けながらも、生への執着がものすごく、今までどうり(何回も奇跡の生還してます)回復し、家に帰ってきて、外科外来で大丈夫だろうという事で、落ち着きました。
退院に際しては、風邪をうつしてはいけないし、自分もなにかもらったら、肝臓が悪いので命取りになりえるため、実家に、父の着替えのセットや、退院用の服の用意だけして帰ってまいりました。
ひとまず、一件落着です。
このほかの、「困ったチャン父」の話題は数々ありますが、おいおいという事で。。。

友達 U。・ェ・。Uのサラちゃん。
ちなみに、私は、昨日は、抗ホルモン皮下注射のゾラデックスを打つ日でありまして、ちと出血が多く、ショーツとガードルが大きなシミになってしまい、ウイングのガードルがおじゃんになるかも((((( ̄□ ̄;)ショック!
血液検査も、またしたので、腫瘍マーカーの上下は来月お知らせできると思います。
昨日の晩、アイスを食べたので、血糖値も気になるとこです。ゞ( ̄∇ ̄;)

ちょっといい話! 

October 05 [Tue], 2004, 19:15
4日に病院に行って、3人がけのソファの真ん中で座っていました。
そこへ、小学校3年生くらい?の男の子とお母さんの二人連れが・・・。
私は、「どうぞ」と言って隣にずれて、ソファのはじへ。
男の子は「ありがとうございます。」と元気に言うと、座りました。
行儀いいなあ、と思っていると、やおら、男の子はチュウインガムを取り出して、
「食べますか?」
と、私に差し出すのです。
「ありがとう^^」といただきましたが、なんか嬉しくなりました。
その後、今度は、お母さんの知り合いらしい年配のご婦人が、立ってお母さんと話し始めたので、私はまた、男の子の袖をちょっと引っ張って、
「ここへずれて、すわらせてあげてくださいね。」
と言って、空いている前のほうの席に、代わりました。
診察が終わって帰り際、彼は私に
「さっきはありがとうございました。」とキチンとお辞儀をしたのです。
当たり前の事なんだけど、なんかそれが当たり前じゃない世の中になっていて、私はすごくほっとして、心が暖かくなったのでした。
嬉しい出来事でした。

ちょっと不安! 

October 02 [Sat], 2004, 17:08
今日は、月一の病院の日。
先月の血液検査の結果が出た。
腫瘍マーカーの数値は、限界ぎりぎりまで上がっていて、CTスキャンを撮る事に・・・。
予約は、4日の月曜日だけど、それであまり診断に迷うような結果が出たら、去年のようにまた、東京女子医大まで検査に行かなくてはならない。すごく不安。

最近薬の飲み忘れが続いて、でもそうすると、肝臓に負担がかからなくて、すごく軽くて、だるいのが無かったから、自分で薬をセーブしてたのがいけなかったかもしれないなあ。
キチンと飲まないと、増殖する腫瘍を殺せないのかも>。<

写真は、初めて作ってみた勾玉。
まだ磨き途中だけど、なんか嬉しくて、しこしこTV見ながら磨いているのだ。
穴を開けるのが一苦労。電動ドリルは怖かった〜。♪(=´ー`)ノ

お彼岸! 

September 27 [Mon], 2004, 17:57
25日に、旦那の実家に顔出しして、お線香をあげました。
あいも変わらず、父の日、母の日、年2回のお彼岸、そしてお盆、その他もろもろ、旦那の実家には、キチンと通って、義理を果たしてます。ヘ(_ _ヘ)
自分のうちは、3回に一回行けばいい方でしょうか。

あんまり、いい嫁とはいいがたいと思うけど、上手くいってると思うし、素朴な義父と義母なので、まあ今はいい感じです。
これが同居だったら、話は変わってくるんでしょうね。
いずれは、長男の主人は実家に入ります。
その時上手くいくように、頑張っていくつもり。

どうなることやら(〃´o`)=3 フゥ。

サイドビジネス3! 

