取引の勝負どころが全てです

April 10 [Thu], 2014, 10:13
このごろは特殊じゃないビジネスマンとして金融商品へ投資をすることは珍しくない状態なのです。金融商品への投資は資産が殖やせるというだけでなく、経済や金融の知識が習熟することでビジネスセンスも磨かれることになる。
投資といえば、主に経済において、将来の資本(元手・生産能力)などを増加・強化させるために、現時点の資本(金銭や株式など)を投入することを指します。ただし、広義においては、自己研鑽や人間関係においても使われている。
格付け機関による金融機関格付の利用意義をわかりやすく要約するとすれば、「複数の情報の非対称性を少なくさせる」ことによって「情報によって金融市場の取引等を円滑にする」ことなのである、と自信をもって断言できるだろう。
【金融用語】金融ビッグバンとは、我が国で橋本内閣が発足した1996年(平成8年)から21世紀最初の年となった2001年(平成13年)において行われた記憶に鮮明な大がかりな歴史的な金融制度の改革を示す経済用語なのです(日本版ビッグバンともいわれる)。
ですからチャート分析だけによる“株式投機(投資ではない)”は、取引の勝負どころが全てです。しかしながらこの呼吸を見定めなければいけないのでとても難儀なことです。

日経225とは
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:n55dvb1
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n55dvb1/index1_0.rdf