関山だけど足立

August 12 [Fri], 2016, 19:09
新卒で勤め始めた新人介護士や、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、残業したことによって支払われるべき給金が出ないという職場があるといいます。



ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、報酬を得なくてはなりません。介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子育てをしながら働く介護士にしてみると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や介護施設付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も多数存在するようです。


多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、印象の良いヘアスタイルにも配慮しなくてはなりません。

介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いでしょう。

職場の環境によっては、介護士の髪形に対するルールが違うことを忘れないでください。
長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。

よく言われるものは交代勤務などで休日が不規則になることです。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。または、昨今の介護士不足の影響から簡単に休みが取れないという問題もあります。
規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤のみで働ける介護施設であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。



いつ働くか休むかをコントロールしやすく、希望に沿った仕事を割と選べる、といったあたりが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、もちろん長期の募集もあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、介護士の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。
不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意することが必要になります。


女性の介護士の場合、派手なお化粧は控えて、介護施設に適したナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、患者に与える印象も変わることは間違いないでしょう。
介護施設で介護士として勤務している人の中には働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、「介護士資格を持っています」という事実は、意外に違う職種の現場においても実際に役立つことがよくあります。考えられるのは体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤をこなしていくことになります。
なくてはならない夜勤業務ですが、医師や介護士など、人の数がかなり減り、そうやって人がいなくなった夜中にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。
そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。


総じて介護士として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。
例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。
長時間勤務がザラだということも介護士が大変だと思われる一因だと思います。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ介護職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

したがって、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。



年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、それでも介護士が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。

どのような仕事にも不満や悩みはつきものですが、介護士に多いトラブルと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤で体調を崩すといった問題があります。



介護士の中には女性が多く、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。
また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境の良い職場で働くのもアリだと思います。


離職率が高い職業として介護士が有名ですが、転職率も同じように高い傾向があります。



そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが存在しているのです。
このような転職サイトを活用すれば、手際よく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを一緒に活用することをお勧めします。
介護士という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、大体の場合、スムーズに審査を通ります。ですが、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組むことが容易なのは正規職員として勤務している介護士のように、安定している場合なので、非正規雇用の介護士についてはローンを組むことが困難なことがあります。いま日本においては、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。
とは言え、介護士国家試験の勉強をして3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には帰国する必要があります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても大変だというのが現状です。

介護士といったら、昔は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。



しかし今日では介護士という名前も定着して、男性の介護士も多いです。実際の現場に必要になる介護士としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。

女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、介護士に求められる要素だといえるでしょう。



介護士といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、介護士が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。
でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。なお、介護士という職についていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についてもわかるようになったりするようです。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。
こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある介護施設に勤務したい、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。


介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。試験の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。

実際の試験の内容も、学校でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、それほど取得が難関な資格という訳でもないようです。
介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。



それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。



例外を除いて、夜勤ももちろんありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあるとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。

一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般の会社組織においては課長職に近いものです。普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。
そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。

ちなみに、最高額の年収と思われる公立介護施設に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると言われているようです。介護士としての勤務は、お給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。その結果かどうかは不明ですが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。
なのですが、多忙を極める仕事です。介護施設にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと聞くことがあります。
給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最適なのだろうと感じています。



介護士がかぶる帽子というのは、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。



ですが、ここ最近においては徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。

特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは残念だと思いますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。昔から介護士さんになるのが夢でした。
ですが、家庭の都合から、企業に就職して会社員としてしばらく働きました。
ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも出来たのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。この方法で介護士の夢を叶えたいです。
介護士は好んで煙草を吸う人がそれほど多くないという印象を受けますよね。
実際にはやはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。
介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識的に禁煙している人が少なくない様子が見て取れます。一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。
そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、考慮され、それを活かせる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。24時間交代の勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。
外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの介護士が必要になるので、経験が浅いと必然的にシフト勤務になると思います。

個人的な話ですが、妻も介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。


介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いもすべて介護士の仕事となっております。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしくてんやわんやと忙しいこともあったりします。働く介護士の休日に関してですが、職場によって違うのです。

特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが普通です。別の見方をすれば、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなこともありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。



介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、検討された結果であることがほとんどでしょう。

それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。

介護士も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進します。婦長といえば一般的にも分かりやすい役職だと思います。
しかし、また別に主任などの役職があるのです。

一口に介護士といっても、学生やパート介護士が珍しくありませんので、国家資格を持った正介護士の立場では役職的には上の立場に立っているという訳です。



一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大輝
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n5gtyowihtieeo/index1_0.rdf