September 18 [Sat], 2004, 7:50
友だちに、説明本を送り返しました。
勧誘の類は、ご遠慮したいとお手紙付きで。
以前、彼女は宗教にもはまったみたいで、なんかわけのわからない映画の試写会の券を贈ってきたりして、ちょっと、迷惑なとこもあったので。
まじめすぎるんでしょうね。
子供もいない夫婦だし、他からの雑談とかが入ってこない状態なので、前しか見えないんだと思います。
私も自分にいいと思ったものを、人に薦める事がないわけじゃないけど、お金が絡んだビジネスではないから、売ろうという気はないし・・・。
根本からして違うきがする。
そのことを、利口な彼女が理解してもいいと思うけど、周りが見えないんでしょうねえ。

サイドビジネス2! 

September 14 [Tue], 2004, 18:21
うわわわ〜〜!((((( ̄□ ̄;)
また友だちから、本や説明書が送られてきたよ。
それも速達で。ゞ( ̄∇ ̄;)

勘弁して欲しいなあ。
試飲用にって、送られてきた本体のジュースの値段が知りたくて、本社というところに電話をしたんだよ。
御礼をするのに、目安が無いから、とか言ってさ。
そしたら、会員以外には教えられないって、なかなか言わないの。
もう、本当に怪しい。
最後になんとか、おだてて聞いたら、4〜5千円もするんだって。500ミリリットル・・・。
もう〜〜、いやだあ!
いらないのに・・・。>。<

サイドビジネス! 

September 11 [Sat], 2004, 18:52
昨日、久しぶりに学生時代の友人から電話があった。
でも困った。
ヘルパーさんとして、資格を取って、働いている彼女なのだが、週何日かに削って、サイドビジネスで、通販の中継ぎみたいな事を始めたらしい。
マージンはもらえるのだろうが、友人に薦めるのはどうかと思う。
健康食品とか、サプリメント、無添加の石鹸等をを扱う、外資の会社らしいが、私だってそれなりに考えている。
カゴメの野菜ジュースは、毎月とっているし、ウコンも飲んでる。
プーアル茶だって、毎日せんじて2リットルは飲む。
自分の病気のこともあるから、それなりに元気になるように、無理しないで続けていけるものを探してきたつもり。
無理に薦めようとするわけでは無いと、本人は言っていたけど、一本薄めて飲むジュースみたいなのが、今日送られてきた。
試して欲しいという事で、ベリー系のジュースだが、すっぱい。
ううう・・・・、ダメだ。
続ける気にならない。
薬も飲まなきゃいけない身で、只でさえ忘れやすい薬なのに、その上に飲まなくてはいけないという強制的なものは、美味しくなければ続けられないと思う。

友達なくすから、やめたほうがいいと思うな。
保険とかもそうだけど、友を頼らなければダメなような商売は、私は出来ない。
自分も嫌な事は、人にもしたくは無い。

洗濯いっぱい! 

September 03 [Fri], 2004, 16:59
なんだか涼しくなってきた。
でも天気はいいみたいなので、たくさんの洗濯をした。
ふっくらした洗濯物は気持ち良い。
洗濯は好きだけど、掃除はあんまり。wwww
でもしないと、犬の毛が、風ですす〜っと動いて、ふわっと舞う。wwww
でもこのかわいい顔をみると、何も言えないの〜^^!
最新コメント
アイコン画像ちゅんる
» ちょっといい話! (2004年10月09日)
アイコン画像みふぁな
» ちょっといい話! (2004年10月06日)
アイコン画像ちゅんる
» ちょっと不安! (2004年10月04日)
アイコン画像みふぁな
» ちょっと不安! (2004年10月04日)
アイコン画像ちゅんる
» お彼岸! (2004年09月29日)
アイコン画像みふぁな
» お彼岸! (2004年09月29日)
アイコン画像あわ子
» サイドビジネス! (2004年09月14日)
アイコン画像ちゅんる
» 洗濯いっぱい! (2004年09月11日)
アイコン画像みふぁな
» 洗濯いっぱい! (2004年09月10日)
アイコン画像ちゅんる
» 困った父!3 (2004年09月01日)
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n8146f
読者になる
Yapme!一覧
読者になる