にっぽんの色 「乳白色」を後世に 宮城・和紙作り(毎日新聞)

April 29 [Thu], 2010, 20:53
 「同じ色のものは二度と作れません」。乳白色の和紙をなで、遠藤まし子さん(87)はつぶやいた。宮城県白石市に平安時代から受け継がれた和紙作り。今では白石和紙工房だけがその技を伝えている。

【写真でみる】にっぽんの色:茜色 熊本県宇土市・御輿来海岸

 11月に収穫したコウゾを「やるせないくらい冷たい」水に浸して皮をむくなど下準備をする。年間約3トンを生産する。

 13年前に職人だった夫・忠雄さんが亡くなり、まし子さんが工房を継いだ。実際の作業は近所の主婦5人で行うが、紙がすけるのはそのうち73歳の1人だけ。柔らかく、温かい色の和紙は、しわしわの「おばあちゃん」の手が作っている。

         ◇

 「乳白色」は乳のように不透明な白。和紙の白は原料のコウゾの部位によって微妙に変化する。【梅村直承】

【関連ニュース】
【写真でみる】にっぽんの色:青竹色、雨にぬれ 鎌倉・報国寺
【写真特集】美しい日本をみる 移ろい行く季節、都市の変遷…空から見た日本100景
【写真特集】美しい日本をみる 日本の世界遺産
雑記帳:手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手

<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
トイレに拳銃置き忘れ=鉄道警察隊の女性巡査長−兵庫(時事通信)
ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
<赤ちゃん置き去り>大学病院トイレに 愛知・豊明(毎日新聞)
<桂宮さま>退院(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/n6yypdkj/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。