ドワーフスネークヘッドがまゆげ

July 09 [Sat], 2016, 9:35
ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、介護士になって良かった、と実感します。
夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある介護士の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。


新卒や既卒で介護士としての就職先が上手くいかないという人は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人において年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては介護施設側が独自に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。

中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。



多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも気を付けた方が良いでしょう。



患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。介護士の場合は安定していると思われることが多く、もし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。

ただ、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士については注意する必要も出てくるでしょう。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規の職員として雇用されている安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。


介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りを行なうことにしている介護施設は多いです。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すようにします。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も大事なことになります。24時間対応が求められることの多い、介護士という仕事の勤務時間についてですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。



しかし、ともあれ働き続けていられるということは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。



メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。


素顔の時ともまた違っているので、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。


特に90年代の終わり頃でしょうか、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると広く考えらえていた節があります。

しかしながら、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るといった事実について、急激に周知されてきているようです。何しろ介護士の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。こうしてみるとよくわかりますね。
介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。

大方の場合、大変だと思われる介護士ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。



例えば二交代制の介護施設勤務だと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。長時間勤務がザラだということも介護士が大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。


国外で介護的な支援を求めている人々に、介護に携わる者として何かできる事がないのかという考えを持った介護士の方が増えています。現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、介護士は常に求められているのです。海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。

本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。

介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。
中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。



緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールに何度も応答することになったり等々、時間が経つのを忘れてしまうほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。



昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。
しかし、家庭の事情があって会社勤めをしていました。


でも、夢を諦められませんでした。

資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

介護士の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。


とはいえ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、差し迫った状態になったときは、場数を踏んでいる介護士であれば、部分的に介護行為も許可されてもいいのではないかと考えています。

友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気を治療するためしばらく介護士を辞めていました。
しかし、完治させた後は、早めに復職して昔と変わらず介護士として勤務しているのです。


ブランクがあっても、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。

私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。介護士に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、ほとんどの介護施設では看護部長、総介護士長といわれる階級です。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが必須になります。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ年収や待遇は良くなるでしょう。

勤務や休みをある程度自由にすることができ、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。



なにしろ、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、介護士の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職を探すのも一つの手です。毎日、介護士として頑張っている中、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。他と比べるとまあまあゆったりしている診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。

しかしながら、介護機関の種類や、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。



介護士として外科で働く際の長所と短所を理解しておきましょう。

まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。短所は何かというと、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。貴重な人材である介護士が必要とされている場は確かに介護施設が多いですが、他にもあります。

数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも介護士は必要とされています。
こういったグループホームに入所している方は、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。
特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームに就職するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。介護士という仕事に就いている方の中では、働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由にまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実をいうと、介護士の資格を持っているといろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。
考えられるのは病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。
正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが世間の相場みたいですね。時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる介護士であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。

未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。

男性から人気が高い介護士が、意外と未婚の人が多いようですね。介護士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、早婚と晩婚が極端に分かれていると指摘できるのです。晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。昨今、介護施設が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足や介護士不足への対応が急務となっています。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も必要で、多くの介護士が激務をこなしているのが実情です。

男性介護士も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は納得できる話でしょう。

病気になって気落ちしていると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。

ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。
中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。一般的に、同じ介護施設で長く勤めて実績を積んでいくと出世していきます。
例えば、婦長という階級は一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。

最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも少なくありませんので、国家資格を持った正介護士の立場ではそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。

収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。
介護士にとって勿論逃げ出したくなることも往々にして起こります。



重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。



先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。



介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。

もはや日本は超高齢化社会です。

病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。
その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに介護士の需要は高まっており、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。
介護施設には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置もまた違います。
配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの事を学べる機会です。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、新人介護士の意欲も湧いてきます。


介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をするとどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働く介護士と比べて収入が減ってしまう事が少なくありません。


将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aisa
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる