イタリアワインの格付け

August 09 [Fri], 2013, 20:03
子連れで楽しめる飲食店

"イタリアのワインの格付けはワイン法(1963年)に基づき規定されており、上位からDOCG・DOC・IGT・VdTに分類される。
DOCG
◆統制保証付原産地呼称ワイン◆
イタリアワインの格付けのなかでずば抜けて厳正な規定が設けられてます。申請の前に少なくとも5年間、DOCのカテゴリに属していないとならない。農林省、商工会議所の化学・物理検査を受け、1つ1つのボトルには政府が認可(ガランティータ)したというようなことを証明しているシールが貼られる。2010年10月今で50銘柄が認可されてます。

DOC
◆統制原産地呼称ワイン◆
DOCにはある程度の審査が定められてます。全ての生産過程(栽培から出荷迄)はこうした規定に基づきおこなわれなったらならない。(生産地、栽培テクニック、ブドウ品種、最大収穫ボリューム、最悪アルコール回数、熟成テクニック等)また瓶詰めの前に、規定された必需必要条件を満たするかの審査、化学・物理検査が商工会議所によっておこなわれる。

IGT
◆場所特徴表示ワイン◆
1992年に新設。生産地の氏名が用いられる。(ピエモンテ、シチリア等)この場所のブドウを最悪85%利用するというようなことが行うべきこと付けられ、ラベルには利用されています品種と年が記載されていますものもたくさんある。

VdT
◆テーブルワイン◆
最悪の基準はあるものの、このそれ以外にはとりわけ規定はなく、ブドウ品種・生産地の表記の行うべきことはない。(赤、白等の色合いの記載は行うべきこと付けられてます。)DOCG、DOC申請がなされていないワインがこうした分類となります。規定にしばられるというようなことなく生産されるというようなことで、高品質なワインもたくさん造られてます。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ろう
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n6q7ag25/index1_0.rdf