ジタンの松野

March 12 [Sat], 2016, 8:54
外国為替市場であるFXのことを、検証してみましょう。

外国為替証拠金取引というものは二つの国の金をトレードし二国の通貨の差し引いた利益を得られるといったような手法となります。

こうした二国の貨幣の中で生まれる利益をスワップ金利と呼ぶのです。

こういったスワップ金利ですが本当はスワップポイントと呼ぶみたいです。

このスワップポイント(スワップ金利)は、毎日受け取れますがしかしその日の為替相場の動向次第でわからないそうです。

このようにスワップ金利(スワップポイント)の取得が目的でFX(外国為替証拠金取引)のトレードをしている方も多いです。

スワップポイントは業者によっても違う点があるためほんの少しでもスワップポイントが高いFX業者を利用したいものです。

しかし、スワップ金利(スワップポイント)は為替の相場が動くと一緒に変化するので用心してください。

同時に、為替の取引をやる時にはグラフを読めるのが必須になるのです。

図表を読めれば為替の動きを読み取る事が可能になるとのことです。

為替取引ビギナーが見た場合、何の図表?のように不思議に感じてしまうのでしょうが要点を覚えておくことによってチャートを読み取る事が出来るのです。

この時期から日本円が上がっているあるいは下がって来ているという風に、今まさに最近では円安とこのチャートを見る事で判断が出来、為替トレードをする際には大変役に立つネタとなるそうです。

ここで言うチャートは、日本では一般にローソク足が使われており名前の通りローソク形のグラフで作られています。

このローソク足(陰陽足)は、高値とか安値かつ終値と始値を表現していてチャート図上で多種多様な格好になって行くのです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Himari
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/n51cud5i0oel6c/index1_0.rdf