永野でおじいちゃん

July 09 [Sat], 2016, 9:47
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。
交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。


変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。
それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。様々な病気を患い心細い患者にとっては優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。

具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や繰り返しのチェックなど優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。


こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。
貴重な人材である介護士が必要とされている場は介護施設に限りません。


グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。このグループホームにいるのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。特に介護関連に興味があるという場合は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも前向きに考えていいのではないでしょうか。介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。

普通、好んで注射をされに行くような人は稀なタイプだと思いますが、実際に打たれるとしたら上手な介護士に注射してもらいたいですよね。

とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、痛みなく処置してくれる介護士もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。
上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。


異性から好かれる要素の多い介護士でも、意外と未婚の人が多いようですね。



調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が判明しました。
晩婚の理由として多いものは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。私の勤め先は介護施設の事務です。



普通は仕事中に介護士さんとの接点はありませんが、毎日お忙しそうにしていますね。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。ですが、予想よりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。子供を連れてきている介護士さんが結構たくさんいたんですよ。


先生達も、歓迎している様子でしたし、終始温かないい雰囲気となりました。



例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。仕事自体で間違ってしまうことや患者さんとのトラブルなどもあるのです。
そうはいっても、嬉しく感じることや、介護士として働き続けたいという風に思う日も多いです。


時に厳しく、時に優しい諸先輩方。日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった介護士もいました。夜勤のない職場に移ったとしても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、現場は常に人手不足で、介護士の需要は高いままであり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。
介護士をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで介護士の中でも小さな子を持つ場合には大変な懸念事項となっています。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。



なので、介護士の中でもパートの勤務に変えていくという方も多くいるということです。介護士という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。
介護士というものはストライキをすることも難しく、看護婦を雇う側が考慮することが大事なことだと思います。



勤務や休みをある程度自由にすることができ、興味があってしてみたい、という仕事を選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、もしも介護士の仕事を探している最中なら条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職を探すのも一つの手です。介護士には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある介護士と比較して給料の額が減ってしまうことが多いようです。例え年収が下がったとしても、夜勤をやめるかどうか、しっかりと考えてみましょう。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。

なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、丹念に当たってみるなら、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に介護士の求人などを支援するサイトもかなりの数があるのです。



なので、活用しつつ、自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。
皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、様々な科を併設した総合介護施設から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。



会社によって給料が変わるもので、介護士も同様でしょう。
町医者と総合介護施設とでは、どうしても収入に差が出てしまいます。

ですので、一般的な介護士の平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
ハードさで知られる介護士の仕事です。

そのため、辛いと感じることも多いでしょう。


二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲労はたまる一方であり、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、身体に無理をさせているのかも、と自覚したりします。



多くの介護士が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。

カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。他にも、介護士が不足している職場においては、忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。介護士が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。
まず、手術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、スキルアップに繋がります。
考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。もちろん休みはとることができますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかし最近になって、子育てが済んだということでまた介護士となって復職を果たすという、そういった人が徐々に増えつつあるようです。働きながら妊娠したら、介護士として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、介護施設内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。それから、薬についてですが介護施設で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。

仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。女の職場なので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。
介護士という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。


ただし、もしも新しい出会いがあってもお互いの休みが合わなかったりと破局をむかえることが多いと言われています。
少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、とりわけ介護職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。なので、今でさえ足りていない介護士ですが、今後もそれが継続すると考えられています。年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、いまだに介護士不足が叫ばれているのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一因だといえます。


介護士になるための手段として、一般的に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。


それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安くカリキュラムとして実習がメインであるので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。
介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは介護施設の中でも国公立の介護施設に勤めることなんです。
介護士は専門職で長く勤務することが出来る安定した職業として希望者が多いのですが、なおかつ公務員にもなれたらさらに安定した職業になると言えます。

具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。
これらは何よりも魅力的だと思います。


介護士の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。
介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。


ですが、患者さんの状態によって、急を要する場合には、経験を積んでいる介護士に限り、介護行為も少しぐらいは行っていいのではないかと思っています。意外に思うかもしれませんが、介護士が働ける職場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。保育園でどのような仕事をするかと言うと、介護士として子どもたちの健康をケアしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする必要不可欠な仕事なのです。



女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。

この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、特に恐れるようなものではないようです。



介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は複数あります。
看護学校、短大、大学や学部などですが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。



仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてカタカナでエッセンと書く言葉があります。

食事のために休憩するということを勤務している他の人に知ってもらうために普段から使用されているようです。

このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。
一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。

何であれ現在に至っても普通に使用されているようです。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り介護士は大勢います。


とはいえ、出戻ってこれるのかどうかはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。

様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻ってくる人もよく見られます。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどのくらいだと思いますか?調べてみると、介護士国家試験の合格率は平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。実際の試験の内容も、それまでの学校生活で勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、それほど高難度な資格ではありません。一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。もちろん、介護施設では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが介護士の特徴だと言えるでしょう。

安定性といえば、介護士という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。



高収入で安定した職業という意味においては魅力のある職業だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛莉
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる