看護師にとって大事な話

July 28 [Mon], 2014, 20:53
狭心症の発作をもってたので高齢と共に病院を行き来する機会が多くなって
エンゼルケアとはお亡くなりになられた患者さんの顔や身体をキレイに拭いて
それはさておき、以前は国立系の大きな病院に勤務してたので看護と言えばチームワークだったんです。
入院歴も長くて看護師のあいだでは人気のある患者さんだったんですが
今まで味わった事のない看護職への喜びをとにかく痛感してますよ〜。
先輩ナースに注意される事ばかりでナースを辞めようかと悩んでたんです。
後から聞く話では生前、祖母が孫のように可愛がってくれて最後のケアを申し出てくれたようです。
遂にはおしめをするようになったんですが内科に入院してたので看護師の態度もそっけない。
でも、想像以上に過酷な勤務体制に慣れるのが必死で毎日へとへとです。
少しでも祖母がキレイになって家に帰れるよう看護師として最後のケアを締めくくってくれました。
今まで何百人もの患者さんを担当してきた経験はあるんですが在宅看護は病院とは勝手が違うんですよね。
病気で困ってる人の役に立ちたいって思ってたんです。
こんなにも早く旅立つなんて思ってもなかったんです。
どんな病気になるのかも

看護師になれた時

ちゃんと目指せるように
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n6r90v8z
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n6r90v8z/index1_0.rdf